世界で広がりを見せる「steam」とは?読み方や教育方針をチェック!

習い事

 

現在、世界中で導入が進んでいる「steam教育」についてご紹介します。

世界中のエリート教育の現場で、現在steam教育が行われています。

日本でもsteam教育がどんどん導入され始めており、どんな教育か気になる人もいるでしょう。

今回は今更他人に聞けないsteamの読み方や、基本的な教育方針などについて、初心者でもわかりやすいようにまとめてみました。

steam教育に興味がある人は、是非チェックしてみて下さい。

steam教育の読み方は?

「steam教育」の基本的な教育方針についてチェックしてみましょう。

まず、steam教育は「steamの読み方すらわからない!」という人もいますよね。

steamの読み方は「スチーム」です。

steamとは、「Science(科学)」「Technology(技術)」「Engineering(工学)」「Art(芸術)」「Mathematics(数学)」のことで、それぞれの頭文字を組み合わせた用語です。

AIが不得意としている「芸術的な創造性」をカバーできる理系知識を持った人材の育成を目的にしています。

同じく「Science(科学)」「Technology(技術)」「Engineering(工学)」「Mathematics(数学)」の頭文字を組み合わせた「stem(ステム)教育」と間違えられやすいです。

stem教育について詳しく知りたい方はこちらの記事。

steam教育の最大の特徴は、これまでの受験向けの詰め込み勉強法ではなく、実際に起きた課題を理系知識で解決していく能力を養うこと。

steam教育では、テストだけが得意な理系学生は、なかなか良い評価を得られにくいでしょう。

そして、steam教育の代表的な授業としては、「プログラミング」が挙げられます。

プログラミングを学ぶことによって、「アプリの開発」「サーバーエンジニア」「セキュリティエンジニア」など、様々な職業に興味を持つきっかけになるかもしれません。

エンジニアはネット世界を構築したり、セキュリティを守る上で、欠かせない存在のため、優秀な人材はどこの国でも、どこの会社でも需要が高い状態です。

ただし、steam教育に対して、子供が小さい頃からしっかり対応をしていけば、今後の就職活動でも有利になる可能性が出てきます。

steam教育は就職へ直結しやすいスキルを高めることが出来るので、理系や文系を問わず、得意科目にすることが出来た方が、子供の将来にとって大きなプラスになるでしょう。

事務作業を行う時には、パソコンでの情報処理が必須になりますので、steam教育の代表例であるプログラミングが苦手になってしまうと、就職してから苦労する可能性も考えられます。

誰でもみんな、steamの読み方がわからないような初心者からプログラミングを始めるので、まずは苦手意識を持たずに挑戦してみましょう。

なぜ今、steam教育が重視されるのか?

steam教育が世界で推奨されるようになった理由を詳しく説明します。

今、世界中でsteam教育が推進されている背景には、「IT分野での人材不足」と「AIへ仕事を奪われる可能性がある危機感」などが挙げられます。

ネットが世界中で普及したことによって、コンピューターの保守や管理をする人材が欠かせません。

しかし、日本も含めて現在世界中で優秀なエンジニアが不足しており、様々な理系知識を兼ね備えた人材の養成が必要とされています。

更に以前、日本でも「AIが発展することによって将来消える仕事」があることが話題になりました。

今後、特別な専門知識やスキルが必要ない仕事や単純作業は、AIに取って代わられる可能性が出て来ると言われています。

誰でもできる接客業や事務のような仕事は、どんどん減っていき、それだけ特別なスキルを持ち合わせていない人の就職が難しくなることが予想されているのです。

現在も、スーパーやコンビニでは、無人レジが続々と試験的に導入されていますよね。

完全に人間の仕事が無くなることはないですが、「誰でも出来る仕事」はAIに仕事を取られてしまう可能性が高くなってしまうため、AIにない能力を養うことが、これから人間が生き残っていく上では必要だと考えられます。

また、理系はどんなに不景気であっても積極的に採用を行う企業が多い一方、文系は不景気になると、真っ先に採用人数を減らされる傾向があります。

一般的に理系=就職に強いというイメージが大きいため、理系科目を養うsteam教育は、将来の自分の為に役立つでしょう。

理系は企業が求める理想の人材の一つであり、steam教育はそうした時代の流れから生まれた教育方法なのです。

今後益々ITが発達することによって、理系知識を持ち合わせた子供の方が就職に有利になる可能もあるでしょう。

子供の向き・不向きはありますが、どんなに理系科目が苦手であっても、最低限の基礎ができるようになっていないと、就職活動の時に、SPI試験で足切りをされてしまうこともあるので注意が必要です。

SPIでは論理的思考力を見られる問題が数多く出題されているため、理系科目を苦手なままにしておくと、就職活動の失敗にもつながりかねません。

特にメーカーのように「ものづくり」をしている企業では、理系科目の問題が出題される傾向が強いため、steam教育が就活でも役立つことが期待できます。

日本におけるsteam教育はどうなっている?

日本ではどのようなsteam教育が行われているのか確認してみましょう。

日本では文部科学省が、以下の教育方針を掲げています。

①文章や情報を正確に読み解き、対話する力
②科学的に思考し、吟味して活用する力
③価値を見つけ出す感性と力、好奇心・探求心

自主的に課題を見つけて、解決していく行動力が問われるsteam教育では、より「実際に活用できるスキルや技術」を求めていることがわかります。

そして、steam教育の一環として、日本では2020年から実施される小学校での「プログラミング」の必修化が良い例です。

小学校では「コンピューターの基礎知識」や「論理的思考力」、中学校では「計測・制御のプログラミング」や「ネットワークを利用した双方向性のあるコンテンツのプログラミング」、高校では「情報セキュリティ」や「データーベースの基礎」を学びます。

プログラミングも最初のうちは、コンピューターの操作に慣れたり、簡単なことだけしかやらないので比較的誰でも覚えやすいです。

しかし、より複雑な処理が必要になってくると、「算数」の基礎知識なども必要になってきます。

そのため、数字に対して苦手意識を持っている場合は、プログラミングの授業がどんどん進むに連れて苦手意識を持つようになる可能性もあるでしょう。

プログラミングに苦手意識を持たせないようにするためには、プログラミングを始める前にしっかり算数の基礎を固めておくことが重要です。

算数の基礎さえわかれば、プログラミングの授業もスムーズに入っていくことができるでしょう。

プログラミングが合うかどうかは、やはり理系科目への適性が影響している部分があります。

理系が得意な子にとってプログラミングは、新たに得意科目が増えて良いことかもしれません。

しかし、理系科目が苦手な子にとっては、プログラミングによって苦手科目が増えてしまうリスクがあります。

特に受験を考えている子供の場合、苦手科目が増えてしまうと不利に働いてしまうので、内申対策として、小さい頃からプログラミングを習っておくと安心です。

steam教育に対応するために役立つ習い事は?

学校のsteam教育に対応していける子供の習い事を紹介します。

steam教育を代表する「プログラミング」への対応が心配な人は、「プログラミング教室」の習い事をしておくことをおすすめします。

特にプログラミングは、親世代にはなかった分野なので、子供に「教えて」と言われても、経験がなく教えられないケースが多く、プログラミング教室に通うほうが確実です。

パソコンが得意な人の場合は、市販のプログラミン教材を購入して、自宅で子供に教えてあげるのも良いでしょう。

理系科目が苦手な子供は、事前にプログラミング体験をしておくと、授業中の精神的な負担が減るので安心です。

苦手分野の授業を何も予習しないで受けるよりも、やはり習い事で一回でもコツを覚えている方が苦手意識は持ちにくくなります。

また、プログラミングでは算数の考え方も大きく影響するため、算数の基本や論理的思考力を身につけておくことも重要です。

例えば、プログラミングでは「左に○○度曲がる」「右に○○度曲がる」など指示を与えて、三角形や四角形の図形を描いたりします。

角度がわからなかったり、図形の定義があやふやだと、何をしていいのかわからなくなってしまいます。

プログラミングの前に、算数の知識があることが前提になっているため、算数が出来ないとプログラミングも授業についていけない場合も出て来るかもしれません。

そのため、算数でこれまで色々なつまずきがある子供は、プログラミングが複雑になってくる前に、消化不良を解消しておくことも重要になってきます。

【プログラミングの習い事】

・月謝
プログラミング教室では、回数によって月5千円~2万円程度かかります。

・教材費
プログラミング教室は、扱う教材によって購入費用がかかる場合もあります。 
教材は千円程度の安い物もあれば、5万円以上の高い物もありピンキリ。

・レンタル料金
プログラミング教室に通学する時、自宅にパソコンがない場合は、レンタルをすることも可能です。
最初の頃は、パソコンのレンタルでも構いませんが、プログラムの難易度が上がるにつれて、子供専用のパソコンがある方が子供も専念できるでしょう。
スクールによってはレンタル料金が異なりますので、気になる人は直接スクールへ聞いてしまうのが間違いありません。

・入学金
5千円~1万円程度の入学金を設定しているところも多いですが、入学金は時期によってはキャンペーンで半額だったり、無料になる場合も多いので、日頃からキャンペーン情報をチェックしておくことをおすすめします。

プログラミングは必ずしも家の近くに教室があるとは限らないので、住んでいる地域によっては、通学が難しい場合もあるでしょう。

そういう時には通学制のプログラミング教室だけではなく、プログラミング家庭教師やオンラインのプログラミング教室も検討してみましょう。時間も場所も選ぶことなく、子供の好きなタイミングで学ぶことが可能になります。

習い事を数多くしている場合も、家庭教師やオンラインだったら両立できるので便利です。

ララボで好きなことを教えてくれる家庭教師を探してみよう!

ララボとは、学校の勉強以外のことに興味がある子どもと、得意なこと・好きなことを教えたい大人をつなぐ家庭教師マーケットです。

子どもの「やってみたい・知りたい」という意欲に合わせて、ネット上で自由に授業を選択することができます。

ララボはサイト上で授業内容と先生の顔を見ることができるので、安心してお使いいただけるはずです。また、1回ずつの使用で子どもの反応を確かめることができます。家庭教師ですので、時間の融通も効き、送迎などの面倒もありません。

ララボには、子どもたちを夢中にさせる授業がきっとあります。ぜひララボを使って、子どもたちの興味を、将来に役立つ学びに変えてください。

ララボで習い事を探す
この記事を書いた人

ララボ編集部

ララボ編集部では、子どもたちの習い事に関する情報を執筆しています。「子どもたちの将来の選択肢が広がる」ことをミッションに活動しております。

関連記事

  1. 習い事

    日舞教室ってこんなにお金かかるの?始める前に知っておくべき金銭事情

    日舞教室は礼儀正しさや美しい所作が身につき、子供に習わせるメリットが…

  2. 習い事

    学校や他の習い事と両立したい!子供におすすめな家でできる習い事3選

    家でできる習い事から特に子供におすすめな3つをご紹介します。…

  3. 習い事

    習い事で子どもの夏休みを楽しく有意義に!人気の習い事トップ2とは

    「子どもにおすすめな夏休みの習い事って何だろう?」「安くて手…

  4. 習い事

    子供の習い事の選び方!人気の習い事5つをご紹介!

    子供の習い事は以前と比べて、選択肢が多くなっています。子供に何をさせ…

  5. 習い事

    【幼児の粘土遊び】才能を引き出し想像力を上げる感覚遊びとは?

    小学校入学前の幼児期にやっておきたい遊びがあることをご存知ですか?そ…

  6. 習い事

    【中学生向け】部活や勉強と両立しながらできるおすすめ習い事12選

    中学生になると学校の勉強や部活などで、子供の生活は一気に忙しくなって…

  1. 将棋・囲碁

    費用相場からみる将棋・囲碁の習い事|似ているようで全然違うポイントを説明
  2. プログラミング

    種類が多すぎて選べない!プログラミングで子供用iPadを買う時の注意点!
  3. 絵画・漫画

    キャラクターデザインのコツが知りたい!プロ級画力をつけるには?
  4. スポーツ

    高校生必見!ダンススクールに通う前に知っておきたい3つのこと
  5. 習い事

    やらせるならコレ!親子で満足度が高い男の子の習い事ベスト3
PAGE TOP