短期で通ってみない?夏休みの絵画教室がコスパ最高の理由!

絵画・漫画

 

短期でノウハウをゲットできる夏休みの絵画教室の魅力についてご紹介します。

夏休みは子供にとって、普段できないことに挑戦できる貴重な時間ですよね。

充実した夏休みを過ごすために、是非利用してみたいのが短期の習い事です。

特に夏休みの絵画教室は、コスパが良く初心者にもおすすめできます。

今回は夏休みに挑戦してほしい絵画教室の魅力をご紹介します。

夏休みの絵画教室なら短期間でコツを学べる!

夏休みの絵画教室は短時間で効率よくノウハウを手に入れられます。

絵画教室では、主に「水彩画」「パステル画」「鉛筆デッサン画」などを扱っています。

スポーツや楽器の習い事は、長期的に練習をしてスキルをマスターしますが、画力の場合は、「コツ」さえ掴んでしまえば、意外に簡単に画力が上がってしまうもの。

そのため、夏休みの絵画教室で描き方のノウハウを教えてもらえれば、短期間でも効率良く上達することは可能です。

勿論、自宅での練習は必要になりますが、絵画教室は普通に通学しなくても、夏休みの数日の絵画教室だけでもレッスンを受けてみる価値があります。

夏休みの絵画教室で描き方のコツをつかめば、小学生の場合は、夏休みの宿題の一つである「コンクール」への出品作品の制作で役立つでしょう。

夏休みの期間中に制作する絵画のコンクール作品は、受賞すれば中学受験が待ち構えている小学校高学年の子供にとっては、内申の良いアピールになります。

レベルの高い中学校を受験する場合、内申の評定だけでは差がつかず、コンクール等での受賞歴、ボランティア活動、資格、出席日数などが大きく影響してくるため、受験で有利になるかもしれません。

また、画力は一度身につけば、時間が経っても劣化しにくいスキルなので、中学や高校になっても役立ちます。

画力が高い人は、美術や図工の授業で良い成績を取ることもできるので、短期で勉強した割に、大きな成果を上げられる可能性があるのも魅力です。

一生物のスキルが欲しいと思っている人にも夏休みの絵画教室はピッタリでしょう。

また、絵画は一つの作品に取り組むと、完成させるまでに平均的に1~2時間程度はかかります。

そのため、時間がない時に取り組むよりも、夏休みのように時間に余裕がある時に絵画教室に挑戦した方が、落ち着いて学ぶことができるでしょう。

子供が精神的に集中して取り組めるという点でも、絵画教室は夏休みに挑戦してみることをおすすめします。

ただし、絵画教室に参加する時には、汚れても良い服装で参加することを忘れないようにしましょう。

絵画教室では、色々な画材を使用するので、知らない間に洋服が汚れてしまうことがよくあります。

絵画教室の方で、エプロンを貸してくれる場合もありますが、万が一の時に備えて、汚れが目立たない黒色の洋服などで参加した方が安心です。

白やパステルカラーの洋服は、絵の具などがついてしまうと、汚れが目立つのでおすすめできません。

高級なブランド品の服を着て行ってしまうと、汚れがついてしまった時のショックが大きくなってしまいます。

汚れはついたらすぐに水で洗い流せば綺麗に落ちやすいですが、時間が経過してしまうと、漂白剤を使っても落とせなくなってしまい、最悪の場合は服を捨てることになってしまうので注意が必要です。

せっかく楽しくレッスンを受けていたのに、服を汚して親に怒られることになってしまうと、子供の絵画教室へのモチベーションも下がってしまいます。

夏休みの絵画教室への参加費用よりも、洋服の買い替えにかかる費用の方が高くつく可能性がありますので、レッスンに参加する時には、服装にも気を付けましょう。

通学に比べて夏休みの絵画教室はトータル費用が安い!

夏休みの絵画教室は通学よりも経済的にお得です。

夏休みから始める絵画教室は、通学で通うよりもトータルの費用が安いので、親にとって経済的な負担が少ない所が魅力です。

絵画教室の月謝の相場は、月4回で6千円~1万円程度かかります。

一方、夏休みの絵画教室であれば、1回2千円~5千円程度でレッスン可能。

絵画教室は普通に通っていれば、年間で10万円以上の費用がかかる可能性がありますが、行きたい分だけ通えば良い夏休みの絵画教室なら、費用を大幅に抑えることができるので、トータルの費用で考えた時に大変お得です。

本格的な画力を望み、プロを目指しているのであれば普通に通った方が良いですが、趣味の程度で絵の習い事をしてみたいと思っているのであれば、夏休みの絵画教室でも十分に役に立ちます。

費用をできるだけかけないで、子供に絵の勉強をさせてみたいと思っている場合、夏休みの絵画教室が最適です。

もしも子供が夏休みのレッスンを気に入ってしまった場合は普通の通学レッスンに切り替えてみるのも良いでしょう。

また、絵画教室の場合は、1レッスンが大体2時間程度となっています。

長い教室では3時間程度やる場合もあるので、教室によって差が大きいです。

よく子供の習い事は、1レッスンが30分~1時間程度のものが多いので、1レッスンで2時間~3時間もかかる絵画教室は、少し特殊かもしれません。

「レッスン時間が長いと、子供の集中力が途切れてしまうんじゃないの?」と心配になってしまう人もいるかもしれませんが、作品に夢中になって取り組んでいると、絵画教室の2時間や3時間はあっという間に過ぎてしまいます。

夏休みの絵画教室の場合も、1レッスン2時間~3時間程度で開催していることが多いです。

レッスン時間が長い割に、絵画教室は費用が安いので、コスパの面では非常に優れていると言えます。

夏休みの宿題のヒントが絵画教室から得られる!

絵画教室の経験を夏休みの宿題に生かすことができます。

夏休みの短期で開催される絵画教室は、「夏休みの宿題のヒント」になるようなレッスンが行われているのが特徴です。

自由研究や絵画コンクールなど、子供たちが毎年苦戦してしまう宿題で役立つ授業が受けられます。

そのため、絵を描くことに興味がある人以外にも、絵画の宿題がなかなか終わらず、どうしたらいいのか悩んでいる子供にもおすすめです。

絵画教室では、水彩絵の具などを使った画材の上手な使い方や、創作のヒントを教えてくれます。

ある程度は絵画の宿題のテーマが決まっていたとしても、どのような構図にするかで悩んでしまう子供も少なくありません。

場合によっては、全体的な構造を考えているだけで、1日が過ぎてしまう場合もあるでしょう。

「コレ!」と決まったイメージが沸けば、絵画の宿題は比較的簡単に済ませることが出来ますが、閃きが沸かない時には、思わぬ時間がかかってしまいます。

特にもともと絵を描くことにあまり興味がない子供の場合、やっつけ仕事のように、適当に描いて終わらせてしまいがち。

先生にもやる気がないことがバレてしまい、学校でも図工の授業で良い評価をされにくくなってしまうでしょう。

絵画の宿題は、自分が美術や芸術へ関心があることをアピールできる良い機会なので、夏休みの宿題だからと、適当に済ませてしまうのではなく、一度絵画教室で絵のコツを学んで真剣に描いてみるのも良いものです。

絵画コンクールなどで受賞をすれば、更に自信を持つことができるようになり、図工の授業にもこれまで以上に興味をもって取り組むことが出来るようになるでしょう。

絵画とじっくり向き合ってみることができるのは、やはり休みの長い夏休みだからこそ。

夏休みであれば、絵の練習をする時間もたっぷりありますので、絵画教室で学んだことを、自宅でも練習して身につけてしまいましょう。

夏休みの絵画教室は他の習い事とも両立しやすい!

夏休みだけの短期絵画教室なら他の習い事をしていても挑戦しやすいです。

夏休みの絵画教室の良い所は、レッスン日が限られているので、他に習い事をしていても両立しやすいという点です。

普通に通塾することになってしまうと、絵画教室に通うのに「時間」も「お金」も確保する必要が出てきます。

既に通塾をしていたり、他の習い事をしている場合、新たに習い事を始めるとなると、ハードルが高く感じてしまうでしょう。

子供も習い事が多くなってしまうと、体力的に疲れすぎてしまいますし、親も経済的な負担が大きくなってしまいます。

その点、夏休みの絵画教室は、決められた数日だけレッスンを受ければ良い上、費用も安く、他の習い事との両立がしやすいでしょう。

絵画教室は「塾」や「公文」のようなお勉強系の習い事をしていると、気分転換をするのにも役立ちます。

絵を描くことや図工が好きな子供であれば、絵画教室を楽しむことができるので、これ以上習い事を増やしたくないけど、単発でレッスンを受けてみたい時に、夏休みの絵画教室を上手く活用してみましょう。

また、万が一、絵画教室を試して「自分には合わないかも」と思った場合も、夏休み中の短期教室だったら辞めやすいというメリットがあります。

普通に絵画教室に通っている場合、辞めるとなれば退会の手続きが必要になるので、なかなか辞められない人も多いですよね。

手続きの問題と言う点でも、夏休みの絵画教室は使い勝手が良くおすすめです。

夏休みの絵画教室は気軽にお試しできるので、夏休みに時間を持て余しているのであれば、挑戦してみましょう。

ララボで子どもの好きなことを教えてくれる先生を探してみよう!

ララボとは、学校の勉強以外のことに興味がある子どもと、得意なこと・好きなことを教えたい大人をつなぐ家庭教師マーケットです。

子どもの「やってみたい・知りたい」という意欲に合わせて、ネット上で自由に授業を選択することができます。

ララボはサイト上で授業内容と先生の顔を見ることができるので、安心してお使いいただけるはずです。また、1回ずつの使用で子どもの反応を確かめることができますし、初回無料の体験授業もあります。家庭教師ですので、送迎などの面倒もありません。

ララボには、子どもたちを夢中にさせる授業がきっとあります。ぜひララボを使って、子どもたちの興味を、将来に役立つ学びに変えてください。

ララボで習い事を探す
この記事を書いた人

ララボ編集部

ララボ編集部では、子どもたちの習い事に関する情報を執筆しています。「子どもたちの将来の選択肢が広がる」ことをミッションに活動しております。

関連記事

  1. 絵画・漫画

    漫画の描き方を本格的に学ぼう!小学生向けレッスンの内容や月謝は?

    漫画の描き方を学ぶ小学生向けレッスンについて詳しくご紹介します。…

  2. 絵画・漫画

    絵画の習い事をおすすめする3つの理由|スマホ離れさせたいママへ

    「絵画の習い事って具体的にどんなことをするの?」「絵画教室が…

  3. 絵画・漫画

    【東京】小学生におすすめのイラスト教室5選|流行の漫画教室も紹介

    「小学生でもイラスト教室に通える?」「おすすめの教室について…

  4. 絵画・漫画

    ここだけの話!小学生の親子が絵画教室に通わせて密かに不満に感じる場合とは?

    絵画教室に通っている親子が不満に感じやすい4つのポイントをご紹介しま…

  5. 絵画・漫画

    【手順は3つ】選ぶポイントから体験まで子供の水彩画教室の選び方

    小さな頃から絵が好きなお子様は多いと思います。そこで子どもの才能を伸…

  6. 絵画・漫画

    こどもにマンガ・イラスト教室は必要?独学では学べないメリットとは?

    こどもにマンガ・イラスト教室を習わせるメリットについてご紹介します。…

  1. 絵画・漫画

    小学校のお受験に絵画のスキルが必要?絵画教室の気になる費用相場は?
  2. スポーツ

    ゴールデンエイジの意味とは?運動神経の良さと子供時代の過ごし方の関係
  3. 習い事

    【2019年】子供と親に人気の習い事ランキング|費用や理由も紹介
  4. 音楽

    値段だけじゃない!子供用フルートを買う時に覚えておきたいポイント!
  5. 音楽

    子どもにピアノ学習を検討している人必見!はじめる時期や将来性を徹底的解説
PAGE TOP