タイピングを学ぶ小学生が急増!?プログラミング必修化でタイピングブーム到来

プログラミング

 

今、小学生でタイピングを始める子供たちが増えています。

小学生の子供たちにタイピングが人気になっている理由はなぜなのか?

今回はタイピングに挑戦する子供が増えている原因について解説していきたいと思います。

小学生におすすめしたいタイピングの学習方法も併せて一読してみてください。

 なぜ小学生からタイピングを鍛える必要があるのか?

今、小学生からタイピングを始める子供が多くなっている一番の原因は、「プログラミングの必修化」です。

2020年から小学校、2021年から中学校、2022年から高校でプログラミングが必修化となり、小学生の頃からパソコンに触れる機会が増加。

プログラミング学習は、最初の頃は画面のブロックをクリックして組み合わせるだけの簡単な作業が多いですが、徐々に「コード入力」が必要になり、タイピング技術が求められるようになってくることが予想されています。

そのため、プログラミングのコード入力で困らない程度のタイピング技術を身につけたいという小学生が増えているのです。

タイピングは、練習をしている人と練習をしない人では、パソコンの処理能力に大きな差が出てきてしまいます。

例え、プログラミングの知識を正しく理解していたとしても、タイピングが正しく入力できなければ、思うように指示を出すことができません。

タイピングは、プログラミングで指示を正しく出すために必要なスキルです。

タイピングは、練習をすれば誰でもスキルを磨くことができますので、とにかく練習をすることが重要になります。

ローマ字がちゃんとわからなかったり、キーの位置を覚えていないと、タイピングのスピードは上がりません。

タイピングが出来ずに余裕を持てない子供は、文字を入力することだけに集中してしまい、授業の内容が頭に入ってこなくなってしまう可能性があるため、本格的なコード入力が始まる前に、小学生の頃からタイピングを鍛えておく必要があります。

小学生でも挑戦できるタイピングの学習方法は?

小学生が挑戦できるタイピングの学習方法は2つあります。

まず一つ目は、「自宅での独学」です。

現在ネットには、無料でタイピング練習できるサイトが数多く存在しており、自宅で誰でも気軽に挑戦することができます。

また、有料の市販のタイピングソフトを使って練習することも可能です。

ローマ字が出来ない小学生の場合は、タイピングを始める前に、まずはローマ字練習から始めましょう。

ローマ字が出来ないままタイピングを始めても、一文字入力するだけで時間がかかってしまうので、タイピングの効率が悪くなってしまいます。

ローマ字がある程度書けるようになったら、実際にパソコンを使ってタイピングを始めるのに良いタイミング。

タイピングはゲーム感覚で練習できる教材を選ぶと、失敗しても子供が「もう一回!」と挑戦したくなるのでおすすめです。

タイピングは繰り返し挑戦しないと、なかなか上達しないため、小学生の子供が興味をもてる教材を利用しましょう。

ゲームが好きな子供であれば、タイピングソフトも遊び感覚で夢中になって取り組めます。

そして、小学生がタイピングを練習する二つ目の方法は「パソコン教室」です。

親が共働きで自宅で子供にタイピングを教えるのが難しい場合、パソコン教室を利用することをおすすめします。

小学生向けのパソコン教室では、キッズ向けのタイピングコースがあり、ローマ字の学習から丁寧に教えてくれるので、初心者でも安心して入会できるのが魅力です。

プログラミング教室でも、ローマ字の学習や入力の仕方は教えてくれますが、タイピングをメインに練習するわけではありません。

そのため、タイピングをじっくり練習したい人は、プログラミング教室よりも、パソコン教室のタイピングコースを選択したほうがおすすめです。

これまでは、小学3年生からローマ字を習い始めるので、タイピングを始めるのも小学3、4年生から始めるのが理想的でしたが、これからはプログラミングの授業が1年生から始まるため、タイピングが不安な人は、早めに始める方が安心して授業に参加できるかもしれません。

特にパソコンのような機械操作に対して、不安な気持ちが強い子であれば、早めにタイピングの練習をさせることによって、苦手意識を軽減できる可能性があります。

ただし、小学生の子供がタイピングの練習を露骨に嫌がっている場合は、無理に強制するのは止めましょう。

タイピングを無理やりやらせて、タイピング嫌いになってしまっては意味がありません。

子供が「やってみたいかも」と思う時期から始めても、タイピングの練習は遅くないので、子供の気持ちを尊重しながら、始めるタイミングを見極めましょう。

小学生がタイピングを学ぶなら独学とパソコン教室どっちが良い?

小学生がタイピングを学ぶ場合、「子供の性格」をよく考慮しましょう。

独学はお金をかけずにタイピング技術を鍛えることができるので魅力的ですが、自己管理能力の高い子供でないと、途中で挫折してしまう可能性が高くなります。

最初はゲーム性が高いタイピングソフトにはまっていたとしても、飽き性で怠け癖があると、3日坊主でなかなか上達しない場合もあるので、独学をさせるのに向いていません。

また、子供が小学生の低学年の場合も、親か講師がしっかり側について教えた方が子供も安心して勉強に取り組めるので、独学は避けた方が無難です。

タイピングの独学をするのであれば、一人で参考書の読み書きができ、子供自らコツコツと練習に取り組めるタイプが向いています。

一方、パソコン教室は月謝がかかりますが、その分親が子供に教える必要がないので、タイピングの練習をお任せできるのが魅力です。

子供にタイピングを教える暇がない共働き家庭や、親の説明では子供が上手く理解してくれない場合に利用しましょう。

また、タイピングを独学する場合には、一点注意をしたいことがあります。

それは、独学で親が小学生の子供にタイピングを教えると、要領が悪い子供の場合、何度も何度も同じことを聞いてくるため、教えている親の方がイライラしてしまうこと。

イライラをぶつけて怒鳴ってしまった親が自己嫌悪に襲われ、小学生の子供も親にビクビクしながら勉強することになってしまい、親子で嫌な思いをすることがよくあります。

親から怒られることを怖いと思ってしまうと、子供も本当にタイピングの練習で重要なことを見落としてしまうので、一緒に勉強をしてもなかなか上達しません。

そのため、親子でタイピングを勉強すると、どうしても子供を怒ってしまうという場合は、小学生の子供たちへの教え方が上手いパソコン教室を利用した方が安心です。

パソコン教室の講師は子供に教えるプロであり、教え方が上手い人が指導した方が、学ぶ側の子供も理解しやすくなるので、効率的に上達できます。

親子で一緒にタイピングの練習をしてみても、あまり効果が見られない場合は、パソコン教室に通うことも検討してみましょう。

小学生で鍛えたタイピング技術は大人になっても有利!

小学生の頃からタイピングを練習すると、大人になってからも有利になることが沢山あります。

例えば、「データ入力」や「オペレーター」の仕事をする時には、タイピングのスピードが速い方が有利で、より多くの作業を処理することができるでしょう。

タイピングのスピードが遅いと、会社に就職してからも、メール1通を打つのに長時間かかってしまい、仕事がなかなか進まなくなってしまう場合もあります。

また、会議資料などを作成する際にも、タイピングが早い人の方が、当然資料を早く作り終えることができるので、作成した資料を見直す余裕を持つことができるのが魅力です。

あまりにもタイピングが遅く、メール返信や資料作りにも影響が出ると、最悪の場合は社内の評価を悪くすることにもつながります。

ビジネスの世界では「スピード」を重要視されることが多いため、タイピングも早くて正確な方が望ましいです。

小学生の頃なら、指も柔軟で練習したことをすぐに習得できるので、訓練をすればするほど、タイピング技術が磨かれます。

大人になってから訓練するよりも、小学生の頃からタイピングを練習した方が、やはり高い効果を期待できるでしょう。

タイピング技術は、暗記とは違い、一度体で覚えてしまうと、時間が経っても忘れにくいのが特徴です。

一生モノのスキルが欲しいと思っている人におすすめできます。

特に将来、デスクワーク系の仕事を希望している人は、タイピングを訓練しておいて損はありません。

市販の有料タイピングソフトも、パソコン教室でのタイピングコースも、2,000円前後で挑戦できるため、費用が安く済むのも大きなメリットです。

タイピングは大金をかけなくても身につけることができるスキルなので、将来のためにも小学生の頃からしっかり身につけておくことをおすすめします。

ララボで子どもの好きなことを教えてくれる先生を探してみよう!

ララボとは、学校の勉強以外のことに興味がある子どもと、得意なこと・好きなことを教えたい大人をつなぐ家庭教師マーケットです。

子どもの「やってみたい・知りたい」という意欲に合わせて、ネット上で自由に授業を選択することができます。

ララボはサイト上で授業内容と先生の顔を見ることができるので、安心してお使いいただけるはずです。また、1回ずつの使用で子どもの反応を確かめることができますし、初回無料の体験授業もあります。家庭教師ですので、送迎などの面倒もありません。

ララボには、子どもたちを夢中にさせる授業がきっとあります。ぜひララボを使って、子どもたちの興味を、将来に役立つ学びに変えてください。

ララボで習い事を探す
この記事を書いた人

ララボ編集部

ララボ編集部では、子どもたちの習い事に関する情報を執筆しています。「子どもたちの将来の選択肢が広がる」ことをミッションに活動しております。

関連記事

  1. プログラミング

    ロボットが子供に与える影響とは?知育と相性の良いロボット教材5選

    小学校でのプログラミング必修化に伴い、ロボット工作を通してプログラミ…

  2. プログラミング

    小学生のプログラミング学習はどっちを選ぶ?ロボット教室とプログラミング教室の違い

    小学校の授業で必修化されることが発表されたプログラミング。大切な我が…

  3. プログラミング

    東京は恵まれ過ぎ!?子供にピッタリなプログラミング教室の探し方

    選択肢が多い東京で、子供に最適なプログラミング教室の見つけ方をご紹介…

  4. プログラミング

    子供が無料でプログラミングを学べる教材3選|おすすめの教室も紹介

    「プログラミングを無料で学べる教材ってないかな?」「本格的に学ぶと言…

  5. プログラミング

    プログラミングって何?子供にプログラミングを習わせる理由

    これからはAIの時代と言われています。今の子供たちはパソコンができな…

  6. プログラミング

    該当したら要検討?プログラミング教室に通った方が良い中学生の3つの特徴

    中学生のあなたが、プログラミング教室へ通った方が良いタイプかどうかを…

  1. 習い事

    小学生向け科学実験教室の選び方 | 人気の4社を徹底調査
  2. 習い事

    日舞教室ってこんなにお金かかるの?始める前に知っておくべき金銭事情
  3. プログラミング

    小学生が自宅でプログラミングを勉強するメリットとデメリット
  4. 習い事

    高校生に人気の習い事は?習い事を始めるのは高校生でも遅くない!
  5. 絵画・漫画

    子供が楽しく通える絵画教室が人気!
PAGE TOP