子供を英会話教室に通わせたい理由と英語環境を作るおすすめおもちゃ&教材

英語・英会話

 

2020年度から小学校の授業でも英語が本格的に教科になります。以前から子供の習い事として人気があった英会話。親が子供に習わせたい習い事ランキングでも、常に上位に入っています。

今回は子供を英会話教室に通わせたいと考えている理由と、自宅で英会話の学習ができるおすすめのおもちゃや教材ご紹介します。

これから子供を英会話教室に通わせようか迷っている方の参考になればうれしいです。

子供を英会話教室に通わせたい親の本心(理由)とは?

習い事ランキングでも上位の英会話。ではなぜ、親は子供を英会話教室に通わせたいのでしょう?

1.  国際化社会になっていくため英会話は必須だから
2.  学校の授業で英語が教科になったから
3.  親自身、英語が苦手で学生時代に困ったから
4.  子供が英語に興味を持ったから

4番のように子供が英語に興味を持ったから英会話教室に通わせたいと思っているなら、ぜひ子供と相性のいい先生がいる教室を探しましょう。

しかし、大半は1番から3番までの理由で、英会話教室へ通わせたいと思っている親の方が多いのが現状。

子供が幼少期であればある程、本人の意志など確認して習い事を決めることは難しいので親の意向で決めることになりますよね。

英語に限らず、子供の将来に必要になりそうなことは、教育の一環として幼少期から触れておくことはとても重要な要素です。

しかし、習い事を選ぶ際に気を付けておきたいポイントは、「子供は親の願いをかなえるために習い事をするわけではない」ということです。

英会話教室に通うだけでは身に付かない|日常的に英語に触れる機会を作る

スポーツ選手のように、幼い頃から環境がバッチリ整えられていて、いつでもスポーツの環境にいられるからこそ将来につながることはありますが、それは親がしっかり環境を整えているから可能になること。

英会話で言えば、教室に行っている時間だけ英会話に触れているだけで、英語が話せるようになるわけはないのです。

日常的に英語に触れる環境があってこそ、国際化で使える英語力が養われます。学校の授業でも抵抗なく英語の学習ができ、学生時代、英語ができないという思いを抱えずにすむわけですね。

さらに、幼少期から英語に触れる環境にあってもなくても、子供の場合は自分のモチベーション1つでいかようにでもひっくり返ります。

必要にせまられ大人になってから始めた人であっても十分な英会話力がつくことは、たくさんの方達の成功例がありますよね。

要するに、「これからの時代は英語が必要=英会話を習わせたい」という答えだけでは不十分です。英語が必要な時代を生きる子供達のために、親は「どんな環境を用意できるのか」ということが、本当の意味で話せる英会話力を身に付ける土台になってきます。

親が英語を話せる必要はありませんが、家の中で英単語の1つも聞こえず、洋画・洋楽も流れていない、外国人と触れる機会もない環境で、子供にだけ英会話力を求めるのはお門違いというもの。

習い事ですので先生との相性は重要ですが、家の環境が整っていない状態では、どこの教室に通っても結果は同じ。家に帰ったら元通りになってしまいます。

どの英会話教室がいいのか、と情報を集める前に、親ができる環境の用意を考えてみるといいかもしれませんね。

英会話教室は実践の場、と考え、普段の生活の中から英語に触れられるように習慣化を検討してみてはいかがでしょうか。

とにかく、本当に使える英語の力を付けたいのであれば、英語に触れる時間量を増やしていくことが大切です。

英会話教室+子供が興味を持つ英語教材で話せる英会話を目指す!

それでは実際に英会話を習慣化できるような環境とはどのように作ればいいのでしょうか。一例をご紹介します。

子供に英語が聞こえる環境を作る

当たり前のことではありますが、聞いたことがない言葉は、理解することが出来ません。当然、話すことも出来ませんね。

子供に英語が話せるようになってほしいからと言って、「英語の勉強のために英語のDVDを見てみようね」と言われても子供は理由がわかりません。

なぜなら、子供は今、目の前の事で頭がいっぱいだからです。子供は遠い将来のことに思いをはせることはできません。考えてもせいぜい明日のことか1週間先のことです。

自分の目に見えているもの、聞こえているものに興味を示し、体で感覚を感じ取って知識や経験を作っている最中。

子供には全く想像もできないような未来の話をされても、目の前の遊びが優先なのです。

ということは、子供の目に入るところに英語があり、聞こえるところに英語があれば、「これ知っているぞ」という経験から興味を持たせることが可能になります。

具体的な例を4つ挙げてみます。

  1. テレビ(DVD・映画等含む)は英語で見る
  2. 英語の音楽を聴く
  3. 英語が流れるおもちゃで遊ぶ
  4. 英語が聞ける絵本を読む

これらは、普段の家の中でできることです。他に家の外で考えられるのは、海外旅行に連れて行ったり、ネイティブで話せる友達を作って遊ぶ、英語の幼稚園や学童に入る、ということが挙げられます。

習い事では、英会話教室に通ったり、オンラインの英会話授業を受けたりすることで、さらに英語への理解を深めることができますね。

このように、日常に英語があって、プラス習い事で学ぶからこそ、親の望む英語力が身に付くということになります。

英会話教室に自宅環境をプラス!子供が遊びながら英語学習ができるおもちゃ&教材

それでは早速、自宅で英語学習ができるおもちゃ&教材を紹介します。

タカラトミー はじめて英語 ディズニー&ディズニー/ピクサーキャラクターズ あそんでおぼえる!自動販売機

ディズニーの自動販売機おもちゃです。ジュースを買ったり、クイズが流れたり、音が流れるので、子供が夢中になって遊びます。

英語バージョンにしておけば、英語で自動販売機からミッキーの声が聞こえてきますので、遊んでいるうちに自然に英語が聞こえる時間を過ごせます。

おもちゃのメリットは、押したり触ったりすることで音が出たり声が出たり光ったり、反応が返ってくることで、子供が面白い!楽しい!もう1回やってみたい!と思うことです。

そのポジティブな感情とともに流れている英語が、いい意味で記憶として残るので、遊びながら英語学習が可能になりますよ。

リンク先:https://www.takaratomy.co.jp/

セガトイズ|アンパンマン ことばずかんシリーズ

タッチペンでタッチすると日本語や英語でことばが流れます。

生活でよく見るもの、子供が使うものなどが、アンパンマンのキャラクターとともに描かれているので、子供もとても親しみやすく英語に触れることができます。

子供の成長に合わせて、二語文を作れるようなモードがあるので、子供が飽きない工夫が満載。図鑑として長い期間使い続けられるおすすめの絵本です。

リンク先:https://www.segatoys.co.jp/anpan/kotobazukan/

世界中の子供が大好き|セサミストリートDVD

英語圏の教育番組でもあるセサミストリート。数や歌、生活に関することなどを人気のキャラクターが演出しています。

子供にDVDを見せる時は、親が日本語で言い直さないことをおすすめします。というのも、いちいち日本語に通訳してしまうと、日本語→英語というワンクッションを通って英語を覚えてしまうからです。

どうしても日本語がメインの日本での暮らしの中で、英会話を習得するのですから日本語の方がわかりやすいし、子供にとっても親しみがありますね。

英語はそのまま英語で覚えた方が良く、日本語→英語の脳回路はできれば作らない方が自然な英語が身に付きます。

ポイントは、ただ見ているだけです。映像を見ながら聞こえてくる英語が耳に入っているという感じです。

赤ちゃんが、親やいろんな人から日本語で話しかけられているうちに、1音ずつ言葉を発していくように、まずは聞くことに専念するということです。

たくさん聞いて、英語の情報が脳からあふれ始めれば、状況に会った英語のフレーズが自然に出てきます。

「言ってみてごらん?」「こういうことだよ、わかる?」という大人の介入は不要で、子供に自由に見せてみましょう。

リンク先:https://www.amazon.co.jp/

 ジブリ好きにおすすめ|世界で人気のジブリアニメ英語版DVD

世界でも評価が高いジブリアニメ。子供から大人までファンが多いアニメですね。

ジブリ映画には英語版のDVDがありますので、見るだけ英語学習ができます。

すでに話がわかっている小学生以降の子供などは興味がないと英語学習が難しくなるので、人気アニメDVDなどがおすすめです。

セサミストリートと同じく、理解しようとしなくても何度も見て聞いているうちに、ふっと頭に英語が入ってきますので、好きに見せておきましょう。

リンク先:https://www.amazon.co.jp/

英会話教室に通いながら自宅環境も整えることで自然に英会話を身に付けよう

子供の頃に覚えたことは、大人になってからもふとした瞬間に思い出すことがありますよね。

乳幼児期の英語教育はまさにこの現象が起きます。

英語を話そうと思うと何て言ったらいいのかを考えてしまって言葉が出ないものですが、英語のおもちゃや絵本で聞いたことがある何気ないフレーズ、映画の1言フレーズなどは似たような状況の時に自然に口から言葉が出てくるものです。

自宅学習でも英会話教室でも、英語に触れる時間が長いほど子供の身になることは確かですが、そこには興味が必要不可欠です。

大人の思いを押し付けてしまわないように、うまく子供を英語の世界に誘導していきましょう。

国籍の違う人と、英語で意志の疎通ができた時の感動は、翻訳機を通してできたものよりもはるかに大きな感動です。

うまく話せなくても聞くことができれば、コミュニケーションが取れます。英会話教室をうまく活用し、自宅の環境を整えることで子供の英語学習をサポートしていきたいですね。

ララボで子どもの好きなことを教えてくれる先生を探してみよう!

ララボとは、学校の勉強以外のことに興味がある子どもと、得意なこと・好きなことを教えたい大人をつなぐ家庭教師マーケットです。

子どもの「やってみたい・知りたい」という意欲に合わせて、ネット上で自由に授業を選択することができます。

ララボはサイト上で授業内容と先生の顔を見ることができるので、安心してお使いいただけるはずです。また、1回ずつの使用で子どもの反応を確かめることができますし、初回無料の体験授業もあります。家庭教師ですので、送迎などの面倒もありません。

ララボには、子どもたちを夢中にさせる授業がきっとあります。ぜひララボを使って、子どもたちの興味を、将来に役立つ学びに変えてください。

ララボで習い事を探す
この記事を書いた人

ララボ編集部

ララボ編集部では、子どもたちの習い事に関する情報を執筆しています。「子どもたちの将来の選択肢が広がる」ことをミッションに活動しております。

関連記事

  1. 英語・英会話

    中学生から英会話の習い事を始める子を持つ親ができる3つの行動

    子供が中学生になると学校でも英語の授業が本格化してきますよね。高校受…

  2. 英語・英会話

    自宅学習でも英語脳は身につく!小学生英語のススメ

    英語の学習法と聴くと、なんとなく英会話教室に通わせないと英語脳が身に…

  3. 英語・英会話

    実は性格が重要?!英語の習い事に向いている人に共通する4つの特徴!

    英語の習い事が向くかどうかは、実は子供の「性格」が大きく影響していま…

  4. 英語・英会話

    英語教育の改革で小学校はどう変わる?不安の声が多いのはなぜか

    2020年を境に、英語教育は大きく変わります。学習指導要領が、見直さ…

  5. 英語・英会話

    うちの子どもは才能なし?英語を習っているのに上達しない原因とは?

    小さい頃から子どもに英語の習い事をさせているのに、なかなか上達しない…

  6. 英語・英会話

    英会話教室?独学?小学生の英会話学習法の見つけ方

    2020年から、小学校でも英語が教科として導入されることはご存じだと…

  1. 音楽

    音楽の習い事は差が激しい!上達する子としない子の決定的な違いとは?
  2. スポーツ

    子供の将来を左右する?!スポーツの習い事で得られる貴重な体験
  3. 勉強・学習塾

    【小学生】タブレット学習の大手3社を徹底比較!業界が注目するサービス3選
  4. プログラミング

    scratchが学べるプログラミング教室|子供におすすめ6選!
  5. 英語・英会話

    小学生の英語が必修化!子どものために知っておきたい3つのこと
PAGE TOP