習い事にイラストを検討している人に必見!簡単にはじめる方法を徹底解説

絵画・漫画

 

子どもの習い事にピアノや英会話、プログラミングを検討している人は多いですが、どれも費用がかさばるものばかりです。

費用をなるべく抑えれる、けれど子どもが続けられそうな習い事を勧めたくなるものです。

そこで、今回は、子どもの習い事にイラストをご紹介していきます。

子どもの習い事にイラストを選ぶメリット

子ども向けにイラストを紹介するのは、気軽にはじめることができるからです。

鉛筆と紙、最低でもこれだけ揃えれば、イラストを描くことができます。

また企業などが実施している、子ども向けの絵画コンクールなどがあります。

コンクールに応募してみて、実力を試してみたりするのも良さそうです。

さて具体的に、イラストを習い事にしていくことのメリットをご紹介していきます。

イラスト習い事のメリット①観察力や集中力が身につく

イラストには様々ありますが、デッサンのように、モノを模倣して描いていくものは、長時間に渡って観察し集中して描いていかなければならないので、自然に観察力と集中力が身につくようになります。

イラスト習い事のメリット②俯瞰的・多角的視点を持てる

イラストを描くとき、様々な側面を見て描いていく必要があります。

そのため、あらゆる方向の面を見て描いていくので、自然に多面的な考え方を身に付くことができるようになります。

また絵を描くとき、全体のバランスが合っていないと、不自然なので、全体をみて描いていかなければなりません。そのため、俯瞰した見方を身に付けることができます。

この多角的視点と俯瞰的視点を身に付くようになると、リーダーもしくはマネジメント側としてのスキルを小さいうちから身に付けれます。

イラスト習い事のメリット③特技が見つかり、自信に繋がる

承認欲求は子どもから高齢者まで幅広くあるものです。

一つでも特技があることで、自分に自信を持ちやすくなります。

イラスト習い事のメリット④同級生や先生に褒めてもらえる

イラストを習えば、図工または美術の授業で、周りの生徒よりも上手に書くことができるでしょう。先生や同級生から褒めてもらうことで、「楽しい!」という気持ちが生まれます。

また文化祭などで、ポスターや冊子の裏表紙のデザイン制作にも携わることができ、自己アピールにも活用することができます。

イラスト習い事のメリット⑤個性を表現できる

継続してイラストを描いていくようになると、自分にとって描きやすいもの・描きづらいものがわかってきます。

そして少しずつ自分だけの個性をイラストで表現していくようにもなります。

また自分の個性を磨くことで、それを販売することもできます。

スキルを活かすことができるココナラやクラウドワークスであったり、ツイッターやインスタグラムなどのSNSを活用して特技を売ることができるのでおすすめです。

イラストの習い事とは

イラストには大きく分けて、「アナログ」と「デジタル」があります。

アナログのイラスト

アナログとは、手書きのことです。

最低限な道具として、鉛筆と紙さえあれば、イラストを描くことができます。

手書きのため、味わい深い色味を表現することができます。

ただ、デメリットとしては、修正がしづらいことです。

誤って変なところに色を塗ってしまった場合、最初からやり直さなければなりません。

アナログの色塗りに使う画材は、主に3つあります。

色鉛筆、コピック、水彩絵の具です。

色鉛筆は、筆圧の強弱や重ね塗りによって多彩に表現できます。

コピックは、株式会社トゥーマーカープロダクツの商品名です。発色がよく使いやすいのが特徴で、アマチュアのみならずプロも使用しています。

色の種類は180色あり、繊細な色合いを表現をしたい時に活用することができます。

水彩絵の具には「透明色」と「不透明色」の2種類があります。

透明色は多量の水で溶かして、ぼかしたり、にじませたり色塗りする絵の具です。

不透明色は、ポスターカラーのことです。厚塗りや重ね塗りのある作品ができます。

デジタルのイラスト

デジタルとは、主にPCとペンタブを使ってイラストを描きます。

そのため機材にお金がかかります。しかし、その分、作業の中での軌道修正はしやすいです。

「レイヤー」機能を使うことによって、必要なもの・余計なものを分けることができるので、最初からやり直す必要はないのです。

またデジタルは、写真や素材を加工することができるので、表現のバリエーションが広がります。

イラスト教室と独学方法

イラストを習うために教室に通う人もいますが、教室に通わなくても、独学で学ぶという選択もあります。ここでは独学のはじめ方と教室の紹介をさせていただきます。

独学でイラストを学ぶ方法

独学でやるということは、自分で調べなければいけないので、中学生、高校生向け以上に向いています。

まずは、お気に入りの漫画のキャラクターを模倣して、描いていくなどを行ってみると良いでしょう。

初心者のうちは、最初からオリジナリティに走るのではなく、真似したい作品を参考に試しに描いていくことが大切です。観察に力を入れましょう。

真似したい作品を隣に並べてみて、きちんと線が引けているかみていきましょう。

最初はまっすぐの線を引くことだけでも大分時間がかかったりします。

見ている分には簡単なように見えても、実際に自分で書いてみると難しいものです。

しかし、何本でも線を引き続けることによって、次第に慣れていき、まっすぐな線が描けるようになっていきます。

同様に様々な図形なども描いていきましょう。

たとえば丸や三角、四角など描いてきます。これらの図形はのちに人体を描いていく中で、パーツとして役立っていきます。

線や図形が描けるようになってきたら、ようやく真似したい作品の模倣をはじめます。

キャラクターの輪郭や身体、目の描き方など、大きさや形をよく観察して、分析しながら描いていくと、徐々にバランスのよいイラストを描けるようになります。

人物の正面だけでなく、横や上、下などあらゆる面から模倣して描くと、イラストの上達スピードはより一層上がります。人物のイラストを描きたいのであれば、様々なポーズも模写していくと良いでしょう。

次に、イラスト教室をご紹介していきます。
漫画の聖地である中野や秋葉原でもイラスト教室が開かれています。

イラスト教室といっても様々あるので、ご自宅の近くにイラスト教室があるか検索してみてください。

【アンプスのこどもマンガ・イラスト教室】

土曜日のみ開催されています。

小学3年生~中学生に実施されている教室です。

基礎からしっかり学べるカリキュラムで、線を引きやすくするために、トレースを使って、なぞり書きをさせてくれるので、まっすぐな線を引けない人には敷居が低く、とてもはじめやすいです。

また漫画の基礎も身に付けることができます。

漫画のルールをまずはじめに学び、それからオリジナルキャラクター、ストーリー、背景の順に学習していきます。

ひとつひとつを細かく教えてくれるので、授業に取り残されることはほとんどありません。

体験授業もあるので、まずはお試しで、小時間受けてみるのも良いでしょう。

公式サイト:http://amps-web.biz/jr_kyoshitsu.html

【秋葉原コミックスクール】

金・土・日に開催されています。

対象は小学4年生~社会人まで実施されている教室です。

ゴールがオリジナル漫画の制作なので、最初から作品制作オンリーのカリキュラムになっています。

こちらはイラストの基礎よりも、制作物を生み出すことに重きを置いているので、知識よりも実技力が身に付きます。

下手でも最後まで描き続けるのをモットーにしている教室です。

ある程度イラストが描ける人向けです。

公式サイト:https://comic-school.jp/acs.html

【小・中学生向けイラスト・マンガ教室SMILES】

東北~九州まで複数の校舎があります。

各校舎によって、開催される曜日は異なるので、一概には言えませんが、

土日以外に、平日も開催されているので他の習い事のスケジュール調整が効きやすくなっています。

小学生低学年を対象にしていて、安心してイラストの勉強ができる教室です。

個別学習なので、子どもの興味や関心に合わせて楽しく学ぶことができます。

またカリキュラムがオーダーメイドなので、どんなイラストを描きたいか

用途に合わせて学習することができます。

例えば、漫画のようなイラスト、ゲームに出てくるようなイラスト等

あらゆる目的に、カリキュラムを合わせることができます。

公式サイト:https://comic.smiles55.jp/

自信があれば絵のコンクールに応募してみよう

漫画アプリのcomicoなどでも実施しているデビュー前の「登竜門」などに応募してみるのもいかがでしょうか。

気になる方は絵画や漫画のコンクールを調べてみて、応募してみるとさらなるスキルアップに繋がります。絵が好きな子供さんは、お父さんお母さんがコンクールを調べてあげて、子供に勧めてみるのも良いですね。

イラストで将来働いていくにはどんな職業があるか

イラストを学んだ先には、イラストレーターや漫画家、絵師、などの職業があります。

イラストレーターは、商品や雑誌、書籍やポスターなどのイラストを描きます。

消費者やイラストを見る人を意識して描くものなので、他の仕事に比べて、意外とコミュニケーションも必要な職業です。

依頼を受けて、イラストを描くわけなので、「相手が望んでいるものを実現して描く」力が必要になります。

また絵本や似顔絵のみに特化したイラストレーターもいます

漫画家はご存知のとおり、少年ジャンプやサンデー、りぼんなどに出版する漫画を書く人です。売れっ子漫画家になるのは、狭き門ですが夢のある職業と言えるでしょう。

絵師とは、本の表紙やCDジャケットなどを書いたりする職業です。イラストレーターと被っている部分もありますが、YouTube等でボカロ曲と一緒に見ることがある絵も絵師が描いたものが多いです。

子どもの習い事にイラストを選ぶ・まとめ

ここまでイラストについて説明してきました。

イラストは観察力や集中力を身に付けることができます。

描きなれていけば徐々にオリジナリティも生み出せるようになりますので、近年個性を持つことを良いとされている日本社会では、とても力になるスキルなのではないでしょうか。

ツイッターやインスタグラムなどが広まっている現在では、個人が発信しやすい時代でもあります。ゆくゆくは仕事につなげることもできるというのもメリットの一つです。

イラストに興味をお持ちのお子さんは、ぜひ習い事にイラストを検討して見てはいかがでしょうか?

ララボで子どもの好きなことを教えてくれる先生を探してみよう!

ララボとは、学校の勉強以外のことに興味がある子どもと、得意なこと・好きなことを教えたい大人をつなぐ家庭教師マーケットです。

子どもの「やってみたい・知りたい」という意欲に合わせて、ネット上で自由に授業を選択することができます。

ララボはサイト上で授業内容と先生の顔を見ることができるので、安心してお使いいただけるはずです。また、1回ずつの使用で子どもの反応を確かめることができますし、初回無料の体験授業もあります。家庭教師ですので、送迎などの面倒もありません。

ララボには、子どもたちを夢中にさせる授業がきっとあります。ぜひララボを使って、子どもたちの興味を、将来に役立つ学びに変えてください。

ララボで習い事を探す
この記事を書いた人

ララボ編集部

ララボ編集部では、子どもたちの習い事に関する情報を執筆しています。「子どもたちの将来の選択肢が広がる」ことをミッションに活動しております。

関連記事

  1. 絵画・漫画

    キャラクターデザインでプロを目指すなら?必要なスキルや進路を解説

    キャラクターデザインでプロを目指したい人に、必要となるスキルや進路の…

  2. 絵画・漫画

    漫画が好きな子供にピッタリ!気になる漫画教室の費用相場はどのくらい?

    いつの時代も子供から大人まで絶大な人気がある漫画。特に日本の漫画は世…

  3. 絵画・漫画

    小学生から通える!プロのノウハウを学べる漫画教室の魅力

    小学生に人気急上昇中の「漫画教室」の習い事小学生に人気急上昇…

  4. 絵画・漫画

    絵を描くだけじゃない?!お絵かき教室に通うメリットと豆知識

    「お絵かき教室」というと、絵が好きな子が通う教室、絵を描いて楽しむ習…

  5. 絵画・漫画

    キャラクターデザインのコツが知りたい!プロ級画力をつけるには?

    キャラクターデザインのコツを学ぶ方法や独学の問題点についてご紹介しま…

  6. 絵画・漫画

    一生物の画力を身につける!子供も喜ぶ絵画教室のメリット

    子供自身が喜んで通う絵画教室のメリットについてご紹介します。…

タブレットで学ぶ通信教育[スマイルゼミ]

新着の記事

  1. 英語・英会話

    うちの子どもは才能なし?英語を習っているのに上達しない原因とは?
  2. 習い事

    早すぎて失敗?!幼児から始めて後悔している人が多い習い事とは
  3. プログラミング

    legoのプログラミング学習キットとは?人気シリーズを2種紹介!
  4. 絵画・漫画

    キャラクターデザインのコツが知りたい!プロ級画力をつけるには?
  5. 習い事

    【女の子】習い事の人気ランキングTOP10【2019年完全版】
PAGE TOP