芸能界を目指すキッズにおすすめ!ダンス教室でオーディション対策!

スポーツ

 

監修者:ララボ運営責任者・子供プログラミング家庭教師  石川大貴

ダンス教室

キッズダンス教室に通うことがなぜ芸能界を目指す時に役立つのかご紹介します。

小学生の将来の夢で、常に上位に挙げられる「芸能人」。

特に女の子からの支持が高く、芸能人になるためには、「スカウト」されるか、「オーディション」に合格する必要があります。

しかし、数多くの猛者が集まるオーディションは、そう簡単には合格できません!

芸能人を目指すなら、キッズダンス教室に通ってみることをおすすめします。

なぜキッズダンス教室がオーディション対策で有効なのか?

今回はキッズダンス教室が芸能界で生き残る上で重要な理由をご紹介します。

子供を芸能界に入れたいママさんは参考にしてみて下さい。

ダンス教室が芸能界のキッズオーディションで合否の鍵を握る?!

子供が芸能界に入る為にオーディションを受ける場合、書類選考を突破すると、自己紹介や特技を披露するオーディション本番を迎えます。

特に子供にとって大きな悩みとなるのが、「特技」の披露です。

子供の頃から何かに打ち込んで趣味や特技がある子供は良いですが、何も披露できるものがないと困ってしまいます。

趣味や特技がないと、子供の自信のなさがオーディションでも出てしまい、良い結果を得られない可能性もあるでしょう。

よく、芸能界のオーディションでは、ダンス、歌、楽器の演奏などを特技にしている子供が目立ちます。

実際、芸能界を目指す子には、キッズダンス教室や音楽教室に通っている子が多く、他の子供たちよりも頭一つ抜けた才能を持っている子も少なくありません。

自信をもって特技を披露している周りの子供に気持ち負けしてしまうと、自分に自信をもてなくなってしまい、なかなか上手に自分をアピールできなくなってしまうので、自分に自信を持てる特技を持っておくことは重要です。

しかし、ダンスを特技としてオーディションで勝負してくる子供は多いため、他の子供の実力次第では、自分のパフォーマンスが貧相に見えてしまう場合もあるかもしれません。

そんな時は、他人と比較して気落ちせず、自分は自分だと割り切ることが大切です。

堂々と演技を披露することによって、ダンスの技術差が目立ちにくくなります。

そもそも芸能界のオーディションでは、ダンスが上手いかどうかだけで、合否が決まるわけではないので、失敗しても問題ありません。

それよりも、いかに自分らしく堂々と個性をアピールできるかどうかの方が大切です。

キッズダンス教室でダンスのレッスンをしておけば、特技の披露に困ることがない上に、ダンスで身につけた舞台度胸で本番に強くなるので、オーディションを受ける時にこれまでの経験が役立ちますので、習っておいて損をすることはありません。

キッズダンス教室で学ぶ表現力が「俳優・女優」の道で生きる!

キッズダンス教室では、ただ踊りの技術を学ぶだけではありません。

実はダンスはステップの動きや体の使い方を学ぶだけではなく、俳優や女優にとっても大切な「表現力」を磨くのに有効な習い事です。

最初の頃は、ステップや動きを覚えるだけでも大変かもしれません。

しかし、プロとして活躍するダンサーの多くは、ただキレのあるダンスが出来るだけではなく、独自の「表現力」や「芸術性」といった個性を持っています。

例えば、日本を代表するダンサーとして有名な「菅原小春さん」は、パワフルで他の人には真似できない斬新な表現が魅力で、世界でも高い評価を得ています。

内側から湧き上がるようなパッションが感じられる菅原小春さんのダンスは、一度見たら忘れないほどの強烈なインパクトです。

トップで活躍をするダンサーになればなるほど、小手先のダンステクニックだけではなく、表現力や芸術性の有無が重要になってきます。

キッズダンス教室でも、レベルが上がればより高いレベルでの「演じる能力」が必要になってくるため、表現力を自分なりに身につけていくことになるでしょう。

そして、キッズダンス教室で磨いた演技力は、そのまま俳優や女優を目指す場合にも役立ちます。

実際、ダンスを得意としている俳優として有名なのが「森山未來さん」です。

森山未來さんは、海外にダンス留学をしたことがあるほど高い技術を持っており、映画「モテキ」ではキレのあるダンスが注目を浴びました。

また、女優としては「土屋太鳳さん」もダンス歴が長く上手なことで有名です。

土屋太鳳さんは、幼少の頃から日本舞踊やバレエをやっていて、高校の時には創作ダンス部で全国大会にも出場した経験があります。

長年培ったダンス技術は、シーア「アライヴ」の日本版ミュージックビデオで、ソロのダンスパフォーマンスを披露して話題になりました。

森山未來さんも土屋太鳳さんも、ダンスという特技を生かし、俳優や女優という枠を超えて活躍をしています。

入れ替わりが早い芸能界で、息の長い活躍をしていくのであれば、色々な特技を持っている方が、本人のためになるでしょう。

表現力もダンス技術も磨くことができる一石二鳥のダンス教室は、芸能界で俳優や女優を目指すキッズには挑戦してみる価値があります。

キッズダンス教室なら歌って踊れる「アイドル」の道も開ける!

キッズダンス教室は、アイドルを目指す子供には特におすすめの習い事です。

アイドルを目指す場合、オーディションに合格し、芸能事務所に所属したら、最終的には歌やダンスのレッスンを受けることになります。

アイドルは歌もダンスも練習する必要があるため、ダンスが苦手な場合は、事務所に所属してレッスンを受けるようになってからが正念場。

どうせ将来的にダンスが必要になるのであれば、やはり小さい頃からダンスの練習をしておく方が、事務所のレッスンにもついていきやすくなります。

将来を見据えてキッズダンス教室に通っている芸能界志望の子供は多いので、周りにダンス初心者が自分しかいない場合、ダンスについていけなくなってしまい、コンプレックスを抱いてしまう可能性もあるでしょう。

周りがハイレベルであればあるほど、ダンスレッスンについていけずに劣等感に悩まされやすくなり、自分に自信がなくなって芸能界を去ることになることも考えられます。

ダンスにコンプレックスがある場合は、特に運動嫌いな人の場合、少しでも早くからダンスに慣れておくことで、大人になってからダンスを始めるよりも苦痛が軽減できるでしょう。

アイドルになりたいという夢がはっきりしている場合は、将来に備えてキッズダンス教室に通っておく方が安心です。

同じ芸能界であっても、どんな道に進みたいかによって、必要となるスキルは変わってきます。

ダンスのスキルが最も必要となりやすいのは、やはり音楽の道に進む場合でしょう。

シンガーソングライターのような場合は、あまりダンスは必要になりませんが、ヒップホップ音楽やアイドルを目指す場合は、ダンスレッスンが欠かせません。

音楽の方向性も、ダンスレッスンが必要かどうかを決める重要なポイントになります。

プロ並みのスキルを身につける必要はありませんが、将来的にダンスレッスンが必要になった時に対応しやすくなる意味で、キッズダンス教室は有効です。

キッズダンス教室は、チケット制のレッスンも多く、平均的に1レッスン2千円前後と安く習い事を始められるので、一度レッスンを体験してみるのが良いでしょう。

実際にキッズダンス教室で体を動かしてみることによって、子供も気持ちが変わる場合があります。

やってみたいと思うのであれば、ダンスは芸能界に入っても役立つスキルなので、そのまま続けて見ても良いですし、もしも嫌がるようであれば、一度保留にしておく方が良いかもしれません。

子供本人が嫌がっているのに無理やりキッズダンス教室に通わせるのは、子供が余計にダンス嫌いになってしまう可能性があるので避けましょう。

キッズダンス教室で身につけたスキルは「タレント」でも発揮される!

キッズダンス教室で身につけた「社交性」や「舞台度胸」は、芸能界でタレントになった場合にも役立ちます。

タレントは俳優・女優・モデルなどに比べて、バラエティ番組への出場が多くなり、「トーク力」や「コミュニケーション能力」が必要とされます。

テレビ番組は数多くの共演者と一緒に一つの番組を作っていくため、身勝手で自分一人だけが目立とうとすると、周囲から浮いてしまったり、周囲の人に嫌がられてしまう可能性があるため、空気を察した気の利いたコメントができるかどうかというのが重要になります。

あまり迂闊なことを言って炎上騒ぎになったり、面倒なことになるのが嫌だからと、何もコメントをしないでいるのも、タレントとしてやっていくことが難しくなってしまうでしょう。

キッズダンス教室では、定期的に発表会で大勢の人前でダンスを披露することも多く、小さな頃から本番を経験することでタレントになっても通用する度胸を身につけることができます。

第一線で活躍している人気のタレントには、おどおどしたり、キョロキョロしている人は少ないですよね。

みんな堂々としていて、自信を持っている人が多いです。

特に人前に出ることが苦手な子供の場合、いきなり照れ症を克服するのは難しい物。

時間をかけて経験を積ませることによって、徐々に人前でも堂々と振る舞えるようになります。

タレントとして活躍している人は、少なからず人前に出る「度胸」が必要となるため、キッズダンス教室で舞台慣れしておくことをおすすめします。

また、バラエティ番組などでは、時々ダンスをテーマにした番組なども組まれています。

例えば、社交ダンスで有名になったキンタロー。さんは、学生時代に競技ダンスをやっていた経験ありますし、ナインティナインの岡村隆史さんは、中学時代にブレイクダンスの経験からダンスがとても得意なことで知られており、EXILEとのオファー企画でオカザイルとしてダンス共演を果たしたことがあります。

キンタロー。さんや岡村隆史さんのように、特技が後にテレビ番組の企画で生かされるケースも少なくありません。

キッズダンス教室の経験は、オーディション対策だけではなく、いつかタレントして活躍することになった時に大きな武器になるでしょう。

将来芸能界で生かせる習い事を選ぶのであれば、キッズダンス教室は選択肢の一つとしておすすめです。

この記事を書いた人

ララボ編集部

ララボ編集部では、子どもたちの習い事に関する情報を執筆しています。「子どもたちの将来の選択肢が広がる」ことをミッションに活動しております。

関連記事

  1. ダンス教室にいる子供

    スポーツ

    挫折する可能性大!子供向けダンスの習い事でよくある5つの問題点!

    子供向けダンスの習い事で挫折しやすい問題点を5つご紹介します。…

  2. ボルダリングをする子供

    スポーツ

    ボルダリングは子供の習い事に最適!親子関係も良好に!

    ボルダリングは五輪種目にも採用され、今子供たちの間で人気になっている…

  3. サッカー

    スポーツ

    サッカー選手になりたい!プロを目指すなら今すぐ習い事を始めよう!

    サッカーの習い事を始めたいと思っている人へ。気になるレッスン内容や費…

  4. ダンスをする子供たち

    スポーツ

    【ダンスの習い事費用相場徹底比較】子供にダンスを習わせる目的は?

    子供の習い事を考える時は、習わせたい目的から考えてみましょう。運動が…

  5. 野球

    スポーツ

    野球の習い事にかかる費用とメリット・デメリット|チームの選び方も解説

    「野球の習い事をするメリット・デメリットって?」「チームの選…

  6. ダンスを発表する子供

    スポーツ

    いじめの原因にも?苦手になる前に子どもにやらせたい必修科目のダンス

    中学の体育の授業で必修科目となった「ダンス」。信じ難いことですが、「…

ベネッセ 進研ゼミ 中学講座 資料請求プロモーション

人気の記事

通信教育のまとめ記事

PAGE TOP