【女の子】習い事の人気ランキングTOP10【2019年完全版】

習い事

「女の子から人気の習い事ってなんだろう?」
「習い事にかかるおおよその費用を知りたい」

このような疑問をお持ちのパパママに向けた記事となっています。

習い事は、学校外でのコミュニケーションをとったり、基礎的な体力作りの一貫だったりと子供にとって非常に大切な時間です。

そこでこの記事では、女の子に人気の習い事をランキング形式で紹介していきます。

人気の理由や、必要となる大まかな費用についても紹介。ぜひ、参考にしてみてくださいね。

習い事を始める年齢で一番多い年齢は7歳以上!

「Weekly ゴーゴーリサーチ」が行った調査では、習い事を始める年齢で一番多いのは、7歳以上であることが分かっています。更に男女によっても若干の違いが見られました。下記をご覧ください。

【習い事を始める年齢】
●7歳以上→17.7%
●0歳→15.4%
●5歳→14.6%
●4歳→13.9%
●3歳→11.9%
●2歳→10.0%
●6歳→10.0%
●0歳→6.5%

●女の子→52.6%
●男の子→47.4%

(参考元:https://www.happy-note.com/

習い事を始めるのは、小学生となる7歳が一番多く、男女と比較すると少しですが男の子の方が多いという結果になっています。

7歳についで0歳から習い事をはじめるという子供が多いのは、少し意外に思う方もいらっしゃるかもしれませんね。これは、0歳からでも始められる習い事教室が増えてきたことが要因だといえるでしょう。

小学生の女の子人気の習い事ランキングBEST10

上記では、子供は小学生以上から習い事を始める傾向があることを紹介しました。

それでは下記にて、小学生の女の子に人気の習い事BEST10を紹介していきます。

(参考元:「幼児白書(2017年8月調査)」

10位 バレエ

気品があり、女の子らしさ全開のバレエは今も昔も変わらず人気があります。

バレエをすることによって鍛えられる「柔軟性」「リズム感」は、別の習い事をするときでも役立つという点も人気の理由でしょう。

綺麗な衣装に身を包み、大人さながらのお化粧をして臨む舞台で得られる達成感も魅力の一つ。しかし、バレエは衣装代や、発表会で使用する会場に多くの費用がかかる場合があります。そういった費用は、通う教室によってどのように負担にするかが変わるので、事前にチェックしておきましょう。

●かかる費用の相場
月謝:7,000~10,000円

●別途必要となる費用
発表会、道具代(教室により異なる)

9位 体操教室

体幹を鍛え、基礎体力を向上させることを狙いとして子供を通わせるパパママが多いようです。いきなり卓球やサッカーなどの球技をするのではなく、まずは体をゆっくりと鍛え、子供が球技に興味を示した段階で移行するという流れもあります。

学校でも、跳び箱やマット運動はあるので学業に活かせるという点も人気の一つです。

女の子の場合、体操だけでなくリボンやフープを使う演技にチャレンジすることも可能。他の競技では身に付かない表現力や音楽の感性も磨かれるため、人気が高いです。

●かかる費用の相場
月謝:3,000~6,000円

●別途必要となる費用
保険に加入した際の保険料、シューズ・体操着などの費用

8位 ダンス

アイドルや有名ダンスグループに憧れてダンス教室に通う子供は、ここ最近でかなり増えてきています。体育でダンスを取り入れる学校がでてきたのも要因の一つでしょう。

ヒップホップのようなオーソドックスなダンスに限らず、フラダンスや阿波踊りといったものも人気があります。

ダンスの特徴としては、やはり集団での舞台演技があるという点。集団行動を通して協調性やリーダシップなども磨かれるでしょう。当然、柔軟性やリズム感も育まれます。

ダンスをしておくことで学校で行われる文化祭などで演者側にまわり、みんなを楽しませるような存在になれるかもしれませんね。

●かかる費用の相場
月謝:5,000~10,000円

●別途必要となる費用
ダンスシューズ、発表会にかかる費用など

ダンスの習い事について興味がある方へ。おすすめ記事はこちら。

7位 そろばん

スマホの計算機を使用することの多くなった時代ですが、数字に強く、暗算が早くなるというメリットは勉強においてもかなりの武器になります。

学校だけでなく、私生活においても色々なところで役立ちますよね。そろばんは、「頭が良くなる習い事」なんていう呼ばれ方もしています。

持ち物がそろばんだけで良いというのも嬉しいポイントです。

●かかる費用の相場
月謝:3,000~5,000円

●別途必要となる費用
検定料、そろばんなど

6位 書道

字は心を表すと言われており、作法を重んじる家庭から特に人気の習い事。

「綺麗な字を書けるようになってほしい」というパパママの想いは今も昔も変わらないようです。

書道とはまさに日本の心。落ちつきのある精神や集中力が育まれるでしょう。

毛筆セットは小学校の授業でも購入することになるので、お得感もありますね。月謝もお手頃なのでおすすめです。

●かかる費用の相場
月謝:2,000~4,000円

●別途必要となる費用
毛筆セット、墨汁・紙、検定費用など

5位 英語・英会話

子供は語学の習得が早く、習うのであれば早い方が良いというのが特徴であり、人気の理由ともなっています。

教室ではスピーチの練習もありますので、人前で話す力もつけられるでしょう。英語は学校での授業でも必修となっているので、必ず役に立ってくれます。

これからのグローバル社会、学校だけでなく色々な場面で活躍する力ともなってくれるでしょう。

●かかる費用の相場
月謝:5,000~10,000円
※マンツーマン授業ですと高額になる傾向があります。

●別途必要となる費用
通う教室により教材費があります。相場として1,0000~2,0000円程度。

子供の英語教育に関心がある方へ。おすすめ記事はこちら。

4位 音楽教室(ピアノなど)

ピアノといえば習い事の定番ですよね。音楽的な感性や舞台根性などを女の子らしく学べるという点が昔から変わらず人気である理由でしょう。

演奏の舞台に向け、練習を積んでいくことで成功体験や努力の大切さも学べます。学校の音楽も楽しくなるでしょう。

発表会で、大人っぽい衣装で綺麗に着飾る姿も女の子から人気の理由です。

●かかる費用の相場
月謝:5,000~9,000円

●別途必要となる費用
教材費、発表会費、ピアノを購入するとなると結構多めの費用がかかる傾向にあります。

ピアノの習い事のメリットをもっと知りたい方へ。おすすめ記事はこちら。

3位 通信教育

通信教室とは、スカイプなどのインターネット通信を利用して勉強することです。

家庭教師や塾より安くすむことが多く、自宅でできることから、交通面で不都合が生じることがありません。「夜道を歩かせるのが心配だ」というパパママから高い支持を得ています。

通信教室では、数学、国語、英語など探せばいくらでもあるうえに、遅い時間まで対応してくれる教室もあるので、忙しいご家庭におすすめです。

●かかる費用の相場
月謝:3,000~5,000円

●別途必要となる費用
パソコン、PCカメラなど

2位 水泳

水泳は、男女関係なく人気の習い事です。

学校での水泳、友達と遊ぶ際の海・川など様々なところで役に立ちます。

また、水泳は全身の筋肉をくまなく鍛えられる他、水への耐性も付くので通わせてあげたいというパパママが非常に多いです。

スポーツが苦手だという女の子でも、水泳なら自分のペースでできるので、塾やダンスなど他の習い事と並行して通うこともできます。

●かかる費用の相場
月謝:5,000~7,000円

●別途必要となる費用
水着、水泳帽子、スクールバスを利用する場合は別で費用がかかる場合もあります。

1位 学習塾

受験が控える小学校高学年の子供ほど学習塾に通う傾向にあるようです。

学習塾によっては、宿題が多くなったりするので習い事を掛け持ちするのは難しいですが、スポーツ系の習い事と並行する子供も多いようです。

塾で勉強することで、学校の授業が取り組みやすくなるので勉強が苦手な子供ほど人気のよう。自信にも繋がるので「受験を頑張ってほしい」というパパママからも大きな支持を得ています。

ペンと消しゴムがあれば通えるという点もメリットの一つだと言えるでしょう。

●かかる費用の相場
5,000~8,000円(学習塾のレベルによって大きな差があります)

●別途必要となる費用
特にありません。

また、小学生男子の習い事ランキングが気になる方はこちらの記事にまとめています。

「小学生以下(幼児)」に人気の習い事

小学生以下(幼児)に人気の習い事は下記の通りです。

1位 水泳
2位 英語・英会話
3位 音楽教室(ピアノなど)
4位 体操教室
5位 幼児教室
6位 通信教育
7位 バレエ
8位 ダンス
9位 書道
10位 サッカー
(参考元:【幼児白書】https://www.gakken.co.jp/

やはり水泳はどの年代からの人気も高いですね。英語・英会話は小学生より幼児の方が吸収率が高いので、人気も上位にきているようです。

小学生女の子に人気の習い事・まとめ

この記事では、小学生の女の子に人気の習い事を紹介してきました。

小学生ということもあり、基礎体力を作るために習い事へ通うというケースが多いことが分かっていただけたと思います。

中学受験もありますが、体を動かすことは老若男女問わず大切なことです。勉強を強要することなく、子供の考えにより沿い、上手く習い事と向き合っていきましょう。

ララボで子どもの好きなことを教えてくれる先生を探してみよう!

ララボとは、学校の勉強以外のことに興味がある子どもと、得意なこと・好きなことを教えたい大人をつなぐ家庭教師マーケットです。

子どもの「やってみたい・知りたい」という意欲に合わせて、ネット上で自由に授業を選択することができます。

ララボはサイト上で授業内容と先生の顔を見ることができるので、安心してお使いいただけるはずです。また、1回ずつの使用で子どもの反応を確かめることができますし、初回無料の体験授業もあります。家庭教師ですので、送迎などの面倒もありません。

ララボには、子どもたちを夢中にさせる授業がきっとあります。ぜひララボを使って、子どもたちの興味を、将来に役立つ学びに変えてください。

ララボで習い事を探す
この記事を書いた人

ララボ編集部

ララボ編集部では、子どもたちの習い事に関する情報を執筆しています。「子どもたちの将来の選択肢が広がる」ことをミッションに活動しております。

関連記事

  1. 習い事

    これから習うなら英語よりも中国語!子供におすすめしたい理由とは?

    子供の習い事に「中国語」を選ぶとどんなメリットがあるのかご紹介しまし…

  2. 習い事

    YouTuberの教室があるの?!子供の夢を叶える新時代の習い事

    現代の子供がなりたい職業ランキングでもトップ10入りしているYouT…

  3. 習い事

    子どもの競技かるたの習い事について|費用・メリットを紹介

    「競技かるたって何?」「競技かるたをやる際のメリットや負担っ…

  4. 習い事

    子供の習い事の選び方!人気の習い事5つをご紹介!

    子供の習い事は以前と比べて、選択肢が多くなっています。子供に何をさせ…

  5. 習い事

    子供に人気の習い事と向き合い方|多すぎるとNGな3つの理由

    「子供の習い事って何歳のときから始めるべき?」「子供が習い事…

  6. 習い事

    小学生の男子に人気の習い事と世間の事情を紹介!

    「小学生の男子に人気の習い事って何だろう?」「まわりの子供は…

lelabo

新着の記事

  1. プログラミング

    ロボットが子供に与える影響とは?知育と相性の良いロボット教材5選
  2. 音楽

    子供が通う音楽教室の種類や、学び方、それぞれの特徴をご紹介!
  3. 絵画・漫画

    漫画家やイラストレーターを目指すならイラスト教室がおすすめ!
  4. 将棋・囲碁

    子どもが囲碁教室を習い事にすることで得られるメリットとは?
  5. 習い事

    これから習うなら英語よりも中国語!子供におすすめしたい理由とは?
PAGE TOP