これから習うなら英語よりも中国語!子供におすすめしたい理由とは?

習い事

 

子供の習い事に「中国語」を選ぶとどんなメリットがあるのかご紹介しましょう。

語学の習い事といえば、これまでは英会話が定番でした。

しかし、これから子供に外国語を学ばせるのであれば「中国語」がおすすめです。

なぜ、子供に中国語が習わせるのが良いのか?

今回はこれから中国語を選択するメリットについてご紹介します。

中国人街があっちこっちで急増中!ご近所つき合いもスムーズに!

日本に移り住む中国人の数が激増しており、中国語が英語よりも身近な存在になってきています。

池袋、西川口。

これらの地名を見て、「ピンっ!」と来る人もいるのではないでしょうか?

池袋や西川口は、日本にいながら中国語の会話が飛び交い、まるでチャイナタウンに迷い込んだような独特な雰囲気があります。

現在、日本のあっちこっちで中国人の数が激増しており、池袋や西川口のようにチャイナタウン化している地域が見られます。

英語は米軍基地がすぐ側にある一部の地域を除いて、一般人が英語を使用する機会は実際はそれほどありませんよね。

一方、最近は池袋や西川口などを中心に、身近なところで中国人に出会う機会がどんどんと増えています。

しかし、日本では中国語を話せる人が少ないですよね。

学校で習う言語は英語だけど、実際に日本人にとって身近な外国語になりつつあるのは「中国語」になるかもしれない現実があります。

英語は海外旅行に行ったり、会社で海外との取引で役立ちますが、一般の日本人にとって、それほど日常生活で使用する機会がありません。

その証拠に、日本人は実際に英語を使用する「英会話」が苦手な人が沢山います。

日本人が英会話が苦手なのは、やはりそれだけ「実践できるチャンスが少ない」というのが大きく影響しているからでしょう。

せっかく言語を習っても、実際に使うチャンスがないのでは、勿体ないですよね。

その点、中国語は身近で使用するチャンスが増えているため、勉強のしがいがある言語です。

飲食店などで、つたない日本語で働く中国人も多いので、もしも日本語が苦手な中国人の店員さんに当たった場合も、中国語を交えて注文することができれば、スムーズにコミュニケーションが取れるようになるでしょう。

子供が大きくなる頃には、バイト先や職場でこれからもっと中国人が増えてくることが予想されます。

小さい頃から中国語に慣れておけば、中国人の取引先や上司・同僚に出くわしても、上手く人間関係を乗り切ることができるかもしれません。

中国語を学んでおくことは、これからの日本で生活していく上で、英語以上に役立つ可能性があるためおすすめです。

中国語ができる人が少なく需要が高い!子どもの習い事としてもおすすめ!

日本人話者が少ない中国語は、これから就職活動などでますます需要が高まりそうです。

最近は海外留学やインターナショナルスクールに進学する子供たちが増え、英語がペラペラに話せる人が多くなっています。

英語翻訳は訳者が供給過剰ぎみになっており、「翻訳単価が昔よりも安い」と嘆く声も聞こえます。

その一方、言語の翻訳で需要が高まっているのが「中国語」です。

例えば、令和元年度の警視庁専門職種I類の通訳の募集要項を見ても、英語2名を押さえて中国語は最多3名を採用予定しています。

翻訳求人の募集をチェックしてみても、今は「中国語」の求人が目立ちます。

日本は中国との取り引きが多いため中国語の需要が高いのですが、それに対して中国語話者の数が足りていない状態です。

地理的にも経済的にも、日本は中国とは切っても切れない関係にあるため、中国語を子供の頃から勉強しておくことによって、就職の時に有利に働く可能性があります。

今の時代は、マルチリンガルも少なくないので、英語の勉強だけではなく、第二外国語として中国語を学んでおくのもおすすめです。

日本人で英語と中国語が両方できる人はまだまだ少ないので、大きなアピールポイントになります。

まだまだ話せる人が少ない分野だからこそ、挑戦しがいのある言語です。

英語以外に使える外国語を習ってみたいと思っている人にはピッタリでしょう。

イタリア語やスペイン語なども、女性の習い事として人気があります。

スペイン語に興味のある方へ。おすすめの記事はこちら。

しかし、地理的にも遠く、日本経済との結びつきがそれほど強くない外国語のため、実際には海外旅行くらいにしか使用できません。

子供が就職の時に有利になるような外国語を勉強したいのであれば、やはり中国語は魅力的です。

これから先の将来を見通した時に、商業との結びつきが強い言語を学んでおくと、仕事でも活用できます。

商業に関係ない言語の場合、「趣味」の範囲で終わってしまう可能性が高いため、実用性はそれほど期待ができません。

その点、中国語のように実用的な言語の学習は、「就職活動でのアピールポイント」になったり「年収アップ」も期待できます。

教室に高いお金を出してて、どうせ一生懸命勉強するのであれば、将来的にお給料に直接つながるようなスキルを身につけておくのも一つの方法です。

どんな外国語を選択するかによって、子供の将来が大きく左右される可能性があります。

子供には先の将来や経済的な展望を予見することは難しいため、親が今後を見据えて良い選択ができるようにサポートしてあげましょう。

中国語は日本人には学びやすい言語!漢字で意味がなんとなくわかる場合も!

同じ漢字を使う中国語は、文字を見ただけで意味がわかるものもあり、日本人には学習しやすい魅力があります。

英語の勉強で挫折してしまった人の中には、「自分は語学の勉強には向かない」と思い込んでいる人もいるでしょう。

しかし、英語と中国語では、同じ外国語の勉強でも、全く勉強のしやすさが異なります。

英語は日本人には馴染みがないアルファベットを使用しますが、中国語の場合は、日本語でも見慣れた「漢字」を使用します。

そのため、アルファベットに抵抗感があった人でも、中国語は思ったよりもスムーズに受け入れることが出来るという声がよく聞かれます。

アルファベットが苦手で英語がダメだったとしても、中国語まで苦手になるとは限りません。

子供にアルファベットを教えてみて、あまり飲み込みが良くなさそうであれば、中国語に変えてみるのも良いかもしれません。

中国語の漢字は、一部日本語と同じで覚えやすい部分もあり、一から英語を覚え始めるよりも、ずっと楽に感じるでしょう。

文字を見ただけで意味がわかる言葉もあるので、日本人にとって中国語学習はおすすめです。

特に漢字の勉強が好きな子供は、英語よりも中国語の勉強の方が分りやすく感じるかもしれません。

外国語の学習に楽なものはありませんが、中国語は比較的日本人にとっては学習しやすい言語の一つです。

英語で挫折してしまい、「もう外国語はコリゴリ!」と思っている人にも挑戦してみる価値があります。

少しだけでも中国語を覚えておくと、中華街などに行った時に、メニューや看板の意味がわかるので、余計に楽しく過ごせるでしょう。

中国人は人口が多く、世界中に華僑が多いので、旅先などでも中国語を見る機会は多いと思います。

ローカルの屋台など、中国語しかメニュー表記がない時でも、中国語がわかれば、どんなメニューが出てくるのかイメージしやすくなるでしょう。

海外旅行が好きな人にも、中国語は使用するチャンスが多いので、覚えておくとトラブルが起きた時などにも対応できて安心です。

日本人が苦手としている「発音」は中国語教室に通って解決!

日本人が中国語学習で一番苦手としている発音の問題を解決するなら教室に通うことをおすすめします。

日本人の子供が中国語を学ぶ上で、一番難しく感じるのは、恐らく「発音」です。

中国語には、日本語にはない「声調(四声)」があるため、日本人には慣れない部分があります。

声調とは、音節ごとの音の上がり・下がりのパターンのことです。

淡々と抑揚のない日本語の発音に比べて、中国語は声調を意識して発音するため、感覚が掴みにくい人もいるでしょう。

英語のイントネーションやリズムなどが苦手だった人にとって、中国語の声調は更に難しく感じるかもしれません。

正しく発音できない場合、相手に言いたいことが伝わらない場合もあるため、発音練習が中国語にとっては非常に重要な部分になります。

実際に声に出して何度も練習をしないと、なかなか上手くなりません。

中国語は、文法だけなら市販の参考書を使って自力で勉強することも難しくないでしょう。

しかし、発音は本当に正しいか自分でチェックすることは難しいため、中国語教室などで先生に習い、ちゃんと発音をチェックしてもらうことをおすすめします。

独学で変な発音の癖がついてしまうと、後で矯正するのが難しくなってしまうため、最初から中国語教室で正しい発音を学んだ方が安心です。

子供の中国語教室の月謝は、大手の外国語スクールか個人の運営している小規模な所かによって全く金額が違ってきます。

大手の場合は、週に1回で1万円~1万5千円前後かかり、決して安い費用ではありません。

しかし、個人経営の小さなスクールの場合は6千円~7千円前後でレッスンが受けられる場合もあります。

大手は月謝が高めですが、レッスンのノウハウがしっかりしており、どの先生に当たっても、一定水準の質が確保されているのが魅力です。

個人経営は月謝が安いので経済的な負担は軽くて済みますが、先生による指導力は個人差が大きいため、当たり外れが激しいのが難点でしょう。

ただし、個人経営でも相性の良い先生に当たれば子供も早く上達しますので、スクールは選びは慎重に行うことが大切です。

子供の頃は耳も良く、柔軟性が高い時期なので、中国語を学び始めるのに良い時期です。

もしも、将来の就職活動に役立つことも見据えて子供に中国語を学ばせるのであれば、まずは中国という国自体に興味を持たせるように親が上手く導いてあげましょう。

ララボで好きなことを教えてくれる家庭教師を探してみよう!

ララボとは、学校の勉強以外のことに興味がある子どもと、得意なこと・好きなことを教えたい大人をつなぐ家庭教師マーケットです。

子どもの「やってみたい・知りたい」という意欲に合わせて、ネット上で自由に授業を選択することができます。

ララボはサイト上で授業内容と先生の顔を見ることができるので、安心してお使いいただけるはずです。また、1回ずつの使用で子どもの反応を確かめることができますし、初回無料の体験授業もあります。家庭教師ですので、送迎などの面倒もありません。

ララボには、子どもたちを夢中にさせる授業がきっとあります。ぜひララボを使って、子どもたちの興味を、将来に役立つ学びに変えてください。

ララボで習い事を探す
この記事を書いた人

ララボ編集部

ララボ編集部では、子どもたちの習い事に関する情報を執筆しています。「子どもたちの将来の選択肢が広がる」ことをミッションに活動しております。

関連記事

  1. 習い事

    落ち着きのない子供は習い事をしても無駄?諦める前に試してほしい3つの方法

    落ち着きのない子供が習い事をする時に配慮したいポイントをご紹介します…

  2. 習い事

    通学より人気?!自宅で出来る送迎不要の習い事が支持される理由

    通学より送迎不要の自宅の習い事の方が魅力的な理由や注意点についてご紹…

  3. 習い事

    子供の精神力を鍛える習い事5選|やってはいけない3つのこととは?

    「精神力の強い子どもになってほしい!」「どんな習い事が精神力…

  4. 習い事

    【世代別】教室で習えるちょっと珍しい種類の習い事12選

    子供から大人まで、人生を豊かに彩る習い事。現在では人気の習い事から珍…

  5. 習い事

    習い事で社会復帰への第一歩!引きこもりから上手く脱出する方法は?

    習い事を活用して引きこもりから脱却する方法をご紹介します。引…

  6. 習い事

    オンラインでできる子供向けの習い事|受験に役立つ習い事を紹介

    オンラインの子供向けの習い事は、送迎が不要で親も安心できると年々人気…

  1. 勉強・学習塾

    中学生のタブレット学習は5社から選べばOK|特徴の違いごとにおすすめ
  2. 絵画・漫画

    短期で通ってみない?夏休みの絵画教室がコスパ最高の理由!
  3. プログラミング

    【プログラミング】スクラッチでゲームをつくる簡単な2ステップ
  4. その他

    子供の可能性を伸ばす親に共通する3つ特徴
  5. プログラミング

    ゲーム嫌いなママも支持!マインクラフトがプログラミングで人気の理由とは?
PAGE TOP