小学生のプログラミング学習はどっちを選ぶ?ロボット教室とプログラミング教室の違い

プログラミング

 

小学校の授業で必修化されることが発表されたプログラミング。大切な我が子が遅れたらいけないとプログラミングの習い事を始める小学生が増えています。

今回は、小学生がプログラミング学習をするなら、ロボット教室とプログラミング教室のどちらを選ぶとよいのか、その違いについてご紹介します。

小学生の習い事ランキングでも人気上昇中!ロボット教室とプログラミング教室の違い 

ロボット教室とは

基本的にロボットなどの作品を作り、作った作品を動かしていく勉強をします。

教室によってはレゴブロックを使って作品を作り、その作品を実際に動かす際にプログラミングを使います。 

その際に使うのは、動きがセットされたアイコンをドラックして組み合わせていくだけで、ロボットに指令を出せるというもの。ビジュアルでパズルにような感覚で進めることができます。ロボット教室では一番一般的なプログラミング方法です。 

またプログラミングだけではなく、ブロックの組み方によって物体の強度を高める方法を勉強したり(橋の強度を上げるにはどうすればいいのかなど)、センサーの種類を勉強してロボットの動きに含めたり(近くに何かがきたら食べるなど)、ロボット教室ではプログラミングとは別の勉強も含まれます。 

これはロボットを動かすために必要な要素ですので、ロボット教室で勉強するプログラミングはあくまでもロボットを動かすためのもの。そのために関連するものとしてプログラミングがあると考えるといいでしょう。

いわゆるゲームやアニメーションを作るようなプログラミングとは違い、ロボット教室でのプログラミングはパソコンやパッドでアプリを使ってプログラミングの考え方を勉強する、それに付随して幅広い知識も学ぶというものが主流です。 

ブロックを使って勉強していくので、まだパソコンが使えない幼児期からでも始めることができます。またコースを終了するごとに、上のコースへ進級することも可能です。 

モノ作りが大好きな子供にとっては、遊びながら「モノ作りの基礎」と「プログラミング」を学ぶことができるのでピッタリの習い事になります。

プログラミング教室とは 

ゲームやアニメーション作成に必要なプログラミングを教えてくれる教室です。基本的にパソコン上で動作するものが作品であり、将来、プログラマーやエンジニアになる場合に必要な勉強をやっていきます。 

プログラミング教室ではゲームを作りながらプログラミングのレベルを少しずつ上げていき、完成度が高い作品を作っていくことが主な内容です。 

基本的にパソコンを使っての作業になるため、小学生以上から始めることができます。それでも小学1・2年の子供や、全くのパソコン初心者にとっては、習い始めは多少思うようにいかないかもしれません。 

プログラミングの導入に使われる「スクラッチ」を使う教室も多く、自宅のパソコンで学習することもできるので、ハマる子供はあっという間に覚え、大人顔負けのゲームを作っています。 

一般的にいう「プログラミング」とは、プログラミング教室で勉強する内容がベースになります。とはいえ、子供向けの教室ではいきなり言語などの難しい入力をやるわけではありません。 

プログラムを組む→試す→直す→試す 

といった具合に、同じ画面上ですぐに結果を確認しながらプログラミングができるので、とてもわかりやすく、結果をすぐに実感することができます。うまく動かなくても必ず原因があるので、1つのことを突き詰めて追及していく集中力と精神力が養われます。

同じプログラミングなのに違う習い事?ロボット教室とプログラミング教室の違い 

ロボット教室・・・ロボットを動かすためのプログラミングを勉強するところ

プログラミング教室・・・パソコン内に作品を作っていくためのプログラミングを勉強するところ

実際に小学校で習うプログラミングでは、あくまでも「プログラミング的な思考」を身に付けるというものです。スクラッチのようなものを使って、論理的に考えていくためにプログラミングを勉強していくということなので、習い事に行って勉強しないとついていけなくなるということは心配しなくてもいいでしょう。

小学生でプログラミングを学習する理由と期待できる効果とは?

では、小学生のうちからプログラミングを学習するのはどのような理由があり、どんな効果があるのでしょうか? 

学校で必修化されるため 

時代の移り変わりとともに、これからの時代は全てが自動化されていく時代です。ロボットが人間の代わりに作業をする職業が増え、私達の家にも自動化されたロボットが、活躍してくれる日がくると想定されています。 

それだけ、職業を始めとした流通される商品・サービスも変わっていくということ。そうなれば、生産者の需要はどんどん増えていくことでしょう。しかし、現実問題、先々の将来、IT関連の仕事ができるプログラマーは足りなくなると予想されています。 

現実問題の担い手育成のために、学校でプログラミングを必修化していく流れになるのは考えられますね。 

小学校のプログラミング必修化についてもっと知りたい方はこちら。

幼児教育の一環として 

子供のうちから柔軟な発想と考え方を体験しておくことは、その先の人生のふり幅を大きく変えるきっかけになります。ロボット教室・プログラミング教室、どちらを取っても学習しておいて損はありません。 

生活していく中で起きる不便なことや困ったこと、わからないことやできないことにあった時、どのように問題解決に向かえばいいのか、大げさかもしれませんが、プログラミングで論理的思考を身に付けるとそのような考え方ができるようになっていきます。 

生きる知恵・生きていく上での考え方の勉強を、プログラミングという楽しみを通して勉強していくことができるというわけです。 

【実践】プログラミング学習ができる習い事の探し方手順【小学生版】

 それでは実際にプログラミングを習わせてみようと思った場合の手順を紹介していきましょう。

ロボット教室かプログラミング教室か選ぶ

まず、ロボット教室かプログラミング教室かを選びましょう。選ぶポイントは、ゲーム・アニメを作るためにプログラミングを習いたいのであればプログラミング教室、何か実物に動くモノを作りたいのであればロボット教室を選ぶといいですよ。

通える距離、月謝などを判断 

次に、目当ての教室が通える範囲にあるのかどうかを確認します。

親が送迎する場合はいいのですが、秋冬以降16時過ぎからの習い事は、思いのほか暗くなってきますので、子供の安全を第一に考えて教室を探してみましょう。 

また月謝や初期費用などのお金の情報も把握しておくことをおすすめします。特にロボット教室は初期費用がかかるところが多いので、月謝以外にいくらかかるのかを確認しておきましょう。 

教室に関する情報は、目当ての教室に直接電話で聞くと早いです。 

体験に申し込む 

どの教室も体験レッスンをやっていると思いますので、一度体験してみましょう。申込みはネットや電話でできますので、各教室の申し込み方法を確認してください。

ロボット教室とプログラミング教室を選べない場合は、両方の体験を受けてみることをおすすめします。

実際にレッスンを受けてみることでイメージもわかりますし、先生の教え方やクラスの雰囲気、通う頻度などを考え、体験を受けましょう。 

比較検討 

体験レッスンが終わったら、習うか習わないか、どの教室にいくのかを比較検討してみましょう。比較するポイントは次の4つ。 

  1. 月謝を含めた諸費用
  2. 先生との相性
  3. 通う距離や時間帯、または送迎の有無
  4. 持ち物 

子供が「この先生に習いたい」「この教室で習いたい」「このプログラミングをやってみたい」という気持ちを優先した方が長続きしやすいです。 

決定&入会 

比較検討が終わったら、実際に通う教室を決めます。できるだけ子供が決めた方が長続きしますが、子供が決められないようであれば親が判断してください。 

その後は入会手続きをして、実際に通い始めましょう。

おすすめのプログラミング教室が知りたい方はこちら。

小学生のうちは教室でのプログラミング学習がおすすめ 

小学生がプログラミングを学習するのであれば、ロボット教室とプログラミング教室、どちらがいいのかということについて関連する情報を紹介しました。 

  •  ロボットを動かすためのプログラミングを勉強するロボット教室→作品を作りたい子供向け
  • パソコン内に作品を作っていくためのプログラミングを勉強するプログラミング 教室→ゲームやアニメーションを作りたい子供向け 

どちらもやってみたいプログラミングの方向性別で選ぶことができます。

現在ではさまざまなロボット教室やプログラミング教室がありますので、資料請求や問い合わせなどで情報収集をしてみてくださいね。

ララボで子どもの好きなことを教えてくれる先生を探してみよう!

ララボとは、学校の勉強以外のことに興味がある子どもと、得意なこと・好きなことを教えたい大人をつなぐ家庭教師マーケットです。

子どもの「やってみたい・知りたい」という意欲に合わせて、ネット上で自由に授業を選択することができます。

ララボはサイト上で授業内容と先生の顔を見ることができるので、安心してお使いいただけるはずです。また、1回ずつの使用で子どもの反応を確かめることができますし、初回無料の体験授業もあります。家庭教師ですので、送迎などの面倒もありません。

ララボには、子どもたちを夢中にさせる授業がきっとあります。ぜひララボを使って、子どもたちの興味を、将来に役立つ学びに変えてください。

ララボで習い事を探す
この記事を書いた人

ララボ編集部

ララボ編集部では、子どもたちの習い事に関する情報を執筆しています。「子どもたちの将来の選択肢が広がる」ことをミッションに活動しております。

関連記事

  1. プログラミング

    タイピングを学ぶ小学生が急増!?プログラミング必修化でタイピングブーム到来

    今、小学生でタイピングを始める子供たちが増えています。小学生…

  2. プログラミング

    必修化の準備はOK?子供が手軽にプログラミングを学べるおもちゃ7選

    2020年から小学校でプログラミング学習が必修化されることは皆さんご…

  3. プログラミング

    キッズプログラミング教室は基本不要!習い事が必要になるのはこんな場合!

    キッズプログラミングの習い事が必要になるケースについてご紹介します。…

  4. プログラミング

    知育としても人気!幼児からはじめるプログラミング【教材6選】

    2020年からのプログラミング必修化に伴い、子供が扱うプログラミング…

  5. プログラミング

    習い事の需要UP!親が教えられない中学校のプログラミング教育

    中学校の必修化に伴い、需要が高まっているプログラミング教育についてご…

  6. プログラミング

    ゲーム嫌いなママも支持!マインクラフトがプログラミングで人気の理由とは?

    マインクラフトでプログラミングを始める際に覚えておきたいポイントをま…

  1. 習い事

    効果テキメン!集中力がない子どもに勉強させるコツとは?
  2. 絵画・漫画

    ここだけの話!小学生の親子が絵画教室に通わせて密かに不満に感じる場合とは?
  3. 習い事

    子供youtuberが覚悟すべき3つのリスク!養成講座の習い事も人気!
  4. 習い事

    続ける?辞める?子供が習い事を嫌がった時のおすすめの対処法
  5. 絵画・漫画

    漫画の描き方を本格的に学ぼう!小学生向けレッスンの内容や月謝は?
PAGE TOP