やらせるならコレ!親子で満足度が高い男の子の習い事ベスト3

習い事

 

これから習い事を始める男の子におすすめしたいベスト3をご紹介します。

そろそろ子供に習い事をさせたいと検討中のママさんにとって、どんな習い事の人気があるのか気になりますよね。

自分が子供の頃にはなかった習い事もあるため、目移りをしてしまう人も多いでしょう。

特に今回は親子で満足が高い「男の子の習い事」についてピックアップしてみたいと思います。

男の子を持つママさんは、スクール選びのヒントにしてみて下さい。

「やって良かった!」と男の子に高評価の習い事の特徴とは?

親子で満足度の高い習い事の特徴について詳しく解説しましょう。

男の子の習い事で、親子で「やって良かった!」という声が聞かれるのは、やはりスポーツの習い事です。

スポーツの習い事は、「体力作り」に役立つという意見が多く、未就学児から通わせる家庭が多く見られます。

小学校にもなれば、子供は一人で通学路を歩いて学校へ通うことになります。

家と学校の距離が遠い場合は、未就学児の頃からしっかり体力作りをしていないと、通学だけで疲れてしまい、学校に行っても授業に集中出来なくなってしまう可能性があります。

また、風邪を引きやすく病弱な子の場合、学校からしょっちゅう連絡が来て、お迎えが必要になってしまうこともあるでしょう。

共働きをしている家庭の場合、子どもがしょっちゅう体調を崩して、学校のお迎えが必要になると、仕事にも大きく影響してしまいますよね。

やはり元気で風邪を引かない身体作りをしておくと、小学校に上がってから、親が体調不良で迎えに行く手間もなくなるので、未就学児の間にスポーツの習い事で体力作りをしておくことは有効な手段です。

そして何より、中学受験を検討している家庭にとって、病弱でしょっちゅう学校を休むことは、受験でマイナスになってしまうのが難点。

特に今人気の公立中高一貫校の場合、内申では「出席数」が非常に重視されているため、後に合否を左右する重大なポイントになる可能性があります。

地域や学校によってそれぞれ基準は異なりますが、一般的には年間で10日以上の欠席があると公立受験では不利になる傾向があると言われているので体力がない子は注意が必要です。

スポーツの習い事をすると、体が鍛えられるので、体力もついて免疫力が高まると、風邪を引きにくくなります。

未就学児の頃に、既に親から見て「体力がないな」と思うのであれば、今後のことを考えてスポーツの習い事をやらせてみるのもおすすめです。

男の子に高評価な習い事・1位水泳

男の子だけではなく女の子にも絶大な人気なのが「水泳」です。

基礎体力作りや学校の体育の授業で役立つ不動の人気を誇る習い事です。

水泳は小学校に上がると、体育の授業でも役立つので、積極的に通わせる家庭が多いですね。

幼稚園でもスイミングを取り入れている所も少なくないので、自然と子供が興味を持ちやすい場合もあるでしょう。

水泳は体への負担が少ない上、全身を使う有酸素運動なのでダイエットにも効果的です。

最近は運動不足による子供の肥満が問題視されているため、子供の肥満に悩む人にも水泳はおすすめできます。

太っている人がいきなり陸上運動を始めると、体重の負担がモロに膝にかかって痛めやすいため、浮力で体への負担が軽減される水泳の方が安心です。

水泳は基本的に、クロール・背泳ぎ・平泳ぎ・バタフライの四泳法を覚えると、タイムを競ったり長距離を泳げるようにする訓練が始まります。

早く水泳を始める子の中には、選手コースへ誘われる場合もあるでしょう。

水泳はどこの地域でもスクールが多く、誰でも簡単に入会しやすいのが魅力です。

月謝も週2回で9千円前後と比較的リーズナブルです。

水泳・キャップ・バスタオル・ゴーグルなども、一度購入してしまえば頻繁に買い替える必要もないですし、1万円程度あれば買い揃えることができます。

また、スイミングスクールは春などに入会キャンペーンをやっていることが多く、タイミングが良ければスイミンググッズや入会金(2千円~3千円程度)が無料になるケースも多いです。

早く泳げるようになりたい場合は、週1回よりも週2回のレッスンを選んだ方が、早く卒業できる可能性が高くなります。

進級テストも2カ月に1回のスクールより、毎月1回あるスクールの方が早く次の級へ進めるので、子供をやる気を出しやすくなるのでおすすめです。

スクールによっては、なかなか進級させてくれないケースもあり、あまりにも1つの級で足踏み状態が長く続くと、子供が自信を失くしてしまう可能性も出てきます。

スイミングスクールを決める時には、実際に通っている子供の親から話を聞いてみるのがベストです。

また、家からスイミングスクールが遠い場合は、お迎えのバスが運行されているかどうかも重要なポイントになります。

男の子に高評価な習い事・2位英会話

男の子の習い事で、スポーツ以外で人気があるのが「英会話」です。

英会話ができれば就職の際にも有利になり、社交性も磨ける人気の習い事となっています。

英語は2020年から小学校で正式な必修科目となることが決定しました。

文系に進んだ場合でも、理系に進んだ場合でも、英語は必ず受験科目としてつきまとう為、早くから慣れ親しむようにしたいと思う家庭が多いようです。

特に最近は会社でも英語を使う業務が増えており、大人になって就職活動や出世で有利になる可能性もあるため、小さい頃から英語力を鍛えておくと将来役立ちます。

特に英会話は、塾や公文で机の上で学ぶ英語学習とは違い、コミュニケーションを通じて学ぶため、お勉強嫌いな子供にも挑戦しやすい雰囲気が魅力です。

子供の英会話はグループレッスンとマンツーマンレッスンの両方があり、ワイワイ友達と明るい雰囲気で英会話を学びたい子供にはグループレッスン、子供のペースに合わせてゆっくりレッスンを進めたい場合にはマンツーマンレッスンの方が合うでしょう。

大手の英会話スクールの場合、グループレッスンの場合は1回3千円~4千円前後、マンツーマンレッスンの場合は1回7千円~8千円程度かかります。

グループレッスンはディスカッションなど、大人数だからこそできるレッスンも含まれており、コミュニケーション能力を磨くこともできるので、非常にコスパの高いコースです。

ただし、グループレッスンは大勢の子供が揃うため、一回のレッスン内で英語を話せる時間が短くなってしまうのがデメリット。

マンツーマンレッスンは、講師とじっくり話すことができるので、英会話のスピーキングの練習が十分に出来るのが魅力です。

一方、レッスン費用がグループレッスンよりも高く、友達とのコミュニケーションもほとんどないのがマンツーマンの難点です。

子供の性格によって、どのレッスンスタイルが合うかどうかは違ってきます。

子供の英語力が、他の生徒に比べてずば抜けて高かったり、低すぎたりする場合は、マンツーマンレッスンを受けた方がおすすめです。

レッスン料金をどうしても削りたいという場合には、オンライン英会話も一つの手段になります。

オンライン英会話だったら、パソコンとネット環境さえあれば、いつでも自宅で英会話レッスンを始めることができるので便利です。

ただし、オンライン英会話で低価格を売りにしているスクールは、大体アジア人講師が多くなるため、欧米のネイティブを希望している人には、なかなか望み通りの講師が見つからない場合もあるので注意しましょう。

オンライン英会話でも、欧米人のネイティブ講師は、アジア人講師より単価が高い傾向がありますが、数がそれほど多くないため、利用するオンライン英会話スクールによっては予約が困難になるかもしれません。

しかし、習い事を掛け持ちしている子供の場合は、通学が不要で、自宅で好きな時にレッスンを受けられるオンライン英会話はスケジュールを組みやすく、他の習い事との両立がしやすいというメリットもあるのでおすすめです。

・こどもマンツーマン英会話のGaba(無料体験レッスンあり)

【Gaba kids】こどもマンツーマン英会話

英語教室と英会話教室の違いについてもっと知りたい方はこちら。

男の子に高評価な習い事・3位楽器

男の子の習い事として、ママ人気が意外に高いのがピアノやバイオリンなどの「楽器」です。

楽器の習い事をしている男の子は、「性格が穏やか」と評判で、活発な男の子よりもママにとって扱いやすい部分があるようです。

男の子を育てているママさんは、活発で元気いっぱいに育てたい人もいれば、礼儀正しく知的に育てたいという人もいますよね。

男の子を育てる「母親の理想」によって、男の子の教育方針がかなり変わってくるのが特徴です。

楽器の習い事は、集中力を高めたり、音感を鍛えるのに役立ちます。

特にコンクールなどで受賞歴がある場合は、受験でも有利になるため、楽器は習っておいて損はありません。

学校でも楽器の演奏をする機会は多いですし、楽譜がスラスラ読めるようになっていることは音楽の授業で役立ちます。

楽器の中でも特に人気が高いピアノの月謝は5千円程度で、一般家庭でも利用しやすいです。

一方、楽器の中でもバイオリンのような弦楽器は、スクール数が少ない上、子供が小さいうちは親が調弦をサポートする必要があるため、共働きで忙しく、子供のフォローができない家庭には少しハードルが高く感じられるかもしれません。

バイオリンの月謝はピアノより高めで、平均的に月額1万円程度かかります。

また、楽器の習い事は住まいによっては向かない場合もあります。

賃貸の集合住宅に住んでいる場合、防音設備が整っていないので、自宅で楽器練習をすると騒音問題になってしまうので気をつけないといけません。

電子ピアノのように、音を消したりすることが出来る場合は良いですが、バイオリンのように音を消すことが難しい楽器は集合住宅に住んでいるとなかなか挑戦することができないので、練習環境を確保しにくいという難点があります。

楽器の習い事は、レッスン以外に自宅でも十分に練習をしないと上達しにくいので、やりたいかどうかという気持ちの問題だけではなく、練習できる環境をしっかり確保できるかどうかをよく考えて検討しましょう。

自宅で練習が出来ない場合は、楽器演奏が可能な練習スタジオを借りたりする費用が余計にかかります。

また、弦楽器はピアノとは違い、子供の成長に合わせて楽器を買い替える必要があるため、ピアノを習うよりも経済的な負担が大きくなることも考えておきましょう。

特に男の子の場合は、女の子とは違い、中学校以降もどんどんと体格が大きく変化していきますので、買い替えの回数も多くなる可能性があります。かかる費用は事前に知っておくと後々困らないでしょう。

習い事の費用一覧について知りたい方へ。おすすめの記事はこちら。

親子で満足度が高い男の子の習い事ベスト3・まとめ

今回は親子で満足が高い「男の子の習い事」をご紹介しました。

まだ小さい男の子や小学生の場合には、親が用意する環境によって子供の成長も大きく影響してきます。

「どんな習い事をさせるか」も親にとって悩み事ですよね。

今回ご紹介した「水泳・英会話・楽器」の習い事は、どれをとっても間違いない不動の人気を誇る習い事です。

都市部でも地方でも、比較的習える場所が多いのでこれから習い事を検討している方はぜひ参考にしてみてください。子供さんが、夢中になれる習い事が見つかるといいですね。

ララボで好きなことを教えてくれる家庭教師を探してみよう!

ララボとは、学校の勉強以外のことに興味がある子どもと、得意なこと・好きなことを教えたい大人をつなぐ家庭教師マーケットです。

子どもの「やってみたい・知りたい」という意欲に合わせて、ネット上で自由に授業を選択することができます。

ララボはサイト上で授業内容と先生の顔を見ることができるので、安心してお使いいただけるはずです。また、1回ずつの使用で子どもの反応を確かめることができます。家庭教師ですので、時間の融通も効き、送迎などの面倒もありません。

ララボには、子どもたちを夢中にさせる授業がきっとあります。ぜひララボを使って、子どもたちの興味を、将来に役立つ学びに変えてください。

ララボで習い事を探す
この記事を書いた人

ララボ編集部

ララボ編集部では、子どもたちの習い事に関する情報を執筆しています。「子どもたちの将来の選択肢が広がる」ことをミッションに活動しております。

関連記事

  1. 習い事

    日舞教室ってこんなにお金かかるの?始める前に知っておくべき金銭事情

    日舞教室は礼儀正しさや美しい所作が身につき、子供に習わせるメリットが…

  2. 習い事

    ついに来た「ステム教育の時代」!あなたの子供は対応できる?

    日本で広がり始めた「ステム教育」についてクローズアップします。最近、…

  3. 習い事

    【女の子】習い事の人気ランキングTOP10

    「女の子から人気の習い事ってなんだろう?」「習い事にかかるおおよその…

  4. 習い事

    一目でわかる!子供の習い事にかかる費用一覧2019

    子供の習い事、どんな習い事にどのくらいの費用がかかるのか気になります…

  5. 習い事

    二度とない小学生時代に親の愛を!習い事をする理由&おすすめ10選

    現代では、小学生・中学生の約7割の子供達が、塾やスポーツなど何かしら…

  6. 習い事

    共働きで習い事に通わすのは大変?共働き家庭が選ぶ3つの条件

    「共働きだから習い事をさせようかどうか迷う」「他の親御さんは…

  1. 絵画・漫画

    小学校のお受験に絵画のスキルが必要?絵画教室の気になる費用相場は?
  2. 習い事

    オンラインでできる子供向けの習い事|受験に役立つ習い事を紹介
  3. 書道・習字

    ペン習字の修得におすすめの書道教室4選|選び方や通うメリットを解説
  4. 習い事

    習い事を辞める子どもからのサイン?辞めさせても良い4つの理由
  5. プログラミング

    プログラミングって何?子供にプログラミングを習わせる理由
PAGE TOP