ピアノ教室の費用相場|子供向けピアノ教室を選ぶ2つのポイント

音楽

 

監修者:ララボ運営責任者・子供プログラミング家庭教師  石川大貴

ピアノと女の子

子供の習い事として人気の高いピアノ教室。ヤマハやカワイのような大手ピアノ教室にした方がいいのか、個人で教えてくれるピアノ教室にした方がいいのか、迷ってしまいますよね。

ピアノ教室を選ぶポイントは、通う距離であったり、先生との相性であったり、発表会の有無であったり、いろいろあって何を基準に選べばいいのかわからない、という方も多いでしょう。

子供のピアノ教室を検討中の方へ、数字なので比べ安い費用相場からピアノ教室を選ぶ場合のポイントを3つご紹介します。

ピアノ教室の月謝の違いはレベルの違い?!幼児や初心者の費用が違う理由

大手ピアノ教室でも個人のピアノ教室でも月謝には多少の差があり、費用相場は5,000円から12,000円です。レベルの差によって初心者より上級者は月謝が高いことが一般的です。

ピアノ教室の月謝はレベルによって違いがある

大手ピアノ教室では、初級・中級・上級という表記ではなく、〇〇クラス(年少から)、ステップ、グレードなどのような表記でクラス分けをしています。各教室によって差はありますが、クラスが上がっていくごとに、およそ500円から1,000円月謝が上がっていきます。

個人のピアノ教室の場合は、先生により月謝の設定がさまざまですので相場という観点ではご紹介が難しいのですが、初心者から中上級者になるにしたがって、月謝に差が出てきます。

個人教室の場合もその差はおよそ1,000円から2,000円。個人のピアノ教室はレッスン代が大きく上がっているように感じますが、大手ピアノ教室は細かくクラス分けされていますので、結局レベルが上がることによる費用相場の差は、さほどありません。

レベルの差は、終わった教材によって変わってきますので、例えばバイエルが終了したら次のクラスの上がるというように教材の終了がレベル判断の基準とも言えます。

幼児・初心者クラスと中級・上級クラス|費用相場の違い

幼児や初心者レッスンに関しては、実際に「ピアノを弾く」というレッスンよりも、楽譜や弾き方を覚え、ワークやリズム、音感を身に付けたりとピアノを弾く以外の作業が含まれるのに対し、上級に上がるにしたがって、より専門的な音楽理論や解釈、技術的な奏法のレベルアップ法を教えてもらいます。

レッスン室ではピアノ1台、先生1人というところにレベルの差はありませんが、レッスンの内容は大きく違ってきます。より専門的な知識と技術が必要になるため月謝にも差が出るのでしょう。

【相場なし】ピアニストになる子供のレッスン料は先生によって違う

子供をピアニストにしたい場合、そのほとんどが音楽大学などの専門の先生にピアノを習います。通う先生によって月謝が違うこと、実際の費用相場などはあまり知られていないことが現実です。

ピアニストになりたい子供のピアノ教室を探す場合、費用が高いからやめるということも考えにくい世界です。ですから、費用相場という考え方はないと思っていいでしょう。

レッスン以外の費用が違う?賢いママは費用総額でピアノ教室を選ぶ

ピアノ教室を選ぶ際、月謝ばかりを気にして検討するのではなく、ピアノ教室に通う場合にかかる総額で判断しましょう。子供の習い事と言え、毎月の定額出費や発表会などの不定期出費が家計に響かないよう事前に把握しておくのが賢いママのポイントですよ。

入会金・施設費などのその他費用の差

個人のピアノ教室の場合、入会金がある教室とない教室があります。入会金は生徒の情報などのシステム登録や月謝の振替などの事務作業、また先生が生徒1人当たりに使うレッスン用の教材やご褒美シールなど、多岐にわたり関係していることが一般的です。

個人教室などは先生によって入会金がない場合もありますし、友達からの紹介の場合は入会金が免除になる場合もあります。どちらにしても、生徒が1人通うことでかかる教室運営維持費は必ず発生します。

別途費用として生徒から徴収するのか、入会金に含めてまかなうのかは教室や先生の運営方針によって変わってきますので、入会金の差が出てくるということになります。

ピアノの発表会・コンクール・グレードテスト費用の差

ピアノ教室に通い始めると、ほとんどの子供が参加するピアノの発表会。親も子供の華やかな姿をとても楽しみにしているでしょう。

ピアノの発表会費用の差は、規模の大きさの差であると考えられます。大手ピアノ教室の方が参加する生徒の数も多いので発表会の規模が大きく、個人のピアノ教室は規模が小さいことが一般的です。

個人ピアノ教室の場合、生徒の数が少ないことで発表会を行うことができず、他の個人教室と合同で行う、何年かに1度しか発表会を開催できないこともあります。

ヤマハやカワイなど大手音楽教室では、グレードテストと呼ばれるピアノのテストがあります。演奏のグレードテストの場合、受験料は2,000円から5,000円。

指導者クラスになるとレベルにより20,000円台になりますが、通常習い事で通っている子供達が受けるグレードテストの受験料は5,000円くらいまでが相場です。

個別でコンクールに出る場合は、コンクールにより費用が違いますが、5,000円から20,000円程度+交通費などの諸経費がかかります。参加費用は本線に残る程、上級になる程、費用が高くなることが多いです。

教材費・送迎交通費の差

ピアノの教材費に関しては、教本代が1冊1,000円位から購入できます。その他でかかる教材費に関してはノートやワーク代などでしょう。

1ヶ月で1冊の教本が終わるとすれば初心者の頃だけであり、レベルが上がるごとに教本代は年に何回かと考えておきましょう。または発表会用の楽譜購入代は、1曲であれば数百円から購入できますので、別途楽譜作成などを依頼しない限り、大きな費用がかかることはありません。

ピアノ教室まで電車やバスを使っている場合は交通費、親が送迎する場合の交通費やガソリン代などもピアノを習う際の費用総額に含めて検討しましょう。

お歳暮は基本不要!贈る場合は5,000円前後【感謝の気持ちを優先に】

ピアノ教室に通っている親によっては先生にお歳暮を贈る方がいます。基本的にピアノ教室に通うからといって、先生へのお歳暮は不要ですが、別段禁止されているわけでもありません。

お歳暮などの慣習は、一度始めてしまうとやめにくくなること、本来は子供にピアノを教えてもらうことが目的だということを忘れないように検討することをおすすめします。

教室にもよりますが、1割程度の生徒の親がお中元やお歳暮を渡しているのが現実。お歳暮を渡したからレッスン内容に差がでるわけではなく、贈る場合はあくまでも日本の慣習として先生への気持ちを伝える意味での贈り物と考えましょう。

子供のピアノ教室は費用相場+先生との相性で選ぶと満足度UP!

費用相場から子供のピアノ教室選びについてのポイントをご紹介してきました。

・レベルの違いで月謝は変わる

・レッスン以外の費用も含めて検討する

子供の習い事の満足度は、先生との相性に大きく左右されますが、費用面で安定して通えることも習い事を続けていく大切なポイントです。一部分だけで判断するのではなく、総合的な情報に目を向け、子供のピアノ教室を賢く選んでいきましょう。

この記事を書いた人

ララボ編集部

ララボ編集部では、子どもたちの習い事に関する情報を執筆しています。「子どもたちの将来の選択肢が広がる」ことをミッションに活動しております。

関連記事

  1. バイオリン

    音楽

    環境や親のサポートが必須!バイオリンの習い事が向かない場合とは?

    バイオリンの習い事は、誰でも気軽に挑戦できるものではありません。始め…

  2. ドラム

    音楽

    【子供の習い事】生きる土台を培うドラムの効果と応用性

    バンド演奏に欠かせないドラムはベースやピアノとともにリズム感を生み出…

  3. ピアノと子供

    音楽

    ピアノの習い事は子どもの頃に習って正解!大人になっても役立つメリットとは?

    子どもの頃からピアノを習っておくことで、大人になってからも得をする4…

  4. 子供のフルート

    音楽

    うちのこどもは大丈夫?フルートが向かない子の3つの特徴

    習い事を始める前にフルートが向かないこどもの特徴をチェックしておきま…

  5. ドラム

    音楽

    ドラムは子供でも5歳からできる!習う前に知っておきたい3つのこと

    「子どもにドラムを習わせてみたい」「子どもがドラムに興味を持…

  6. 子供用のギター

    音楽

    失敗したくない!子供用ギターや教室選びで注意したいポイント

    本格的に始める前に知っておきたい、子供用ギターや教室選びのポイントを…

ベネッセ 進研ゼミ 中学講座 資料請求プロモーション

人気の記事

通信教育のまとめ記事

PAGE TOP