価格重視は失敗のもと!小学生用パソコン選びで妥協しちゃいけない注意点

プログラミング

 

失敗しない小学生用パソコンの選び方をご紹介します。

自宅でプログラミングを学習するため、小学生用パソコンの購入を検討している人が増えています。

タブレットやipadは、持ち運びに便利な一方、負荷のかかる使い方や連続使用をしていると本体が燃えるように熱くなってしまうため、長時間の勉強には向きません。

どうせ小学生用パソコンを購入するのであれば、長く使えるものが良いですよね。

今回は小学生用パソコンを選ぶ時に妥協しない方が良いポイントについてご紹介します。

子供のパソコン選びで悩んでいる人は参考にしてみて下さい。

プログラミング学習で需要が高まる小学生用パソコン

小学校でのプログラミングの必修化に伴い、小学生用パソコンの需要が日に日に高まっています。

プログラミングでタブレットよりも小学生用パソコンが好まれるのは、プログラミングはブロックを組み立てて指示を出すなど簡単な内容であれば問題なく使用できますが、内容がより難しいものになってくると、タブレットでは対応しきれなくなってくる可能性があります。

最初は子供も抵抗感があるかもしれませんが、早くからパソコン操作に慣れておくと、後々のためになるので、最初からパソコンを選択することをおすすめします。

最近はタブレットのタッチ入力に慣れてしまい、職場でパソコンが使えない人も増えていると指摘されており、小さい頃からパソコン操作に慣れておくことは、就職してからも役立つでしょう。

ただし、プログラミング教室に通う場合は、教室で使用する機械は指定されることも多いので、教室の方針に合わせて購入した方が安心です。

小学生用のパソコンというと、出来るだけ親としてはリーズナブルで性能が良い物を求めてしまいますよね。

20万円以上するような高額なパソコンは要らないとしても、やはりある程度新しい機種で10万円程度で購入できれば嬉しいもの。

予算はそれぞれの家庭で違うと思いますが、まだ子供が小学校の低学年くらいで小さい場合は、高性能のパソコンを購入しても、子供が使いこなすことが難しいので勿体ないです。

もしも高性能のパソコンを購入するのであれば、もっと子供が大きくなってからの方が良いでしょう。

また、小学生の頃は落ち着きがない子供もいますので、パソコンにジュースをこぼして壊してしまう可能性が十分にあります。

パソコンがすぐに壊れてしまうことが心配な場合は、親が使っていた型落ちしたパソコンや、まずは安いパソコンから買い与えてみるのも良いかもしれません。

しかし、子供が落ち着いている性格であれば、小学生用パソコンを長期で使用することを見据えて、高性能な新しいパソコンを思い切って購入してしまうのもおすすめです。

次に、小学生用パソコンを購入する時に絶対に妥協をしない方が良い注意点を3つご紹介します。

小学生用のパソコンを購入して失敗しないように、事前に一読してみてください。

小学生用パソコンの注意点①価格が安い=性能も悪い

小学生用パソコンは価格の安さで選ぶと性能が低い可能性があります。

小学生用パソコンを購入する時に一番気を付けないといけないのが、「価格の安さ」だけで選んでしまうことです。

パソコンは安い買い物ではありませんので、出来るだけお得に購入したいという気持ちはありますよね。

特にノートパソコンはネットで安売りをしているお店を探せば、4万円前後で購入出来てしまう場合もあります。

ipadが5万円~7万円前後することを考えると、4万円前後で購入できてしまう安いノートパソコンは、一見お得に見えてしまうでしょう。

しかし4万円前後のノートパソコンだと、CPUは「Core i3」、メモリが「4GB」程度しかなく、例えば、プログラミング学習のために子供達に人気な「マインクラフト(マイクラ)」を使おうと思っているのであれば、かなり厳しいスペックになってきます。

簡単にいうと、スペックが低いと、様々なソフトが使えなかったり、よく止まったりします。

小学生用パソコンでマイクラの使用を念頭に入れているのであれば、CPUは「Core i5」、メモリは「8GB」あることが推奨されているので、Core i3を搭載し4GBでは心許ないでしょう。

Core i3は、文章の資料作成などデスクワークの使用をする場合は全く問題ありませんが、ゲームなどに使用する場合は、画像処理能力が遅く、ストレスを溜める可能性があります。

その点、Core i5は画像処理のスピードに長けているため、マイクラのようなゲームに使用しても快適にプレイができるのです。

また、一般的にセールで安く売り出されているパソコンも、「バージョンが古いタイプ」が多く、性能も最新の機種に比較して落ちてしまいがちなので注意が必要です

セールで小学生用パソコンを購入する場合は、価格ばかりに目を奪われず、スペックをしっかりチェックしておくことをおすすめします。

購入時点で最低限のスペックしか満たしていないものを買うと、今後アップデートなどが行われた時に、スムーズに操作できなくなってしまうかもしれません。

「買ったのに結局使えない」なんてことにならないように動作確認できるギリギリのスペックではなく、快適にプレイできるスペックを重視して小学生用パソコンを選びましょう。

小学生用パソコンの注意点②中古品は劣化の可能性がある

小学生用パソコンを中古で買うデメリットについて説明します。

新品のパソコンは、やっぱり性能が良いのはわかっているけど、それでも予算が厳しいと、中古にしようか考えてしまいますよね。

「今後買い替える予定だけど、とりあえず今は安いパソコンで済ませたい!」

そんな場合であれば、中古を割り切って使ってみるのも一つの方法です。

しかし、小学生用パソコンをできるだけ長く使い続けたいと思うのであれば、中古はおすすめできません。

新品未使用の状態で性能が良いものは別として、中古で安いものは、見た目だけではわかりませんが、内部は経年劣化ですぐに寿命を迎えてしまう可能性が考えられます。

ノートパソコンは平均的に5年、デスクトップは10年が寿命と言われます。

例えば、ノートパソコンを中古で購入する時点で、すでに製造から5年以上経っている場合、いつ壊れてもおかしくない状況です。

中古パソコンは一般的に、半年~一年程度の販売店の保証期間がありますが、中には保証期間が終了した後に、数回利用しただけで壊れてしまったなんてケースもあります。

中古のパソコンとはいっても、2万円~4万円程度はかかりますので、購入してからわずか1年程度で壊れてしまうと、結局損になってしまうでしょう。

中古で安く購入したパソコンがすぐに壊れてしまうと、新たに買い直しが必要になるため、長い目で見た時には、最初から新品のパソコンを購入した方が安かったと後悔する可能性もあるかもしれません。

小学生用パソコンを中古で購入するのであれば、販売店の保証期間が切れた時点で、かなり大きなリスクを背負う可能性があるということを考えておきましょう。

また、あまりにも古くなってしまったパソコンの場合、OSのサポートを受けられなくなってしまうのも難点です。

OSのサポート期間が過ぎてしまうと、セキュリティ面でのリスクが高くなり、ウイルス感染などのトラブルに見舞われる可能性が出てきます。

WindowsのOSサポート期間としては、メインストリームサポート(最低5年)+延長サポート (最低5年)=合計10年が目安です。

OSの提供が開始された時期を調べれば、大体どのくらいまでサポート期間があるのか予想することができます。

中古のパソコンは本体の寿命もOSのサポート期間も問題になりやすいため、小学生用パソコンとして購入する場合は慎重に検討しましょう。 

どうしても小学生用パソコンの価格を抑えたいなら「BTO」

小学生用パソコンはBTOで価格を安くすることができます。

中古だと本体の寿命が短く、安い新品のパソコンだと性能が悪いとなると、小学生用パソコン選びはますます難しくなってしまいます。

だからといって、高額なパソコンは小学生には勿体ないような気がしますよね。

「性能良くリーズナブルな新品のパソコンが欲しい!」

そんな時は、BTOパソコンを検討してみましょう。

BTOとは「Build to Order」の略で、プロセッサー、メモリ、ハードディスクなどを好みでオーダーメイドする組み立て式パソコンのことを指します。

国内の大手メーカーではBTOは販売しておらず、「ドスパラ」や「パソコン工房」などが有名です。

富士通やNECなどの大手の家電メーカーが販売しているパソコンの方が安心感はありますが、パソコンの使い心地や性能には大差ありません。

大手とBTOパソコンとの大きな違いは、「インストールされているソフトウェアの数」です。

大手のパソコンには最初から大量のソフトウェアがインストールされていますが、BTOには無駄なソフトウェアがインストールされていません。

そのため、BTOでパソコンを購入する場合、「Word」や「Excel」などが欲しい場合は追加料金で「Office」を購入する必要が出てきます。

無駄なソフトウェアが一切入っていない分、BTOは格安で性能の良いパソコンを提供することができるのです。

プログラミング目的で使用する小学生用パソコンであればOfficeは不要なので、BTOで購入する場合は追加しなくても問題ありません。

小学生用パソコンにシンプルな機能だけを求めるのであれば、BTOもおすすめです。

BTOならマイクラの推奨スペックを満たすノートパソコンが8万円程度で購入することも可能。

色々なソフトウェアがパソコンにインストールされていると、子供がゲームを見つけてしまった場合、プログラミングの学習をそっちのけで遊んでしまう可能性もあるので、無駄なソフトウェアがない方が、小学生用パソコンには向いています。

あまり名の知れないパソコンショップでBTOを購入するのが不安だという人は、大手メーカーの直販限定モデルもチェックしてみましょう

時期によっては、大手メーカーのオンライン直販サイトでもセールをしていて安い時期があり、マイクラ推奨スペックを満たすノートパソコンであれば、10万円程度で買える場合もあります。

市販では販売していない直販限定モデルは、あまりデザイン性は高くありませんが、性能も良くメーカー保証期間も長めに設定されているのが魅力です。

予算が10万円まであれば、小学生用パソコンは色々な選択肢があります。

家電量販店で展示されているパソコンだけではなく、ネット通販にしか対応していないメーカー直販サイトやBTOも色々と比較してみましょう。

ララボで子どもの好きなことを教えてくれる先生を探してみよう!

ララボとは、学校の勉強以外のことに興味がある子どもと、得意なこと・好きなことを教えたい大人をつなぐ家庭教師マーケットです。

子どもの「やってみたい・知りたい」という意欲に合わせて、ネット上で自由に授業を選択することができます。

ララボはサイト上で授業内容と先生の顔を見ることができるので、安心してお使いいただけるはずです。また、1回ずつの使用で子どもの反応を確かめることができますし、初回無料の体験授業もあります。家庭教師ですので、送迎などの面倒もありません。

ララボには、子どもたちを夢中にさせる授業がきっとあります。ぜひララボを使って、子どもたちの興味を、将来に役立つ学びに変えてください。

ララボで習い事を探す
この記事を書いた人

ララボ編集部

ララボ編集部では、子どもたちの習い事に関する情報を執筆しています。「子どもたちの将来の選択肢が広がる」ことをミッションに活動しております。

関連記事

  1. プログラミング

    子供が無料でプログラミングを学べる教材3選|おすすめの教室も紹介

    「プログラミングを無料で学べる教材ってないかな?」「本格的に学ぶと言…

  2. プログラミング

    プログラミングって何?子供にプログラミングを習わせる理由

    これからはAIの時代と言われています。今の子供たちはパソコンができな…

  3. プログラミング

    【2020年必修化】小学校プログラミング教育とは?いったい何の言語を教えるのか

    小学校の新学習指導要領が2017年3月に公示され、2020年度から小…

  4. プログラミング

    【女の子向きプログラミング教材】遊びながら学べるおすすめ6選

    小学校でプログラミングが導入されることにより、注目度が上がっているプ…

  5. プログラミング

    東京は恵まれ過ぎ!?子供にピッタリなプログラミング教室の探し方

    選択肢が多い東京で、子供に最適なプログラミング教室の見つけ方をご紹介…

  6. プログラミング

    人気の小学生向けロボット工作6選|プログラミングを学ぼう!

    2020年、小学校へのプログラミング必修化に伴い、小学生でも楽しめる…

  1. 習い事

    小学生の習い事の数で多いのは2個!費用や親の負担について解説
  2. 絵画・漫画

    一生物の画力を身につける!子供も喜ぶ絵画教室のメリット
  3. 勉強・学習塾

    小学生の通信教育にタブレット学習をおすすめする3つの理由とは?
  4. 書道・習字

    習字での習い事で知っておきたい「費用・メリット・選び方」について
  5. スポーツ

    運動音痴な小学生ほどおすすめ!期待以上に楽しめる陸上教室の魅力!
PAGE TOP