2020年小学校の英語教育必修科に伴い、子どもを英会話教室に通わせるべきかを解説

英語・英会話

 

監修者:ララボ運営責任者・子供プログラミング家庭教師  石川大貴

英語

「2020年から小学校で英語教育が必須科目になるけど、うちの子大丈夫かしら?」

「成績のためにも、学校以外で英語を習わせた方がいいのかな」

このような方に向けた記事となっています。

教育改革によって、文部科学省の指針により、2020年から小学校高学年の英語教育が必須科目となりました。

小学生の子どもを持つ保護者の英語への関心度はとても高くあります。

そして多くの保護者の皆さんは、英語教育に心配で悩まれている方も多いのではないでしょうか。

筆者もはじめて文部科学省の資料を読んだ時は不安でしかありませんでした。

本記事では、小学生のお子様の英語学習に、学校外の英語学習は必要あるのか、また「英語塾」と「英会話教室」の違いについて解説します。これからの英語教育に向けて指針になれればと思います。

2020年の小学校英語教育の授業内容

2020年、小学生高学年の英語教育の必須によって、どのようなカリキュラムが組まれるのか気になっている人は多いのではないでしょうか。

これまでは小学5年生から英語を「外国語活動」と、あくまで成績に関係のない授業として学習するカリキュラムでした。そして、実際に一つの教科として英語を学び始めるのは、中学に入ってからでした。

しかし、2020年からは教育方針が変わります。小学5年生から学んでいた「外国語活動」が小学3年生から始まるようになり、小学5年生の時点で英語学習を必修科目と義務付けられるようになります。

小学3年生からの2年間は主に、音声によるコミュニケーションを重視し、小学5年生からは音声に加えて「読むこと」と「書くこと」がカリキュラムに加わります。

また英語が必修化する小学5年生からは「コミュニケーション活動を通して気付きを促すこと」を重点に「聞く」「話す」「読む」「書く」それぞれの項目に分けて目標を掲げています。

・「聞く」ーー短い話の概要を捉える
・「話す」ーーその場で質問をしたり質問に答えたりして、伝え合うことができる
・「読む」ーー活字体で書かれた文字を識別し、その読み方を発音する
・「書く」ーー例文を参考に、音声で十分に慣れ親しんだ簡単な語句や基本的な表現を用いて書くことができる
(参照:文部科学省「小学校学習指導要領(平成 29 年告示)」

上記の目的をもとに、2020年以降の英語科目のカリキュラムは組まれています。

具体的な学習内容までは書いていませんでしたが、現在の中学生が習っている内容より少し小難しい内容ではあります。

さて、2020年以降の英語のカリキュラムについてご紹介してきましたが、カリキュラムの件で、だいぶ英語授業に対して不安を感じている人が多くいるかと思われます。

そのため、以下からは、学校外での英語教育の有無について解説していきます。

学校外で子供に英語教育をさせたほうがいいのか?

さきにお伝えしますが、学校以外での英語教育はやっておいたほうが良いです。

なぜなら、小学生のうちに塾などに通わせておくことで、中学生になってから英語の成績が徐々に伸びていくことがわかっているからです。

実際に、ベネッセ教育総合研究所「中高生の英語学習に関する実態調査」(2014)では、小学校以外での英語教育によって、英語の成績が、学校のみで学んでいた子どもに比べ、1.5倍以上の成績上位者を輩出しています。

そのため、学校外での英語教育は長期的にみて、子どものためになります。

また、学校外での英語教育に対して「英語塾」と「英会話教室」がありますが、実際はどちらの方が良いのでしょうか。

「英語塾」と「英会話教室」の違い

英語塾と英会話教室は「英語」を学ぶ目的としては同じですが、本質的には異なったものです。

例えば、「英語塾」は読み書きなどの「文法」を重視して勉強します。基本、暗記ものが多いので、一人で学習することができます。

一方、「英会話教室」では、名前のとおり、「英語で会話する」ことを重点に学んでいきます。そのために聞く力や話す力を体得してきます。英会話は一人ではできないものなので、複数人で行う必要があります。

以上のように「英語を学ぶ目的」としては変わりませんが、語学力を習得する期間に違いがあり、英語塾は短期間、英会話教室は長期間に渡って学習をしていきます。

ただ、学校の成績のために英語を勉強させたいと考えているのであれば、「英語塾」を選んだ方がいいでしょう。逆に、将来実際に使える力として語学を身に付けたいと考えるのであれば、「英会話教室」を選んだ方が良いでしょう。

今後はグローバル化がより進むので、長期的な語学力を身に付けようと考える人が多いかと思われます。

そこで、以下からは「英会話教室」のメリットやデメリットなど、具体的に解説していきます。

英会話教室のメリット・デメリット

まず、英会話教室には「通信型」と「通学型」の2つのタイプがあります。

これらを比較して、メリット・デメリットを解説してきます。

通信型英会話教室のメリットとデメリット

【メリット】

・価格が安い
・1コマ25分など短め
・24時間受講可能
・スマホやタブレットなど場所に限らず受講ができる
・マンツーマンが主
・オンラインなので、復習がいくらでもできる

【デメリット】

・強制力がないためモチベーション維持が難しい
・マンツーマンなので勉強仲間ができない
・リアルであるような、臨場感あるコミュニケーションを楽しめないので、通信型はあくまで練習にとどまり、実践力を磨けない

通学型の特徴

【メリット】

・1コマ40~50分など長め
・グループレッスンとマンツーマンの2つを選べる
・勉強友達ができる
・外国人講師と仲良くできる
・講師の質が高いことが多い(ネイティブ講師が主)
・カウンセリングやフォローがついている場合がある

【デメリット】

・価格が高い
・グループレッスンの場合、他の生徒のレベルに合わせる必要がある
・時間の融通が効かない
・送迎の必要があり面倒

最近人気を増やしてきているのは「通信型」です。やはり、安価で利便性が高いことが人気の理由だそうです。また、そもそも教室が少ない地方の子供も、通信型であれば、受講することがでできます。

一方、「通学型」のほうは、直で会話するだけあって、実践力には向いているようです。そして、通学型ならではのグループレッスンは、生徒同士の交流の場でもあるので、必然的に、勉強仲間を作ることができます。継続しやすい環境が整っているのは、圧倒的に「通学型」のほうでしょう。

バイリンガルやネイティブ講師が揃っているので、より発音のよい英会話を体得することができます。ただし、その分コストがかかるのはデメリットです。

英会話教室にも「通学型」と「通信型」の2つの学習方法がありますが、お子さんのタイプに合った、学習方法を見つけてあげましょう。

科目に限らず、普段の勉強の仕方から、複数人で勉強できる子はグループレッスンがある「通学型」のほうが友達と交流できるので、飽きずに続けられそうです。

一方で、完全に一人で集中できるタイプの子は、時間や場所に囚われず、コツコツと勉強できる「通信型」のほうが良いのではないでしょうか。

もちろん、これは一例にすぎませんが、長期的に英語を習得するためにはどちらのほうが良いのか体験レッスンなどを通じて見極めてみると失敗しません。

事前に知っておきたい上達しない原因とは?おすすめ記事はこちら。

子どもにおすすめの英会話教室

ペッピーキッズクラブ

【特徴】

・歌やダンスも取り入れて楽しく英語を学べるシステム
・日本人講師からインプットし、外国人講師にアウトプットする画期的な学習方法
・独自の発音メソッドで、ネイティブ並みの発音をマスターできる
・イベントが充実しており、楽しみながら国際感覚を身に付けることができる

幼児から高校生まで、年齢に分けて行っています。

口コミでは、もともと内向的だった子も、年を通して講師との学習やイベントなどで、少しずつ語学力に自信も持つようになってきたとのこと。

ペッピーキッズクラブはこれまでになかった学習スタイルで子どもの英語力を高めています。

学習目標はそれぞれ年齢によって異なりますが、小学校高学年の場合は、日常でも使えるような短いメールの書き方や英検3検を目的に授業を進めています。

全国に教室があるので近くにあるか探してみると良いでしょう。

Peppy Kids Club

NOVAバイリンガルKIDS

【特徴】

・英会話スクール大手NOVAが運営する子供向け英会話教室
・レッスンは3歳から可能。
・最大8名の少人数制を採用
・ネイティブ外国人講師が教えてくれる
・「聞く」「話す」「読む」「書く」の4技能をバランスよく学べる
・フォニックス学習を取り入れており、初めて見聞きする単語でも読み書きできる力を身に付けていくことができる。
・行事ごとにイベントも開催している

誰もが聞いたことのあるあの駅前留学NOVAがやっている英会話教室です。大手で安心できると思う人はNOVAバイリンガルKIDSを選ぶといいでしょう。またNOVAでは、無料体験教室が実施されているので、まずは体験から子供に合っているかか見定めてみると良いでしょう。

こちらも全国で展開していますので、近くで探してみると良いでしょう。

公式サイト:https://www.nova.co.jp/junior/

子供英会話専門 アミティー

【特徴】

・年齢別レッスンのほか、英検やTOEICなどの資格対策コースがある
・パソコンを使用したインタラクティブコースや帰国子女コースなど多彩なコースが用意されている
・厳しい採用条件と研修をクリアした質の高い講師陣が揃っている
・年齢別の学習特性、心理発育にもとづいたオリジナル教材

アミティーは、子ども英会話専門にやっているのが大きな特徴でしょう。長年、子どもむけに英語を教えるノウハウを磨いてきたスクールなので、「子供の成長に合わせて、楽しく英語を学ばせたい」という方にはぴったりかもしれません。

口コミでは、アミティーに通ってから英語の成績がぐんぐん上がったと評価している保護者の方が多いです。英検だけでなく、TOEICにも対応しているので、長期的に通わせる気があるのであればオススメです。

こちらは全国で展開していますが、まだ校舎がない地域もあります。近くにあるかどうか確かめてみると良いでしょう。

公式サイト:https://www.amity.co.jp/

子どもを英会話教室に通わせるべきなのか?・まとめ

ここまで、子供の英語学習と、英会話教室に関して解説をしてきました。

今後はグローバル化がますます進む世の中になってくるので、外国語の重要性はどんどん増していきます。学校の成績のためにも、学校外での英語学習には取り組んだ方がよいでしょう。

今回は「英会話」を中心に解説してきましたが、英会話教室でも教室によって様々な特徴があり雰囲気も違います。まずは、子供と一緒に体験教室から受けてみると良いでしょう。子供にあった英語学習方法が見つかるといいですね。

この記事を書いた人

ララボ編集部

ララボ編集部では、子どもたちの習い事に関する情報を執筆しています。「子どもたちの将来の選択肢が広がる」ことをミッションに活動しております。

関連記事

  1. 英語

    英語・英会話

    子供の習い事ランキング上位!英語教室には何歳から通うべき?

    子供に通わせたい習い事として人気を集めるのが英語教室です。国…

  2. 英語を学ぶ幼児

    英語・英会話

    英語・英会話教室の費用相場とは?子供の将来に役立つ英語力をつける!

    英語が話せることで、外国への抵抗や言葉の壁の抵抗は少なくなります。「…

  3. 勉強する子供たち

    英語・英会話

    実は性格が重要?!英語の習い事に向いている人に共通する4つの特徴!

    英語の習い事が向くかどうかは、実は子供の「性格」が大きく影響していま…

  4. スペイン語

    英語・英会話

    英語の次に人気な外国語!スペイン語の子供向け勉強方法

    スペイン語は今や世界で、中国語や英語に次ぐ母語人口の多さを誇る言語で…

  5. 英語

    英語・英会話

    小学生からはじめる英語学習とそのメリット

    2020年よりスタートする小学生の英語教育義務化が決まり、小学校の英…

  6. なぜ?

    英語・英会話

    うちの子どもは才能なし?英語を習っているのに上達しない原因とは?

    小さい頃から子どもに英語の習い事をさせているのに、なかなか上達しない…

ベネッセ 進研ゼミ 中学講座 資料請求プロモーション

人気の記事

通信教育のまとめ記事

PAGE TOP