習い事の需要UP!親が教えられない中学校のプログラミング教育

プログラミング

 

中学校の必修化に伴い、需要が高まっているプログラミング教育についてご紹介します。

小学校・中学校での必修化により、今子供の習い事で注目をされているのが「プログラミング」です。

プログラミングと言っても、どんな授業をするのか具体的に思いつかない人も多いでしょう。

今回は謎が多いプログラミングの教育内容や費用などについてご紹介したいと思います。

プログラミング教室に通おうかどうか悩んでいる人は、本当に通った方が良いのか参考にしてみて下さい。

なぜ中学校でプログラミング教育をするのか?

中学校で行うプログラミング教育の目的について解説します。

みなさんは、プログラミングが学校で導入される目的を知っていますか?

中学校に新しく導入される教科なので、「難しい」という印象を持っている人も少なくないでしょう。

実は中学校の子供向けプログラミング教育では、「プログラミング的思考」を身につけることを目的としています。

プログラミング的思考というのは、物事を論理的に選択する能力のことです。

難しいプログラミング言語そのものの習得などを目標としているわけではありません。

また、現在はIT化が進み、プログラミングができる人材が不足しているというのも大きく影響していると考えられています。

現在世界のITはインド人のエンジニアによって支えられていると言われ、国内でITに強い人材育成がすることが不可欠な状態です。

中学校のプログラミング教育の導入は、時代の流れと共に、日本国内で優秀なエンジニアを育てる土台作りが始まったと見ることもできるでしょう。

今までの中学校のパソコンの授業では、基本的な操作しか教えていませんでした。

中学校のプログラミング教育の導入により、より具体的にコンピューターを使用した解決方法を学べるようになります。

もともとパソコンが好きだった人にとっては、よりやりがいを感じる内容になるでしょう。

ただし、機械が苦手な人にとっては、何も準備をしないでプログラミングに挑むと、学校の授業についていくのが難しくなる可能性もあります。

そのため、機会が苦手な人は、プログラミング教育の導入前から、少しずつパソコン自体の使い方やプログラミングの内容に慣れておきましょう。

現在の親世代は、中学校でプログラミング教育のレッスンを受けていない為、親が自宅で教えることも難しいです。

そのため、子供がもし本格的なレッスンを受けたいのであれば、プログラミング教室を利用しましょう。

中学校のプログラミング教育ではどんなことをするのか?

プログラミング教育の内容について詳しくみてみましょう。

中学校でのプログラミング教育は、実はこれまでもすでに技術・家庭科の科目の中で実施はされています。

ただし、指導要領では
・コンピュータを利用した計測・ 制御の基本的な仕組みを知ること
・情報処理の手順を考え, 簡単なプログラム作成できること
と定義されているため、現状では、概論程度にとどまっている学校も多いようです。

一部の学校ではプログラミング言語に触れて、教えているところもあると聞きます。

いずれにしても、2021年の中学校でのプログラミング必修科に伴い、小学校のプログラミング教育とも連結して、いまよりは本格的したプログラミングの内容を学んでいくことになるかもしれません。

最近では、中学生向けのプログラミング教室も増えています。

結論からいえば、プログラミング教室自体は、「学校のプログラミング教育についていくため」という位置付けではありません。

ですので、「学校のプログラミング授業について行くため」に無理にプログラミング教室に通う必要はないでしょう。子供がパソコンやプログラミングに興味があるのであれば通うことを検討すれば良いです。

中学校でのプログラミング教育でどんな内容を学んでいくにせよ、習い事としてプログラミングを学んでいれば大きなアドバンテージにはなります。

中学生向けのプログラミング教室では、「マンツーマン」と「グループ」の2種類のレッスン方法があります。

グループレッスンの場合でも、少人数制を採用し、丁寧にレッスンが進められるようになっているので安心です。

小学生や初心者の場合は、「スクラッチ」と呼ばれる子供向けのビジュアルプログラミング言語から始めます。

スクラッチは無料で使用できる教材のため、市販でも多くの参考書が出版されています。

パソコンが得意な人であれば、市販の参考書を読みながらスクラッチを使用することで大体のイメージが掴めるかもしれません。

しかし、市販の参考書を読んでも全くわからないという場合は、やはりプログラミング教室に通って一から学ぶ方がおすすめです。

スクラッチは8歳~16歳向けと言われており、小学生だけではなく中学校の子供にも適しています。

スクラッチは可愛いイラストが沢山使用されており、初めての人でも抵抗なく扱えるように工夫されています。

スクラッチはドラッグ&ドロップのような簡単な操作だけで、ゲームやアニメ作品が簡単に作れるのが魅力です。

自分でペイントやサウンドの編集もすることができ、自由度が高いので、少しコツを覚えれば夢中になってしまう人も多いでしょう。

更に高度な技術を学びたい中学校の子供には、「WEBデザイン」や「iPhoneやAndroidアプリの開発」のコースを設定しているプログラミング教室もあります。

プログラミング教室によって、教育内容や設定しているコースが異なるので、どんなレッスンがあるのかチェックしておきましょう。

初心者には良いプログラミング教室もあれば、レベルの高いプログラミング教室もあります。

まずは子供のレベルに合わせて、プログラミング教室を選びましょう。

プログラミングの参考書を手本に、親が教えられるのであれば、家庭学習でプログラミングを学ぶことも可能です。

ただし、親世代はパソコンが苦手な人もいるため、必ずしも親が指導できるとは限りません。

中学校の子供に指導できる自信がない場合は、間違ったことを教えてしまうよりも、プロの講師に指導をしてもらった方が安心です。

プログラミングの習い事はいくらかかる?

プログラミングの習い事にかかる費用について説明します。

プログラミング教室にかかる主な費用は、主に「入会金」「月謝」「教材費」「レンタル料金」です。

■入会金
プログラミング教室の多くでは、「入会金」がかかります。

入会金は一般的に1万円前後です。

教室によっては、キャンペーンなどを上手く利用すれば入会金は無料になる場合もあります。

■月謝
中学校の子供向けプログラミングの月謝は、教室によってレッスン回数は異なりますが、「月2回」と「月4回」のコースが多いです。

月2回の場合は4千円~8千円前後、月4回の場合は8千円~2万円前後かかります。

また、月2回とか月4回のコース設定ではなく、受講プログラミングコースごとに料金が決まっている場合もあります。

受講プログラミングコースごとの料金設定の場合、総額を毎月5千円~2万円前後で分割払いするか、一括払いを選択できます。

■教材費
プログラミング教室では、月謝の中に教材費が含まれているケースが多いですが、教室によっては別途かかるケースもあります。

プログラミングは教材費によって、受講料にかなり大きな差が出ます。

教材費が別途かかる場合、5万円前後と高額になる場合もあるので注意が必要です。

教材費の有無が気になる場合は、入学の時にプログラミング教室に確認するようにしましょう。

■レンタル料金
プログラミング教室に通う時に重要になるのが、「パソコン」や「iPad」のレンタル料金です。

プログラミング教室では、スマホやiphoneではなく、パソコンやiPadを使用しなければいけません。

そのため、パソコンやiPadを持っていない場合は、購入するかレンタルする必要が出てきます。

レンタルの有無や料金については、各教室ごとで大きくサポート体制が異なるため、入会する前にチェックしておきましょう。

中学校の子供のプログラミングは、どんなコースを受講するかによって、かなり月謝が変わってきます。

中学生は小学生よりも高度なプログラミングに挑戦できるだけに、レベルが高くなればなるほど、月謝や教材が高くなる傾向があります。

プログラミングの学習に必要なものとは?

プログラミングの勉強をする時に必要になる物をまとめてみました。

中学校の子供向けプログラミング教室には、「通学」と「オンライン」の2種類があります。

どちらの場合も、中学生がプログラミングを始める時には、「パソコン」や「iPad」が必要になります。

また、オンラインのプログラム教室の場合は、自宅の「ネット通信」の環境も必要になります。

特にネットは回線速度が早ければ早いほど快適に操作をすることができます。

パソコンとネット通信の環境さえあれば、プログラミングはどこでも勉強することができます。

通学の場合はプログラミング教室に全ての環境が揃っているため、特に注意をする必要がありません。

その分、プログラミング教室によって、機材の「レンタル料金」「教材費」「施設費用」などがかかる場合があります。

プログラミング教室は通学とオンラインで、それぞれの魅力が違います。

通学は実際に先生が指導してくれるので、わからなくなったらすぐに質問しやすいのが魅力です。

グループレッスンを選べば、周りの友達に聞くことも可能なので、一人残されることがありません。

ただし、地方の場合は通学できるプログラミング教室が近くにないケースも多く、誰しもが利用できるわけではないというデメリットもあります。

一方、オンラインのプログラミング教育は、地方に住んでいても受講ができるので、近くにプログラミング教室がない人におすすめです。

また他の習い事との両立が難しい場合も、オンラインだったら、自宅で隙間時間に勉強できます。

ただし、オンラインは通学のように直に指導を受けるわけではないので、子供がわかりにくいと感じる場合もあるかもしれません。

通学もオンラインも、一長一短がありますので、子供の性格や通学環境などを考慮する必要があります。

通学のプログラミング教育は、どちらかというと、基本的なパソコン操作もサポートが必要なほど機械が苦手な人におすすめです。

オンラインのプログラミング教育は、基本的なパソコン操作が出来て、それほどサポートを必要としない人に向いています。

オンラインを利用するなら、最低限のパソコントラブルに対処できるようにしておきましょう。

もしくは保護者がレッスン中に側につき、いつでもフォローできるようにしておくのがおすすめです。

ララボで子どもの好きなことを教えてくれる先生を探してみよう!

ララボとは、学校の勉強以外のことに興味がある子どもと、得意なこと・好きなことを教えたい大人をつなぐ家庭教師マーケットです。

子どもの「やってみたい・知りたい」という意欲に合わせて、ネット上で自由に授業を選択することができます。

ララボはサイト上で授業内容と先生の顔を見ることができるので、安心してお使いいただけるはずです。また、1回ずつの使用で子どもの反応を確かめることができますし、初回無料の体験授業もあります。家庭教師ですので、送迎などの面倒もありません。

ララボには、子どもたちを夢中にさせる授業がきっとあります。ぜひララボを使って、子どもたちの興味を、将来に役立つ学びに変えてください。

ララボで習い事を探す
この記事を書いた人

ララボ編集部

ララボ編集部では、子どもたちの習い事に関する情報を執筆しています。「子どもたちの将来の選択肢が広がる」ことをミッションに活動しております。

関連記事

  1. プログラミング

    【最新】子供向けオンラインプログラミング教室人気5社を徹底比較

    子供向けオンラインプログラミング教室の需要が高まっていますが、数が多…

  2. プログラミング

    ジュニアプログラミング検定とは?学習方法や難易度などについて紹介

    「ジュニアプログラミング検定って?」「ジュニアプログラミング検定の学…

  3. プログラミング

    ロボットが子供に与える影響とは?知育と相性の良いロボット教材5選

    小学校でのプログラミング必修化に伴い、ロボット工作を通してプログラミ…

  4. プログラミング

    該当したら要検討?プログラミング教室に通った方が良い中学生の3つの特徴

    中学生のあなたが、プログラミング教室へ通った方が良いタイプかどうかを…

  5. プログラミング

    知育としても人気!幼児からはじめるプログラミング【教材6選】

    2020年からのプログラミング必修化に伴い、子供が扱うプログラミング…

  6. プログラミング

    幼児から教育できるおすすめのプログラミング教材5選

    「小学校に入ったらプログラミング教育があるらしい」「でも親である自分…

  1. 習い事

    小学生向け科学実験教室の選び方 | 人気の4社を徹底調査
  2. 習い事

    【2019年】子供と親に人気の習い事ランキング|費用や理由も紹介
  3. 英語・英会話

    英語の次に人気な外国語!スペイン語の子供向け勉強方法
  4. スポーツ

    いじめの原因にも?苦手になる前に子どもにやらせたい必修科目のダンス
  5. 習い事

    子供の習い事にyoutube?夢を叶える新時代の教室
PAGE TOP