小学生の男子に人気の習い事と世間の事情を紹介!

習い事

 

「小学生の男子に人気の習い事って何だろう?」

「まわりの子供はどれくらい習い事をやっているの?」

このような疑問をもつあなたに向けた記事となります。

2020年になり、多様化が進む一方、昔から根付く人気の習い事も。自分の子供に合った習い事をみつけるというのは簡単なことではないですが、具体的な指導の内容や金額を知っておくことで、取り組みやすくなります。

また、一般的な小学生がどれくらいの習い事をどれくらいの頻度で通っているかという部分についても紹介。3分ほどで読み終わる記事となっておりますので、ぜひお付き合いください。

小学生の男子から人気の習い事ランキング

小学生の男子から人気の習い事は下記の通りです。

1位 水泳(41%)
2位 その他(19%)
3位 英会話・英語(15%)
4位 学習塾(14%)
5位 新体操・体操(13.5%)
6位 ピアノ(13%)
7位 サッカー(12%)
8位 習字(7%)
9位 そろばん(5%)
10位 空手(4.7%)
(参考元:https://hugkum.sho.jp/6496

水泳は男女共に同率一位ですが、2位以下には、サッカーや空手といった競技に人気が集まったようです。

ランキング外だったピアノですが、最近では男子の間でも人気が急上昇し6位まで上がってきています。習い事も多種多様になっていますが、人気の習い事は今も昔もさほど変わらないというのがランキングの特徴です。

他には、ロボット教室やプログラミング教室などが少数ですが挙がっています。男子らしいところでは、合気道やテニスなども人気があるようです。

プログラミングの習い事が気になる方へ。おすすめ記事はこちら。

それでは、下記にて特に人気だった「水泳・学習塾・英会話・体操・ピアノ」について詳しくみていきましょう。

水泳

水泳の人気は他と比べても頭一つ抜けています。

水泳は、上半身・下半身はもちろん。耐久力や心肺機能などと色々なところを鍛えられるというのが何よりのメリットだと言えるでしょう。

学校での授業もあるので、水に慣れさせておきたいというパパママの意見も多いようです。また、川や海といった危険が伴う遊び場にも、水泳をやっていれば安心して送り出せるという声も。

泳ぎが上手であれば、様々やところで役に立つのでおすすめですよ。

●必要となる大体の費用
・入会金:5,000〜10,000円
・月謝:4,000〜8,000円
・道具費(水着・水泳帽子):3,000~5,000円

学習塾

中学受験を受ける子供が多くなった昨今、学習塾にも根強い人気があります。

自宅での宿題が嫌だという子供でも、集団で学ぶ学習塾であれば進んで勉強するという子供もいるのだとか。学習塾で学ぶことによって自信が生まれるので、学校での授業にも積極性が生まれるというメリットもあります。

学習塾といえば、高学年が通う習い事であるイメージが強いですが、現代では低年齢化が進んでおり、1,2年生の段階から通うという子供も増えてきています。

また他の学校の子供とコミュニケーションをとれるという点も人気の一つ。一緒に頑張る友達が増えることで、勉強もより頑張ってくれるようになるでしょう。

●必要となる大体の費用
・入会金:10,000円〜30,000円
・月謝:30,000円〜50,000円
・教材費:20,000円〜50,000円
・模試代:10,000円〜100,000円
 ※学習塾の規模により費用が大幅に異なります。

また昨今のコロナ禍の影響もあり、自宅でできるオンライン学習ももう一つ選択肢として主流となってきつつあります。

例えば、タブレット教材としての完成度に定評があり、顧客満足度も高い「スマイルゼミ」などです。

自宅で安心して学習でき、かつ教材内容も充実していることから、その便利さと効率の良さに継続する人が増えているんだとか。

無料で資料請求ができるので、まずは詳しくみてみるのも良いでしょう。

タブレットで学ぶ幼児・小学生・中学生向け通信教育[スマイルゼミ]

英会話

英語は小学校の段階で必修化された影響からか、人気がどんどん上がってきています。

言語は、小さい子供ほど吸収率が高いという特徴があるため、高学年に限らず低学年の子供にも人気があります。保育園・幼稚園の段階から通う子供もかなり多いです。

授業で習う前から遊び感覚で英語に触れておくことで抵抗感がなくなり、スムーズに授業をうけることができます。耳にするだけでも効果があるので、小さい子供ほどおすすめですよ。

幼児のうちから通うことで、ネイティブの先生とも簡単な会話ができるほどのレベルにもなります。水泳や体操といった運動系の習い事と組み合わせるのもおすすめですよ。

●必要となる大体の費用
・入会金:20,000円〜30,000円
・月謝:5,000〜10,000円
・教材費用:10,000〜30,000円
 ※個人レッスンの場合は料金が高くなる傾向にあります。

小学生向けの英語学習方法を知りたい方に。おすすめ記事はこちら。

体操

体操は、柔軟性や基礎体力を作るという面では、最も適している習い事だと言えるでしょう。

中学校から始まるハードな部活動に向けて、ゆっくりと体を作らせてあげたいというパパママの声もあります。

体を作りたいという他にも、体育や部活などの運動に対しての抵抗感を緩和させてあげたい場合でも体操は有効です。

球技が苦手でも、体操で思わぬ才能を発揮することもありますし、団体競技が苦手でも体操であれば個人のペースでできるので、向いている子供も多いのだとか。

外での競技に抵抗のある子供には、ぜひ勧めてあげたい習い事です。

●必要となる大体の費用
・入会金:3,000~5,000円
・月謝:3,000~5,000円
・ユニフォーム、道具代:3,000~6,000円

ピアノ

ピアノは女の子の習い事だと思う人も多いかもしれませんね。しかし、最近では男子からも人気が非常に高くなっています。

楽譜を読めるようになったり、リズム感を養ったりと音楽の感性がかなり磨かれます。また、舞台での発表会もあるので、人前でのパフォーマンスにも慣れるでしょう。

しかし、発表会に出るレベルとなると自宅での練習も必須になります。そうなると、ピアノを買ってあげたり、毎日の練習に取り組ませるように仕向けたりと、パパママもラクではありません。

自分の子供の発表会となると、子供以上に緊張するものです。本番が終了するまで気が気でないという状態が続くことも。

毎日のように練習を重ね、発表会が無事に成功したときの喜び・達成感を親子で感じられるのはとても良いものです。自宅で練習する場合、防音設備はあるか、ご近所への配慮は充分であるか、という点には気を付けましょう。

●必要となる大体の費用
入会金:4,000〜10,000円
月謝:(幼児)3,000~5,000円 (小学生)8,000〜12,000円
ピアノ代:10,000〜300,000円
教材費:5,000~10,000円
発表会費:7,000~10,000円
 ※個別指導の場合、高くなる傾向があります。

ピアノの習い事を検討している方へ。おすすめ記事はこちら。

小学生の習いごと事情

・習い事は何個くらいかけ持ちしているか
・習い事は何時くらいまでやっているのか

上記のような、世間的な習いごと事情についてパパママはどのように向き合っているかを紹介していきます。

(参考元:『株式会社イオレ調査』
(参考元:『NTTコム調査』

小学生で習い事をしているのは全体の72%!

イオレの調査結果では、習い事をしている子供の数が全体の72%だったという結果が出ています。低学年ほど習い事をしている割合が高いという特徴も。

高学年になると、中学受験が控えてくるようになるため、習い事を一旦やめる子供が多いようです。さらに中学生になると、習い事をする割合は31.2%まで下がります。

中学になると、部活動にはいったり、高校受験に向かって学習塾に通う子供が多くなるので、当然の数字だと言えるでしょう。

小学生の過半数「習い事は1つか2つ」

イオレの調査によると、小学生は学年を問わず、1個または2個の習い事に通っていると回答した子供が6割を超えています。

また、習い事に通う頻度に関して、NTTコムの行った調査では、『週に1回』が28%、『週に2回』が27%と多数派になっています。

学校のない土曜・日曜に習い事へ通う子供が多いというのも回答の結果から分かりますね。

少数派ではありますが、週に4回、5回と習い事に通っている子供もいるようです。

そうなってくると、友達と遊ぶ回数が制限されたり、自由な時間がなくなったりするのでストレスに感じることも。しかし、子供自身が好きで行っているようであれば、特に問題はないでしょう。

週の習い事の回数を増やしていく場合は、常に子供の体調や精神的な状態を気遣うことが大切です。

子どもの習い事が多い方におすすめの記事はこちら。

習い事の時間は放課後4時~7時

中央教育審議会の生涯学習分科会が行った調査では、子供が習い事を終えて帰る時間は、『午後6時~7時』が23%と最も高く、『午後6時までに帰宅』が21%となっています。

7時以降に帰宅するという子供はかなり少数派となっており、基本的に夕方4時~7時の間に習い事を終えて帰宅することが多いようです。

夏だと7時でもまだ明るさはありますが、冬になると6時でも結構な暗さとなり、パパママは心配ですよね。

7時を超えて習い事をする子供の場合、帰り道は安全か、一緒に通ってくれる友達はいるかなど、多面的な配慮が必要となります。「もしも」のことがあっては遅いので、しっかりとした対策をしておきましょう。

小学生の男子に人気の習い事・まとめ

この記事では、小学生男子に人気の習い事や習い事との向き合い方について紹介してきました。

習い事は、小学生の子供にとって、とても貴重な時間です。体がまだ未発達の段階なので心配になるパパママも多いとは思いますが、学外でのコミュニケーション、基礎体力作りは子供にとって、とても重要になります。

「これをやらせてみたい」という積極性も大事ですが、習い事を強要するのではなく、子供と一緒に向き合うという気持ちを忘れないでくださいね。

ララボで子どもの好きなことを教えてくれる先生を探してみよう!

ララボとは、学校の勉強以外のことに興味がある子どもと、得意なこと・好きなことを教えたい大人をつなぐ家庭教師マーケットです。

子どもの「やってみたい・知りたい」という意欲に合わせて、ネット上で自由に授業を選択することができます。

ララボはサイト上で授業内容と先生の顔を見ることができるので、安心してお使いいただけるはずです。また、1回ずつの使用で子どもの反応を確かめることができますし、初回無料の体験授業もあります。家庭教師ですので、送迎などの面倒もありません。

ララボには、子どもたちを夢中にさせる授業がきっとあります。ぜひララボを使って、子どもたちの興味を、将来に役立つ学びに変えてください。

ララボで習い事を探す
この記事を書いた人

ララボ編集部

ララボ編集部では、子どもたちの習い事に関する情報を執筆しています。「子どもたちの将来の選択肢が広がる」ことをミッションに活動しております。

関連記事

  1. 習い事

    習い事で子どもの夏休みを楽しく有意義に!人気の習い事トップ2とは

    「子どもにおすすめな夏休みの習い事って何だろう?」「安くて手…

  2. 習い事

    子供のアート教室の種類と効果とは?

    お絵かき教室や造形・工作教室など、子供の習い事としてアート教室は人気…

  3. 習い事

    【中学生向け】今、最もおすすめしたい習い事ランキングTOP10

    「中学生の子供にどの習い事を勧めようか迷う・・・」「おすすめ…

  4. 習い事

    【世代別】教室で習えるちょっと珍しい種類の習い事12選

    子供から大人まで、人生を豊かに彩る習い事。現在では人気の習い事から珍…

  5. 習い事

    モンテッソーリ教育が学べる幼児教室6選|教育の実態を解説

    「モンテッソーリ教育って?」「モンテッソーリ教育の学べるおす…

  6. 習い事

    習い事を辞める子どもからのサイン?辞めさせても良い4つの理由

    子どもは突発的に「習い事を辞める」と言い始めるものです。その…

  1. 英語・英会話

    2020年小学校の英語教育必修科に伴い、子どもを英会話教室に通わせるべきかを解説…
  2. プログラミング

    キッズプログラミング教室は基本不要!習い事が必要になるのはこんな場合!
  3. 絵画・漫画

    漫画家やイラストレーターを目指すならイラスト教室がおすすめ!
  4. 英語・英会話

    小学生の英語が必修化!子どものために知っておきたい3つのこと
  5. 絵画・漫画

    まだ通ってんの?家でぬくぬく勉強できるオンライン漫画教室の4つの魅力!
PAGE TOP