めちゃくちゃ珍しい習い事9選|全て知っていたらかなりすごい

習い事

 

あなたは、珍しい習い事と聞いて、何を想像しますか?

この記事では、習っていることで「珍しい!」と必ず言われる習い事を9つ紹介していきます。

名前が分かる習い事がいくつあったか数えてみてください。もし、全ての習い事の名前を知っていたら、あなたは習い事マスターです。

紹介する習い事の中には、「え、それって習えるの?」「周りに習っている人が一人もいない」というものがたくさん登場するはずです。

子供でも大人でも、何か他の人があまりやっていないことをやりたい!という方は、ぜひご参考にされてみてください。

珍しい習い事9選|意外性ばつぐん!

珍しい習い事をしていると、「え、なにそれ!」と周囲の注意を引くことができます。

話題のネタにもなりますし、「他に誰も持っていない特技」を持つことができるのです。逆に、同じ競技を楽しんでいたり、目標を持って打ち込んでいる同志との出会いも、かなり盛り上がるでしょう。

つまり、珍しい習い事というのは、「その習い事を知っている人も、知らない人も、どちらに対してもかなりウケる」という素晴らしい特徴があるのです。

それでは、以下で珍しい習い事を、9つ紹介していきます。

珍しい習い事①モトクロス

モトクロスと聞き、「バイクに乗って、あの凹凸の激しい危ない道を走る競技!?」と想像した方もいるかもしれません。モトクロスとは、まさにその想像した競技そのものです。

「バイクが必要という時点で、子どもにはできないのではないか」と思う人もいるでしょう。

免許とはそもそも、公道を走るのに必要なものです。そのため、レース会場を周回するだけであれば、免許はなくてもOKということになります。

モトクロス教室は、車離れ・バイク離れをする子どもに「待った!」をかけるために、メーカーや業者が手を組んで始めたそうです。

子供用のバイクを購入する必要がある場合もありますが、レンタルが可能である教室もあります。自動車が好きだという子どもに勧めてあげたいですね。

珍しい習い事②日本舞踊

日本舞踊を習う。という感覚はあまり無いかもしれませんね。普段、あまり目にする機会が無いからというのもあるでしょう。

日本舞踊は、子ども向けの習い事であると言われており、全国各地でたくさんの教室があります。

美しい所作、お行儀の良さなど、他では中々身に付けることのできない特技がたくさん身に付きます。着物を着付けることもできるようになるでしょう。それもまた、立派な特技です。

また、着物を着ている子どもというのは、大変に美しいです。

男の子は、凛とカッコよく、女の子は、お人形さんのように可愛らしい。写真を撮る手が止まらなくなりますよ。

珍しい習い事③阿波踊り

「踊る阿呆に見る阿呆、同じ阿呆なら踊らにゃソンソン♪」というお囃子言葉が有名な阿波踊り。徳島が発祥の地であり、日本三大盆踊りの一つです。

徳島でしか習えないと思いがちですが、実はそんなことはありません。東京都内では、高円寺を中心にたくさんの連(チーム)があります。

さらに、「人生を、賭けて悔いなし阿波踊り」と言われるほど熱中する人が後を絶えない踊りでもあるのです。

皆さんがご存知の通り、本番は夏になります。しかし、お祭りのあるところに阿波踊りあり。ということで、秋も冬も、実は色々なところで踊っています。

軽快な2拍子のお囃子に乗って踊ってみてください。その楽しさとリズムが、心と体が離れなくなりますよ。

また、阿波踊りは踊りだけではなく、鳴り物という楽器の集団を連ごとに持っています。

鳴り物は、鉦、大太鼓、締め太鼓、三味線、しの笛、鼓(つづみ)から成り、オリジナル曲や歌謡曲を奏でます。

「和楽器を経験してみたい」という子どもにもおすすめです。

珍しい習い事④ゴルフ

最近では、中学の部活動としての設立も増えてきており、ひそかな人気を誇るのがゴルフです。

ゴルフ場の数があまり多くない東京都内・大阪府内には教室が少ないですが、郊外や地方には、多くの子ども向けゴルフ教室があります。

しかし、都市部にも打ちっぱなしの練習場の一部を借りて練習するゴルフ教室があるようです。

ゴルフ自体は有名ですが、まだまだ習い事としては珍しい部類に入るでしょう。

子どもの頃に習っておくと、社会にでた時、ゴルフをする上司と盛り上がることもできますね。

珍しい習い事⑤カポエイラ

カポエイラは、ブラジルで生まれた護身術であり、ユネスコ無形文化遺産にも登録されています。

その昔、奴隷だった人々が「ダンスを踊ってます」というカモフラージュをしながら練習した武術が始まりなんだとか。

カポエイラから生まれる軽快な動きは、当時、音楽に乗りながら技を練習していたからであると言われています。

また、カポエイラは、軽快でアクロバティックな動きが特徴です。そのため、練習を続けることで護身術が身に付くだけでなく、逆立ちやバック転ができるようになると言われています。

珍しい習い事⑥詩吟(しぎん)

「吟じます!」で一躍、有名になった詩吟。

本来の詩吟は、教育文化振興事業の一環として、たびたび教室が開かれています。

日本の伝統芸能に触れておくことはとても大切です。これからの国際色豊かな日本では、きっと披露する場面も増えてくるでしょうし、海外に出ると必ずウケるからです。

小学生は数百円単位で受け入れてくれるところも多く、習い事として、実は穴場のような存在なのかもしれません。

珍しい習い事⑦ボルダリング

数々のメディアで取り上げられ、少しずつ有名になりつつあったボルダリングですが、東京オリンピックの種目に加えられたことで、一気に有名になりました。

狭くても高さがあればジムを開設できるため、ボルダリングを経験できるところもどんどん増えてきています。

ボルダリングを習得することで、小さい突起部分を掴む「指の力」だけでなく、「体の柔軟性」「バランス感覚」「体幹」など、体全体を鍛えることができます。

子どもでも練習すればひょいひょいと登っていきますが、実際にやってみるとかなり難しいです。ぜひ一度、子どもとチャレンジしてみてください。

珍しい習い事⑧アルゴクラブ

アルゴクラブは、子どもの考える力、創造力を鍛え、勇気や人への思いやりを育てることを目的として作られた教室です。

数理ゲームやパズルなどの教材を使い、いわゆる算数脳を中心に鍛えていきます。一部の学校や塾でも、アルゴクラブの教材が取り入れられています。

教材は一般向けにも販売されているので、一度購入してみて子どもの反応をうかがうのもよいでしょう。友達と一緒にも遊べるので、良いおもちゃにもなります。

数学オリンピックを目指したい子どもにおすすめしてあげたいですね。

アルゴクラブHP:www.algoclub.com/

珍しい習い事⑨和太鼓

和太鼓も、詩吟と同じく日本の伝統芸能です。

リズムを刻む練習から始め、ある程度叩けるようになったら譜面を見て演奏します。

発表会や演奏会を定期的に行っているところも多く、子どものモチベーションにもつながりやすいです。こちらもやはり海外で人気が高く、イベントでも多くの外国人が見に来てくれるのだとか。

持ち物もバチだけなので、手軽で費用も安く済みます。力強く、男らしい楽器を演奏する男の子はカッコ良いですよ。

もちろん、女の子でも和太鼓を習うことはできます。女性の和太鼓プロ奏者もいるほどです。

珍しい習い事を習得するメリット

習い事には、それぞれの特徴があり、習得することのメリットも違います。

以下では、これまで紹介した「珍しい習い事」全般を含め、習得することで得られるメリットを紹介していきます。

将来、差別化の要素になる!

子どものころに珍しい習い事を習得しておくことで、色々な場面で差別化の要素になってくれます。さらに、名前も覚えてもらいやすく、注目を集めやすいです。

例えば、就活の集団面接で「子どもの頃、カポエイラと日本舞踊をやっていました」なんて言えば、必ず目立つと思いませんか?

人の興味・目を引きやすいというのは、様々な場面で役に立ってくれるでしょう。

子どもの自信につながる!

「他の人にはできない、自分だけができること」というのは、子どもの自信につながります。

アルゴクラブで言えば、考える力。詩吟で言えば和の感性などがあります。阿波踊りは、踊るだけで人を笑顔にすることが可能です。

「私にはこれができる!」という自信は、試験や面接において、必ず役に立ってくれるでしょう。

他にも気になる方はこちらの記事もおすすめです。

珍しい習い事9選・まとめ

この記事では、珍しい習い事と、それを習うメリットを紹介してきました。いくつの習い事を知っていましたか?おそらく、全て知っていたという人は少ないのではないでしょうか。

サッカーや野球が苦手でも、ある分野において突出した才能を持っている子どももいます。

もしかしたら、この記事で紹介した「珍しい習い事」の中にあるかもしれませんね。

どの習い事も、やってみれば楽しいものばかりです。ぜひ一度、体験してみてはいかがでしょうか。

ララボで好きなことを教えてくれる家庭教師を探してみよう!

ララボとは、学校の勉強以外のことに興味がある子どもと、得意なこと・好きなことを教えたい大人をつなぐ家庭教師マーケットです。

子どもの「やってみたい・知りたい」という意欲に合わせて、ネット上で自由に授業を選択することができます。

ララボはサイト上で授業内容と先生の顔を見ることができるので、安心してお使いいただけるはずです。また、1回ずつの使用で子どもの反応を確かめることができます。家庭教師ですので、時間の融通も効き、送迎などの面倒もありません。

ララボには、子どもたちを夢中にさせる授業がきっとあります。ぜひララボを使って、子どもたちの興味を、将来に役立つ学びに変えてください。

ララボで習い事を探す
この記事を書いた人

ララボ編集部

ララボ編集部では、子どもたちの習い事に関する情報を執筆しています。「子どもたちの将来の選択肢が広がる」ことをミッションに活動しております。

関連記事

  1. 習い事

    いつから始める?子供の習い事はこんなタイミングがベスト!

    子供の習い事はいつから始めるのが良いのか、最適なタイミングをご紹介し…

  2. 習い事

    子供に人気の習い事と向き合い方|多すぎるとNGな3つの理由

    「子供の習い事って何歳のときから始めるべき?」「子供が習い事…

  3. 習い事

    習い事で子どもの夏休みを楽しく有意義に!人気の習い事トップ2とは

    「子どもにおすすめな夏休みの習い事って何だろう?」「安くて手…

  4. 習い事

    通学より人気?!自宅で出来る送迎不要の習い事が支持される理由

    通学より送迎不要の自宅の習い事の方が魅力的な理由や注意点についてご紹…

  5. 習い事

    もう悩まない!共働き世帯の子供におすすめの習い事3選

    共働き世帯にとっての困りごとの一つは「習い事をどうするか」です。…

  6. 習い事

    STEAM教育の背景と次世代を担う子供達に必要な教育

    2020年よりプログラミングが新たに学校教育に取り入れられることはご…

  1. プログラミング

    小学生のプログラミング学習はどっちを選ぶ?ロボット教室とプログラミング教室の違い…
  2. スポーツ

    高校生必見!ダンススクールに通う前に知っておきたい3つのこと
  3. スポーツ

    ヒップホップダンスに反対の親必見!子供に挑戦させてみるべき4つの理由
  4. プログラミング

    プログラミングって何?子供にプログラミングを習わせる理由
  5. 習い事

    子供youtuberが覚悟すべき3つのリスク!養成講座の習い事も人気!
PAGE TOP