英会話教室?独学?小学生の英会話学習法の見つけ方

英語・英会話

 

2020年から、小学校でも英語が教科として導入されることはご存じだと思います。困ったことに親世代は小学生から英語を勉強していたわけではないので、子供にどうやって英語の勉強をさせればいいのか、わからない方が多いのではないでしょうか?

小学生時代の英語の授業は、大半が英会話のみ。教科書などもありますが、楽しく遊びの中で英語に触れていく授業ですので、文法というよりは英会話を勉強すればいいということになりますね。

では、小学生が英会話を勉強する場合、どのように勉強していけばいいのでしょうか?勉強に対して効率などを求めない子供にできる学び方を考えていきましょう。

子供に英会話を習得させたいと思うならまずは子供を理解することが必須

英語や英会話などの外国語は、日本語ではないため、コミュニケーションがうまく取れない、うまく伝えられないことから「できない」と感じやすい学習でもあります。

子供の勉強方法について「何が正しい」といえるものはありません。

なぜなら、人間、みな違うからです。当たり前でしょ、と思われるかもしれませんが、子供に何かを学ばせよう、身に付けさせようと思う場合、意外と盲点となっているのが「人間、みな違う」ということです。 

生まれ持った脳のしくみ・生まれた後の環境・発達段階が全員違うということ

ほぼ全員がみな違う脳を持っている時点で、同じものを見たり聞いたりしても、覚え方や記憶の方法、脳の処理や思い出す方法などに違いが生じます。

理屈で聞けば「そうだよね」と思いますよね。

ところが、親が子供に勉強を教えようとする場合のほとんどが、自分が過去にやってきた勉強法をそのまま子供に教えようとします。

そして、子供がうまく理解できないと、「どうしてわからないの?」という思いを抱いてしまうんですね。親子あるあるが目に浮かびませんか?

これは、「人間、みな違う」ということを頭ではわかっていても、実際には応用できていないという現象の表れでしょう。

子供だから、親の自分と同じ脳の構造で、同じ神経のつながりなのかというと、それは違いますよね。

脳のしくみが例え同じであったとしても、親が違えば環境は違いますし、発達段階によっても異なります。

ですので、まずは「自分の子供に合った勉強方法を見つける」という認識が大切です。みんながやっている勉強方法が、自分の子供に合っているとは限りません。

子供に合った勉強方法を見つけるためには、自分の子供が何を・どこまで・どう理解しているのか、どれだけの体験と経験を持っているのか、性格、何に興味を持ち何に興味を持たないのかなどを把握することから始まります。

この時点で「面倒くさい」と思ってしまうかもしれませんが、この辺りの事を理解することで、親が理想とする英会話学習と、実際に子供が習得する英会話学習のギャップが少なくなります。

英会話教室に習いに行こうと、独学で習得しようと、大事なことは「子供に合っているのかどうか」ということです。

英会話教室に習いに行くことが小学生の英語学習としてベストなのか?

「子供に英会話を習わせたい」と思ったら、「英会話教室の習い事をする」という候補が真っ先に浮かびますよね。

確かに間違ってはいません。

英会話教室は、子供の特性を理解した上で、どうやって学習を進めていけば子供が英会話を習得できるのかのノウハウを経験上知っています。

環境もそろっていますので、集中して英会話学習の時間を過ごすことができるでしょう。

また、英会話教室の先生方はその道でお金をもらっているプロですので、一定の効果は見込めるでしょう。ただし、注意点もあります。

子供の興味や先生との相性により学習の習得には差がでる

英会話教室に習いに行ったとしても、子供の場合は習得に大きな大きな差がでます。何年習っていても全く身に付いてないと感じる子もいますし、あっという間に上達したと感じる子もいます。

これには、子供の性格や特性も関係しますし、先生との相性も関係してきます。

先生も万能なわけではなく一人の人間ですので、子供の性格や特性を一人一人正確に把握し、完璧なレッスンができるわけではありません。

学習の習得には、楽しい、面白いなどの感情が後押しすることで、スキルとして習得されますが、中には子供の興味をうまく引き出せず、結果が出ない場合があります。これは先生が悪いというだけの話ではなく、根本的に英会話が向いている子とそうでない子がいるということです。

相手を敏感に察知できるタイプとできないタイプでは、教え方にも違いがでてきますし、論理的に物事を整理できるタイプと直感的に判断していくタイプでもレッスン内容に差がでます。

もちろんこれは、親子関係でも言えることで、親のタイプと子のタイプによっては、親が教えた方がいい場合、親以外の大人に教えてもらった方がいい場合、あるいは先生を変えてみたら上手くいく場合などが発生するわけです。

ですので「英会話の習得に英会話教室に行くことがベストなのか?」ということについて考えるとすると、「うちの子供は、どの環境で誰に教えてもらうのが一番良いのか」を考えると良いでしょう。

子供の特性により学習環境は柔軟に考えた方が良い

「先生」と名のつく方々はそれぞれの勉強をされているプロではありますが、必ずしも「教えること」もプロであるとは限りません。特に、子供の発達面に関しては、それぞれ子供の特性は違います。

また、一般的に英会話教室は個別指導よりも、他の子供と一緒にワイワイ英語に触れる形が多いです。

例えば、人の気持ちや空気を敏感に感じすぎる敏感気質タイプの子供や、先生に言われたことよりも自分の興味があることだけにのめり込むタイプの子供もいます。

みんなが同じ方法で、習得を目指すことが難しい場合もあります。

うまく特性を理解し、配慮をすることで、人とは違うやり方で習得することができるのですが、親も学校も気づかずにみんなと同じ方向を向き、みんなと同じ方法をとり、子供が苦しんでいる場合もあります。

このようなタイプの子供の中には、自分の興味と合致していれば、先頭を切ってスキルを習得していける子もいれば、個別の学び方を提供してあげること、声掛けなどのちょっとした配慮でうまくいく場合があります。

場合によっては、教室に通うこと、人と接すること自体がストレスになるタイプもいます。その場合はオンラインレッスンや独学という方法が合っているということになりますね。

このように、英会話を習得するということは、子供の特性や気質も大きく関係してくるということになります。

まずは、「子供に合った英会話学習はなんだろう」と考えることからがスタートです。

小学生にできる英会話の学び方のまとめ

 ここまでの話を簡単にまとめます。

【問題点】

  • 英会話は母国語ではないので「できない」を感じやすい
  • 親世代が小学生時代の英語経験がないため学習方法がわからない

【小学生でもできる学習方法のまとめ】

  • 子供の特性を理解する
  • 子供の特性や気質に合う学習環境を考える
  • 英会話教室に行くか、オンラインにするか、独学にするかを選ぶ&試す

以上のことを踏まえた上で、英会話教室に行くのであれば、次の3つの方法があります。オンラインレッスンの場合もネットで検索できます。

  1. ネット検索
  2. 地元を調べる
  3. ママ友ネットワークをフル活用する

独学を選ぶのであれば、次の6つのパターンを検討してみましょう。

  1. 通信教育をチェック(チャレンジやポピーなど)
  2. アプリを使って学習
  3. YouTubeやDVDなどの動画で学習
  4. オンライン授業をチェック
  5. 子供用の本や教材を探す
  6. アニメや映画を英語で観る(聞く)

最終的に英会話の学習をする・しないの決定は子供の意志にゆだねるとして、ある程度の情報を事前に調べておくこと、子供に合った環境の選択肢を提示してあげることは、親にできることです。

子供の将来のためを思うのであれば、「英会話を身につけさせたい」という思いだけで判断するのではなく、子供のできること・できないこと、特性を認めてあげることでその子にとっての最善の環境を用意していくことができるのではないでしょうか。

ララボで子どもの好きなことを教えてくれる先生を探してみよう!

ララボとは、学校の勉強以外のことに興味がある子どもと、得意なこと・好きなことを教えたい大人をつなぐ家庭教師マーケットです。

子どもの「やってみたい・知りたい」という意欲に合わせて、ネット上で自由に授業を選択することができます。

ララボはサイト上で授業内容と先生の顔を見ることができるので、安心してお使いいただけるはずです。また、1回ずつの使用で子どもの反応を確かめることができますし、初回無料の体験授業もあります。家庭教師ですので、送迎などの面倒もありません。

ララボには、子どもたちを夢中にさせる授業がきっとあります。ぜひララボを使って、子どもたちの興味を、将来に役立つ学びに変えてください。

ララボで習い事を探す
この記事を書いた人

ララボ編集部

ララボ編集部では、子どもたちの習い事に関する情報を執筆しています。「子どもたちの将来の選択肢が広がる」ことをミッションに活動しております。

関連記事

  1. 英語・英会話

    小学生におすすめ!自宅で学べる無料の英語教材8選

    近年では小学生の授業でもすでに英語の勉強が始まっています。習…

  2. 英語・英会話

    英語の次に人気な外国語!スペイン語の子供向け勉強方法

    スペイン語は今や世界で、中国語や英語に次ぐ母語人口の多さを誇る言語で…

  3. 英語・英会話

    子供の習い事ランキング上位!英語教室には何歳から通うべき?

    子供に通わせたい習い事として人気を集めるのが英語教室です。国…

  4. 英語・英会話

    実は性格が重要?!英語の習い事に向いている人に共通する4つの特徴!

    英語の習い事が向くかどうかは、実は子供の「性格」が大きく影響していま…

  5. 英語・英会話

    中学生から英会話の習い事を始める子を持つ親ができる3つの行動

    子供が中学生になると学校でも英語の授業が本格化してきますよね。高校受…

  6. 英語・英会話

    小学生からはじめる英語学習とそのメリット

    2020年よりスタートする小学生の英語教育義務化が決まり、小学校の英…

  1. 習い事

    ついに来た「ステム教育の時代」!あなたの子供は対応できる?
  2. 習い事

    オンラインでできる子供向けの習い事|受験に役立つ習い事を紹介
  3. 習い事

    子供の集中力を上げる習い事・方法とは?|集中できる環境を作る方法
  4. 料理

    子どもが料理の習い事を始める前に知っておきたいメリットとデメリット
  5. スポーツ

    文化祭で大活躍!高校生からダンス初心者を始めたいあなたへ
PAGE TOP