幼児の習い事ランキングベスト5!小学校に入る前から始めてる!

習い事

 

みんなが幼児期から始めている習い事をランキングでご紹介します。

小学校の入学前から子供に習い事をさせている家は多いですよね。

みんなはどんな習い事をさせているのか気になりませんか?

今回は幼児期にみんなが通わせている習い事ランキングをご紹介します。

これから子供に習い事を始めさせてみようと思っている人は参考にしてみて下さい。

幼児の習い事ランキング1位:水泳

幼児の習い事ランキングで1位に輝いたのは「水泳」です。

水泳の習い事は、幼児期に「体力」をつける習い事として昔から今も変わらず不動の人気を誇ります。

月謝の相場は週1で6千円~8千円前後、週2で8千円~1万円前後。

幼児の習い事としては平均的な月謝で、スイミングスクールは都心・地方を問わず数が多くて通いやすいのが魅力ですね。

水泳は小学校の前の幼児期にやらせることによって、通学に必要な体力を身につけることができます。

小学校に入学すれば、子供はこれまでのようにバスや親の送迎なしで、自分で通う必要があるため、家と学校を往復するのに十分な体力作りが必要です。

特に幼児期は時間に十分な余裕があるため、習い事を始める時期としてはピッタリです。

小学校の高学年になってしまうと、「中学受験で塾優先」や「6時間授業の増加」によって、水泳をやっている時間が無くなってしまう可能性もあります。

中学受験をする子は小学4年生頃から塾通いを始めるケースが多く、そのタイミングで水泳を辞める傾向があるので、水泳はできるだけ幼児期~小学校の低学年の間にやっておくほうが安心です。

また、幼児期になってくると、子供の中には日中の遊びが足りず、夜中まで目がぱっちり冴えてしまい、「寝ない子供」に手を焼いている保護者も少なくありません。

もしも、幼児の子供が、体力を持て余しているようであれば、水泳のような習い事をさせることによって運動不足を解消できます。

水泳は全身運動をするので、レッスンの後は心地よい疲れで眠くなってしまう子どもが多いのも特徴です。

水泳は水遊びの延長で楽しく学ぶ事ができるので、幼児期から始める習い事としておススメ。

多くのスイミングスクールは、新学期になると入学金や指定用品を無料にしてくれるお得なキャンペーンをやっていることが多いので、初期費用を少しでも安くしたいと考えている場合は、3月~5月頃に行われるキャンペーン情報を随時チェックしておきましょう。

【メリット】
■体力作りに役立つ
■スクールの数が多くて通いやすい
■学校の水泳の授業で自信を持てる

【デメリット】
■長く通っても泳げるようにならない子も稀にいる
■女の子は生理が始まると通うのを嫌がる可能性もある

幼児の習い事ランキング2位:ピアノ

幼児の習い事ランキングの2位は「ピアノ」です。

ピアノの習い事は、絶対音感を身につけるなら幼児期からのスタートがおすすめです。

月謝の相場は週1回のレッスンで、個人教室だと5千円~7千円、大手で7千円~1万円程度。

個人教室と大手では、月謝が2千円~5千円も違ってしまうため、出来るだけ月謝を安くしたい場合は個人教室の方が良いでしょう。

更に、ピアノは月謝の他に、グランドピアノや電子ピアノを自宅の練習用に購入したり、「発表会」の度にドレスなども用意しないといけないので、意外に高額になりがちです。

ピアノは上手くなりたいのであれば、自宅練習が欠かせない習い事のため、最低でも電子ピアノは用意しておきたいところです。

特に自宅に防音設備がない人は、音を消して練習できる電子ピアノでないと、練習するのが難しくなってしまいます。

マンションやアパートなどの集合住宅に住んでいる場合は、ピアノの練習音が騒音トラブルの原因となる可能性があるため注意をしましょう。

騒音トラブルで周囲に悪いイメージがついてしまうと、ご近所さんや管理会社との関係が悪化し、住みにくくなってしまいます。

賃貸の場合は、最悪引越しをすれば問題がありませんが、マイホームを購入してしまった場合、ご近所さんと騒音トラブルになってしまうと、一生気まずさが残ってしまうかもしれません。

しかし、ピアノの習い事は幼児期から始めておくと、「絶対音感」が身につけやすく、譜面も読めて、楽器の演奏に抵抗がなくなるというメリットも沢山あります。

小学校に上がってから初めて楽器に触れる子の中には、楽器の演奏が上手くできず、音楽が嫌いになってしまう子が少なくありません。

譜面も読めないと、授業についていくことが難しくなり、苦手意識を持つようになってしまうこともあります。

将来的に音楽嫌いにならないために、幼児期からピアノを習っておくと安心です。

音楽を好きになれば、音楽の成績がUPする可能性も十分に期待できます。

ただし、ピアノ教室は、講師との相性が非常に重要で、あまり厳しい講師が担当になってしまうと、子供が逆にピアノ嫌いになってしまう可能性があるので注意が必要です。

子供の扱いが上手く、優しい先生の方が幼児期の子供のピアノレッスンには向いています。

どんなに優秀で大人を教えるのが上手な先生であっても、必ずしも子供への教え方が上手とは限りません。

幼児期の子供は、まだまだ言葉もあまり知らないため、難しい用語で正論をつきつけて教えようとする講師より、子供にわかりやすく言葉を噛み砕きながら指導できる講師の方が、子供が理解しやすいです。

幼児期のピアノ習い事は、子供への接し方が上手なピアノ講師を見つけられるかが非常に大きなポイントになります。

【メリット】
■音感が良くなる
■譜面が読めるようになる
■音楽の成績UP

【デメリット】
■自宅で練習しないと上達しない
■ピアノの購入費が高い
■発表会などでお金がかかる

幼児の習い事ランキング3位:リトミック

リトミックは、音楽と英語を両方学べるお得な習い事で人気があります。

幼児の習い事ランキングの3位は「リトミック」です。

月謝の相場は、月2回で3千円~5千円程度。

ただし、公民館や自治体などで開催されているレッスンは5百円~1千円程度と格安で受けることもできます。

リトミックは年齢によってクラス分けをされており、音楽に合わせて楽しく歌ったり、ダンスをしたり、英語を組み合わせたプログラムも用意されているのが特徴です。

リトミックといっても、実は教室によってレッスン内容が大きく異なっており、「音楽と英語を両方やる」という教室もあれば、「音楽しか対応していない」という教室もあります。

音楽はどこの教室でも対応しているので、英語の入ったリトミックを希望している場合は、事前にちゃんとレッスン内容をチェックしておきましょう。

リトミックは小さい幼児の頃に始めても、遊び感覚で楽しく体を動かすことができるので、習い事が初めての人にも挑戦しやすいのが魅力です。

特にリトミックでは、大勢の子とコミュニケーションを取る機会が多いので、近所に年の近いお友達がいない場合、お友達作りをするのにもおすすめ。

小学校に入学するまでに色々な子供と遊んで免疫を付けておく方が、やはり小学校に入学してからの人間関係もスムーズに進むでしょう。

幼児の子供のコミュニケーション能力を磨いておきたいという場合にも、リトミックは効果的です。

【メリット】
■月謝が安い
■音楽と英語を両方学べる
■コミュニケーション能力を磨ける

【デメリット】
■何か一つのスキルをしっかり身につけたい場合には向かない
■目に見える上達がないので物足りない
■教室数が少ない

幼児の習い事ランキング4位:通信教育/幼児教室

幼児の習い事ランキングの4位は、「通信教育」や「幼児教室」です。

通信教育は、知育おもちゃで乳幼児期に得られる刺激を増やし脳を育てたい子供や、小学校の入学前に文字や基礎的な学力を身につけたい子供に役立ちます。

月謝は各通信教育や学年ごとに異なりますが、平均的に4千円~6千円前後。

幼児向けの代表的な通信教育としては、「こどもちゃれんじ」「Z会」「スマイルゼミ」などが挙げられます。

小さい頃から塾に通わせるのには抵抗があるけど、入学前に文字の練習や簡単な計算など、学校の授業において行かれない程度の学力はつけておきたいという保護者に人気です。

自宅で好きな時間に取り組めるため、他の習い事との併用がしやすいというのもポイント。

また、塾に通わせるよりも通信教育の方が安いという点も保護者から支持されています。

1日15分~30分程度で学べるようになっており、楽しく基礎学力をつけていくことができるので、コスパが高い習い事になるでしょう。

ただし、通信教育は良くも悪くとも「本人の取り組み次第」になってしまうので、子供に任せておくと結局使わなくなってしまうという難点もあります。親の関わり方が重要になってきます。

通信教育を怠けてしまいがちな幼児には、親がしっかり勉強時間をサポートしてあげる必要がありますし、やる気がある幼児には、通信教育以外にも学習教材などを用意してあげる方が良いでしょう。

また、通信教育でも最近は「受験対策講座」が続々と増えていますが、一般的な塾のように、志望校に合わせたきめ細かい受験対策はできないのも難点です。

【メリット】
■自宅でマイペースに勉強できる
■他の習い事の両立が可能
■塾に通わせるよりも月謝が安い

【デメリット】
■怠けてやらなくなってしまう
■問題の量が少ない
■本格的な受験対策には物足りない

■スマイルゼミ(資料請求無料)

タブレットで学ぶ幼児・小学生・中学生向け通信教育[スマイルゼミ]

■Z会(資料請求無料)

■こどもチャレンジ(資料請求無料)

ベネッセ こどもちゃれんじ 資料請求プロモーション

幼児教室は、脳にとって非常に重要である0歳〜6歳の時期に教室で多様な体験を触れ、生まれもつ才能を最大限伸ばしたい子供に役立ちます。

月謝は教室や学年ごとに異なりますが、平均的に8千円~1万5千円前後。

代表的な幼児教室としては、「ドラキッズ」「EQWELチャイルドアカデミー」などが挙げられます。

実際に教室に通い、プロフェッショナルの講師と共に楽しく様々なワークに取り組みます。月齢や年齢によって細かくコース分けされている所がほとんどで、初めてでも安心して通うことができます。

子供の興味を引くカラフルな教材やテンポの良い取り組みで、五感を楽しく刺激し、脳が持つ天才的な能力を引き出します。

言葉を覚えて言語脳も働いてくる時期なので、感じたことやイメージしたことを表現していく取り組みや「自分でできた!」という自立心や達成感を育みます。

【メリット】
■0歳~6歳の時期に脳を鍛え、心を育てられる
■プロの講師なので安心して通わせられる
■成長の効果が実感しやすい

【デメリット】
■費用が高額になりがち
■ママが一緒に受講したり、送迎の必要がある
■近くに教室がないと面倒

■EQWELチャイルドアカデミー(体験レッスンあり)

EQWELチャイルドアカデミー

■ドラキッズ (資料請求無料)

ドラキッズ

幼児の習い事ランキング5位:英会話

英会話は、幼児期から始めることで英語の発音やリスニングの向上に期待できます。

幼児の習い事ランキングの5位は、「英会話」です。

月謝は週1回で5千円~1万5千円程度と教室によって差があります。

小学校でも2020年から英語が必修化され、英会話は今度ますます需要が高くなると予想されている幼児の習い事です。

小さい頃から外国人や異文化に触れることによって、英語の土台作りをしていけます。

特に英会話では、「話す」「聞く」というスキルを高めることが期待でき、上手く発音できない部分も矯正してもらうことが可能です。

英会話教室に通うことによって、英語への抵抗感をなくせば、小学校から本格的な英語が始まった時にも苦手意識を持ちにくくなるでしょう。

英語は苦手意識を持ってしまうと、克服するのが難しい教科の一つなので、幼児期から徐々に慣れておくことが大切です。

ただし、英会話は週に1、2回のレッスンだけでは上達しにくく、レッスン費用も高いというデメリットがあります。

また、会話を中心に勉強するため、「読む」「書く」のスキルにはやや難が残り、学校で本格的な「文法」の授業が始まった時に、よく躓いてしまいがち。

英語の4技能を全て鍛えたいのであれば、自宅で「読む」「書く」の練習もしっかりしておく必要があります。

【メリット】
■英語のスピーキングとリスニングに効果的
■異文化を学ぶことができる
■発音矯正もできる

【デメリット】
■文法が苦手になる可能性がある
■週1、2回だけではなかなか上達しない
■月謝が高い

幼児の習い事ランキングベスト5・まとめ

幼児に人気のあるメジャーな習い事を5つご紹介しました。

中学生や高校生と違い、幼児の習い事の場合には親が判断をする部分も多くなります。

我が子にどんな習い事をさせるのが良いのか、悩むところですよね。

どんな習い事であってもメリットはあり、一生懸命取り組めば力がついていきます。

今回ご紹介した5つの幼児でもできる習い事は、全国でも教室が多く習える可能性が高いので気になった場合はぜひ一度体験させてみると良いでしょう。

子供の反応が良ければ続けさせてあげると、子供の様々な力の成長が見られるかもしれませんね。

この記事を書いた人

ララボ編集部

ララボ編集部では、子どもたちの習い事に関する情報を執筆しています。「子どもたちの将来の選択肢が広がる」ことをミッションに活動しております。

関連記事

  1. 習い事

    「チアダンス」が小学生女子に今大人気の習い事に!その魅力とは?

    小学生のお子さんを持つ親御さんは、どんな習い事をさせるか関心を持って…

  2. 習い事

    共働きで習い事に通わすのは大変?共働き家庭が選ぶ3つの条件

    「共働きだから習い事をさせようかどうか迷う」「他の親御さんは…

  3. 習い事

    高校生に人気の習い事は?習い事を始めるのは高校生でも遅くない!

    高校生になるまでの間、幼い頃からずっと習い事を続けてきた人もいれば、…

  4. 習い事

    月謝が安いだけではダメ!習い事は「その他費用」も含めて考える!

    月謝は安いけどその他費用がかかる要注意な習い事を紹介します。…

  5. 習い事

    子供youtuberが覚悟すべき3つのリスク!養成講座の習い事も人気!

    子供youtuberになりたい人が事前に知っておくべきリスクや、子供…

  6. 習い事

    習い事で子どもの夏休みを楽しく有意義に!人気の習い事トップ2とは

    「子どもにおすすめな夏休みの習い事って何だろう?」「安くて手…

  1. 音楽

    子どもが楽器の習い事を始めるなら絶対にクリアすべき4つの条件
  2. プログラミング

    子供が無料でプログラミングを学べる教材3選|おすすめの教室も紹介
  3. 音楽

    子どもにピアノ学習を検討している人必見!はじめる時期や将来性を徹底的解説
  4. 音楽

    子供も親もやる気が続かない?!ギター教室のよくある問題点を解決
  5. プログラミング

    【プログラミング】スクラッチでゲームをつくる簡単な2ステップ
PAGE TOP