【中学生向け】今、最もおすすめしたい習い事ランキングTOP10

習い事

 

「中学生の子供にどの習い事を勧めようか迷う・・・」

「おすすめをランキング形式で知りたい!」

上記のようにお考えではないでしょうか。

この記事では、おすすめの習い事をランキング形式で紹介していきます。

「最近の流行」「昔から変わらぬ人気の習い事」などを総合的にまとめ、ランキング化しました。

子供にあった習い事がきっと見つかります!

中学生が教育(学習費)に使用した平均的な費用は年間47万円

中学生の子供を持つ一般的なご家庭において、1年で教育に費やす金額(子供の学校教育および学校外活動のために支出した総額)は公立学校で47万円、私立学校では132万円であると、文部科学省の調査により分かっています。

ここでの費用は、学校にかかるお金とそれ以外の学習塾や習い事などのお金を全て含めたものです。

公立学校での1ヵ月平均は4万円、私立学校での1ヵ月平均は約10万円という結果です。

ちなみに、公立幼稚園から高校までの1年の平均費用は下記の通り。

公立私立
幼稚園23万4千円48万2千円
小学校32万2千円152万8千円
中学校47万9千円132万7千円
高校45万1千円104万円

(出典元:文部科学省『平成28年度子供の学習費調査結果』

このうち学校外活動費(学習塾や通信教育・習い事などの支出の総額)をみると、公立中学校に通う生徒では30万円、私立中学校の生徒では32万円程度です。

つまり、学校以外の塾や習い事には月に平均して2万5千円程度かけていることになります。

習い事にもよりますが、月に2万5千円あれば最低でも2つの習い事に通わせることができます。全国的な平均としては、中学生は2つ以上の習い事をしていることが分かります。

それでは今の中学生に人気が高く、おすすめしたい習い事についてみていきましょう。

中学生におすすめの習い事ランキングTOP10

以下では、中学生におすすめする習い事をランキング形式で紹介していきます。

最近のトレンドを踏まえた習い事、今も昔も変わらず人気のある習い事、全てを合わせた総合的なランキングとなっています。

1位 水泳

やはり水泳を語らずして習い事のランキングを作成することはできません。

水泳は人気の習い事ランキングで常に上位に君臨し、他を寄せつけない人気ぶりは習い事界のキングオブキング。

水泳はスポーツの中でも「教わらないとできない」の代表格であり、普段の生活の中に海遊びや川遊びがない限り、修得は難しいです。

修得が難しいにも関わらず、中学校での各学年の1学期の成績は、水泳の加点要素が非常に大きいです。

ほとんどの都道府県では、通知表(内申、評定)の点は高校受験の際、当日点として足されます。ですので極端な話、水泳の時間に泳げなかったことで受験に落ちた。ということも可能性としてあるのです。

水泳には他にも人気である理由があります。たとえば「ケガの少ないスポーツ」「水中なので全身をくまなく鍛えられる」などなど、イチロー選手やマエケン選手などの一流プロスポーツ選手は過去に水泳を習っています。

全体的にバランスのとれた水泳は文句なしの1位と言ってもよいでしょう。

2位 ダンス

最近、習い事のなかでもっとも注目度が高いのがダンスです。人気のため教室の数もどんどん増え、全国的に多くの子供が通っています。

ダンスは、バレエ、ヒップホップダンス、ジャズなど、たくさんの種類があります。バレエなどは小さいうちから習っている子供がほとんどですが、ヒップホップダンスといったクラブ音楽系で踊るダンスは、中学生から始める子供が多いです。

慣れると一定のリズムを身体で感じて動かすだけで、脳から全身の筋肉までを使う全身運動になりますので、ほどよくストレス解消にもなります。健康的な成長を促してくれるでしょう。

また、「ダンスは運動神経あまり関係ない」といわれていますので、運動が苦手な子供ほどおすすめできます。普段あまり運動しない子供の運動不足を解消できますし、新たな才能の発見につながる可能性もあります。

何より踊っているときは楽しいですし、文化祭でも一躍人気者になれるでしょう。

3位 絵画

「スポーツ系と文化系の掛け持ちを探している」「モノづくりが得意」といった子供におすすめしたのが絵画教室です。

絵画教室は、趣味としてスタートする子供が多いですが、中には中学生くらいから本格的な勉強に路線変更する子供もいます。

もちろん趣味として絵画教室に通うのもよいですが、美術・芸術の道へ進みたいと考えるのもよいでしょう。

「絵を描けても将来的にお金にならない」と考えるお父さんお母さんもいるかもしれません。趣味として絵画教室に通うのであればお金について考えることもありませんが、プロを目指すとなると話は変わります。

しかし安心してください。「絵が描ける」というだけで将来つける可能性のある仕事はかなり多いです。下記をご覧ください。

・絵本作家・漫画家
・作家の助手
・絵画の出展
・絵画教室の先生

などなど、たくさんの仕事があります。皆さんの周りにも絵は色々なところにあるかと思います。

スポーツ系との両立にもよいですが、絵が好きな子供には特におすすめです。

4位 武道

柔道、剣道、空手も護身、体づくりなどを優先させたいお父さんお母さんから人気です。今まさに格闘ブームということもありますので中高生からの人気は特に高くなっています。

武道は部活動でも習えますが、強豪校でもない限りきちんとした指導者がつくことも少ないです。そのため、道場を選び、積極的に武道を学ぶ子供が増えています。

また、中体連の大会(中学柔道で最も大きい大会)には、部活に所属していないと出られません。そのため、部活に籍だけ置き、中体連だけ出るという子供も多いようです。

5位 英会話

2020年は、小学校3年生の段階から英語学習が始まります。その影響からか、中学英語の難易度もこれまで以上に上がっています。

英語は独学で勉強することも可能ですが、英会話教室だと下記のようなメリットがあります。

・ネイティブの先生や英語しか使えない環境で学べる
・生徒同士で同じ目的に向かって勉強するため学習効果が高い
・ネイティブの先生との会話から文化の違いを知りグローバルな意識が芽生える

英語を知るということは海外を知ることにもつながります。日本以外に興味を持つことで視野も広がり、将来にしたい仕事、叶えない夢などの選択肢も広がるでしょう。

また最近では通学制の教室だけでなく、オンライン英会話を始める中学生も増えています。

講師は英語ネイティブであることが多く、自宅にいながらにして、マンツーマンで生の英語と触れ合えるのは贅沢な体験です。時間もフレキシブルなので、忙しい子供にもうってつけですね。

例えば「レアジョブ英会話」では、中学生高校生コースも用意されているため、中学生でも安心して利用できます。

・レアジョブ英会話(体験レッスン無料)

オンライン英会話「レアジョブ」

6位 和太鼓

聞き手の腹にズシンっと響かせることのできる和太鼓が昨今、小学生から中学生の子供に人気です。

男らしい声を出してリズムをとりながら叩く感覚、全身をつかって力強く奏でる曲。どれも和太鼓でしか味わえない爽快感の1つです。一度ハマると魅力から抜け出せなくなります。

和太鼓の奏者は全身をつかうため、全身運動になります。ベースでありながらもメロディーのように奏でることもできますので、リズム感がかなり磨かれます。

集団での演技では呼吸を合わすことが鉄則なので、他者とのコミュニケーションも欠かません。対人能力や空気を読む力も鍛えられるでしょう。

7位 サッカー

サッカーを習っていれば、体育、遊び、昼休みなど、様々なところで活用することができます。大人になっても楽しむことのできるスポーツですし、運動不足の解消にもつながるでしょう。

習い事となると、部活動ではなくクラブチームに在籍することになります。そして部活動とクラブチームでは大きく異なる点がいくつかあります。それでは少し、クラブチームについて解説しましょう。

【クラブチームとは?】

クラブチームは放課後の時間帯を使って練習を行い、土日は試合や練習試合、遠征などを行います。

部活とクラブチームの大きな違いは、部活にはある試験休みがクラブチームには無いという点。入試の時でも1月過ぎまで休みのないところがほとんどです。

また、部活と違い、強豪チームは入るときにはセレクションという入団テストがあるケースがあります。合格不合格があるため、誰でも入れません。そのため、小学生のときからセレクション対策のためにサッカースクールに通う子供もいます。

有名なクラブチームは高校の推薦枠を持っており、活躍することでスポーツ推薦枠として高校に入学することも可能です。

8位 書道

書道は字が上手くなるだけでなく、集中力がつき、文字に対する苦手意識も無くなります。

字は勉強や論文などで何度も何度も書きますから、抵抗意識がなくなることで学習効率も上がるでしょう。

また、自分の心と向き合えるのが書道です。たとえば、書き直しがのきかない筆と半紙で表現される文字は、心の状態をそのまま表しますし、精神的に落ち着いていないと、筆は思ったように動きません。

自分の心と向き合うことで、自我を上手くコントロールする自制心が鍛えられるのです。

9位 料理

食べることは生きる基本です。つまり料理を作るとは生きることそのものなのです。

料理はお母さんが自宅で教えることもできますが、かえって手間になることもありますし、思春期ですから親から教わりたくないという子供もいるでしょう。

子供が料理教室に通うことで、後々お父さんお母さんの手間が省けることにもつながります。さらに栄養学の基礎についても触れるので将来1人暮らしをしたときにも安心。

「家庭の味」を確実に引き継いでくれるでしょう。

10位 ピアノ

ピアノは小学生から人気が高い習い事です。中学生になると受験もあり辞めてしまう子供も多いですが、通える都合がつくのであれば続けることをおすすめします。

なぜなら、小学生までに練習してきた基礎が身を結び、大曲を弾けるようになり始めるのが中学生あたりからであるからです。本格的にピアノと向き合うことで子供にもまた新しい世界が見えてきます。

もちろん、中学生から新たにピアノを習い始めるのもおすすめです。10本の指を全て使いますから、脳トレの効果にも期待できるでしょう。

音感やリズム感を養うにはもってこいの習い事ですよ。

中学生の習い事で圧倒的に多いのは学習塾や通信教育

今回のランキングには含めませんでしたが、学校外活動で一番多いのはやはり勉強系の習い事である学習塾や通信教育です。

特に中学3年生になると、受験に備える家庭が多くなり、塾に通う生徒の割合が跳ね上がります。

最近では、コロナ禍での影響もありオンライン学習への関心が高まっており、自宅で学習できる通信教育やタブレット学習などを始める中学生も急増しています。

自分のペースで勉強が進められて、学校での成績アップや受験対策にも対応しているため自宅学習ももう一つの主流となりそうです。

サービスはいくつかあるのでもし検討される場合は、複数比較してみると良いかもしれませんね。

・進研ゼミ中学講座(資料請求無料)

ベネッセ 進研ゼミ 中学講座 資料請求プロモーション

・スマイルゼミ(資料請求無料)

タブレットで学ぶ幼児・小学生・中学生向け通信教育[スマイルゼミ]

まとめ

この記事では、中学生におすすめの習い事をランキング形式にして紹介してきました。子供に勧めたい習い事はみつかりましたか?

習い事は1つだけでなく、複数体験するという手もあります。無料で参加できる教室も多いので、まずは子供と一緒に参加してみましょう。

色々な可能性に触れることで子供の選択肢もどんどん広がります。

ララボで子どもの好きなことを教えてくれる先生を探してみよう!

ララボとは、学校の勉強以外のことに興味がある子どもと、得意なこと・好きなことを教えたい大人をつなぐ家庭教師マーケットです。

子どもの「やってみたい・知りたい」という意欲に合わせて、ネット上で自由に授業を選択することができます。

ララボはサイト上で授業内容と先生の顔を見ることができるので、安心してお使いいただけるはずです。また、1回ずつの使用で子どもの反応を確かめることができますし、初回無料の体験授業もあります。家庭教師ですので、送迎などの面倒もありません。

ララボには、子どもたちを夢中にさせる授業がきっとあります。ぜひララボを使って、子どもたちの興味を、将来に役立つ学びに変えてください。

ララボで習い事を探す
この記事を書いた人

ララボ編集部

ララボ編集部では、子どもたちの習い事に関する情報を執筆しています。「子どもたちの将来の選択肢が広がる」ことをミッションに活動しております。

関連記事

  1. 習い事

    【女の子】習い事の人気ランキングTOP10

    「女の子から人気の習い事ってなんだろう?」「習い事にかかるおおよその…

  2. 習い事

    幼児の習い事ランキングベスト5!小学校に入る前から始めてる!

    みんなが幼児期から始めている習い事をランキングでご紹介します。…

  3. 習い事

    運動神経の良い子供はゴールデンエイジの適切な環境作りにある

    「子供の運動神経を鍛えるにはどうすれば良いの?」「運動能力を…

  4. 習い事

    もう悩まない!共働き世帯の子供におすすめの習い事3選

    共働き世帯にとっての困りごとの一つは「習い事をどうするか」です。…

  5. 習い事

    【中学生向け】部活や勉強と両立しながらできるおすすめ習い事12選

    中学生になると学校の勉強や部活などで、子供の生活は一気に忙しくなって…

  6. 習い事

    ついに来た「ステム教育の時代」!あなたの子供は対応できる?

    日本で広がり始めた「ステム教育」についてクローズアップします。最近、…

  1. 習い事

    【2019年】子供と親に人気の習い事ランキング|費用や理由も紹介
  2. 絵画・漫画

    キャラクターデザインのコツが知りたい!プロ級画力をつけるには?
  3. 習い事

    続ける?辞める?子供が習い事を嫌がった時のおすすめの対処法
  4. 絵画・漫画

    短期で通ってみない?夏休みの絵画教室がコスパ最高の理由!
  5. スポーツ

    運動会や体育で活躍!月謝が安いのに役に立つ習い事「陸上教室」の魅力!
PAGE TOP