キャラクターデザインのコツが知りたい!プロ級画力をつけるには?

絵画・漫画

 

キャラクターデザインのコツを学ぶ方法や独学の問題点についてご紹介します。

世界的に評価が高い日本のアニメやゲームに関する仕事として、今キャラクターデザインが憧れの職業として注目をされています。

いくら絵が好きでも、画家として生活していくのは難しいですよね。

しかし、キャラクターデザインだったら、現実的に働きながら食べていくことができます。

今回はキャラクターデザインのコツの学び方について、具体的な方法をご紹介したいと思います。

特に将来的にプロを目指したい人は、一読しておくことをお勧めします。

キャラクターデザインの独学の問題点とは?

キャラクターデザインを独学で学ぶデメリットを事前に把握しておきましょう。

キャラクターデザインは独学で学ぶことも可能です。

キャラクターデザインの参考書が市販の本屋さんで沢山売っているので、まずは1冊購入して読んでみましょう。

もしくは、YouTubeなど無料でキャラクターデザインのコツを公開している動画を参考にして描いてみるのも良いですね。

これまで心のままに好きな絵を描いて満足をしていた人にとっては、新しい発見があるはずです。

キャラクターデザインには、「設定」「ラフ画」「ディテール」「一枚絵」など、描き方のステップがあります。

そして、本や動画で学んだコツをヒントに、実際にキャラクターデザインの練習をしてみましょう。

これまで設定を考えながら絵を描いたことがない人にとっては、意外に時間がかかってしまうかもしれません。

しかし、実際に何枚も練習をしてみることで、画力のアップにつながりますし、キャラクターデザインの作成のコツが掴めてきます。

ある程度独学でキャラクターデザインのコツが掴めてきたら、次はコンテストなどに挑戦してみましょう。

独学はお金がかからないでキャラクターデザインを学べるというメリットがあります。

しかし、「自分の欠点を見つけにくい」「独りよがりになりやすい」というデメリットもあります。

そのため、自分のキャラクターデザインを、「第三者に評価してもらう」ということが非常に重要になってくるのです。

独学の場合は講師がいないので、コンテストなどに応募をして自分の実力や立ち位置を知る必要があります。

いくら自分では100点満点のデキだと思っても、周りに評価がされなければ「仕事」にするのは難しくなってしまいます。

そして、何度応募してもコンテストなどで全く入選することがない場合、それは独学の限界である可能性があるかもしれません。

キャラクターデザインで行き詰まりを感じてしまった人は、独学を止めてプロにレッスンを受ける方法も検討してみましょう。

プロに習うことによって経済的な負担は増えますが、独学では学べないキャラクターデザインのコツや指導を丁寧に受けることが出来ます。

これまで見えなかった自分のイラストの改善点を知ることが出来るでしょう。

プロのキャラクターデザインを学ぶなら専門学校!

キャラクターデザインを学ぶのになぜ専門学校が良いのか理由を解説します。

キャラクターデザインのコツを学び、プロを本格的に目指したいのであれば、やはり「専門学校」への進学がお勧めです。

独学ではわからないキャラクターデザインのコツを教えてもらえるので、初心者でもしっかり一から学ぶことができるのが魅力です。

専門学校では、これまでは趣味の範囲であったイラストを、お金を稼げるプロの画力へと磨き上げます。

丁寧に講師から指導を受けられるので、自分のイラストの「良い点」や「悪い点」を把握することができるでしょう。

自分の良い点は更に伸ばし、悪い点は課題として取り組むことで、効率的にスキルアップを目指せます。

また、キャラクターデザインの専門学校では、一体どのようなレッスンを受けられるのでしょうか?

一般的にキャラクターデザインのコツを教えている専門学校では、「アナログ」と「デジタル」の2種類をメインに画力を鍛え上げます。

アナログイラストは紙を用いて基本的な色彩感覚やパースのコツなどを学び、キャラクターデザイナーになるのに必要な土台を固めます。

そして、デジタルイラストはパソコンの特殊な画材ツールの使い方や色付けのコツなどを身につけることができます。

更にレッスンが進むとオリジナルのキャラクターデザインが制作できるようになり、最終的には就職活動の時に使用する作品制作も行います。

キャラクターデザインでプロを目指すならば、ゲーム会社やアニメ会社などに就職する必要ですよね。

そんな時、就職の足掛かりとなる作品制作でもプロにコツを指導してもらえるのが専門学校の最大の強みです。

そして、まだまだ数は少ないですが、美術系の大学にもキャラクターデザインを学べる学科があります。

大卒の学歴を取得しつつ、キャラクターデザインを学びたいという人には、専門学校よりも美術系の大学に進学するのも一つの手段です。

まだはっきりとキャラクターデザインでプロを目指す覚悟がない人には、大学で学んだ方が夢が変わった時にも就職などに対応しやすいでしょう。

専門学校でキャラクターデザインを学ぶと費用はいくらかかる?

キャラクターデザインの専門学校に通うのに必要になる費用についてみてみましょう。

プロのコツを学べる専門学校に入学してキャラクターデザインを学ぶ場合、一般的な費用の相場として1年間で120万円~150万円程度かかります。

キャラクターデザインの専門学校には「2年制」と「3年制」があり、2年制であれば300万円程度、3年制であれば450万円程度が必要となるでしょう。

1年間にかかる費用を単純に比較すると、四年生の文系大学よりも、キャラクターデザインの専門学校の方が高い場合もあります。

キャラクターデザインの専門学校が高い理油は、画材や特殊なデジタルツールが必要になる為、「設備費用」や「実習費」がかさむからです。

しかし、キャラクターデザインの専門学校の方が大学に進学するよりも安いと考えている保護者も意外に多いものです。

そのため、キャラクターデザインの専門学校へ進学を希望するなら、費用の相談を事前に保護者にしておきましょう。

保護者の協力がなければ、いざという時に経済的な理由で進学出来ない可能性も出てきます。

キャラクターデザインの専門学校へ進学するのに経済的に苦しい場合は、「奨学金」も検討する必要があるでしょう。

万が一、保護者からの援助や奨学金も難しい場合、数年就職して学費を貯めてから自分のお金で専門学校へ入るという方法もあります。

そして、キャラクターデザインの専門学校への進学でもう一つ気をつけないといけないのが「生活費」の問題です。

キャラクターデザインの専門学校は、東京や大阪などの都心部に集中しており、地方には学校がない場合もあります。

その場合は学費に加えて、一人暮らしの費用も必要になるため、余計に経済的な負担が大きくなるでしょう。

地方に住む人よりも、都会に住む人の方が、キャラクターデザインを学ぶ環境は有利です。

こうした経済的な負担を子供の力だけで解決するのは難しいため、キャラクターデザインの専門学校への進学には保護者の協力が不可欠です。

子供の頃から画力を鍛える方法は?

子供の頃から画力を鍛える習い事についてご紹介します。

キャラクターデザインのコツを学ぶには、最終的にプロが集まる専門学校や美術系の大学に進学することがおすすめです。

しかし、キャラクターデザインのコツを本格的に学ぶ前に、子供の頃から基礎となる「画力」を高めることも重要です。

キャラクターデザインの専門学校や美術系の大学に進学する人は、一般的に高い画力の持ち主が多いです。

当然、専門学校や大学の入試では選考試験がありますので、入学希望者多数の場合は、画力が高い人が選ばれやすくなるでしょう。

キャラクターデザイナーになるためには、やはり高い画力は入学試験や就職活動の時に大きな武器になります。

しかし、画力は1日や2日で劇的に改善されるものではありません。

やはり出来るならば、小さい頃からしっかり画力を磨いておくことが望ましいです。

画力はセンスや独学だけでカバーできてしまう人もいますが、一からしっかり「絵画」や「イラスト教室」で学んだ方が良いでしょう。

なぜなら、絵画やイラスト教室は画力のアップだけではなく、周囲から大きな刺激を受けられるメリットがあるからです。

絵画やイラスト教室の人たちと交流したり、比較をすることによって、独学では得られない「視野の広さ」を身につけることが出来るでしょう。

キャラクターデザインのように、「商業的なイラスト」は、自己満足の絵では評価されません。

周りの人を納得させる絵が描けるかどうかが重要なポイントになります。

小さい頃から、第三者からの評価や意見を意識して描く習慣がついている方が、商業的なイラストに挑戦した時もスムーズに対応できるでしょう。

一方、自分好みのイラストだけしか描いてこなかった人は、商業イラストで「他人が望むイラスト」を描けずに苦戦する可能性があります。

自分好みのイラストしか描けない人は「趣味」で終わってしまいます。

他人が望むようなイラストを描けるようになることが、本当の意味での「プロ」なのです。

絵画やイラスト教室の人から色々な意見を「聞く」ことが、将来的にはキャラクターデザインの仕事で役立つ可能性があります。

イラスト教室について知りたい方へ。おすすめの記事はこちら。

キャラクターデザインのコツを学ぶ方法・まとめ

今回はキャラクターデザインのコツの学び方についてご紹介しました。

キャラクターデザインやイラストレーターは、好きなことで生きていくことができる仕事の一つと言えます。

いくつにもなっても始めるのは遅くありませんが、できるだけ早い方が有利です。

絵を書くことが好きな人は、ぜひ本格的に勉強を始めて、将来的にプロを目指してみるのも良いでしょう。

ララボで子どもの好きなことを教えてくれる家庭教師を探してみよう!

ララボとは、学校の勉強以外のことに興味がある子どもと、得意なこと・好きなことを教えたい大人をつなぐ家庭教師マーケットです。

子どもの「やってみたい・知りたい」という意欲に合わせて、ネット上で自由に授業を選択することができます。

ララボはサイト上で授業内容と先生の顔を見ることができるので、安心してお使いいただけるはずです。また、1回ずつの使用で子どもの反応を確かめることができますし、初回無料の体験授業もあります。家庭教師ですので、送迎などの面倒もありません。

ララボには、子どもたちを夢中にさせる授業がきっとあります。ぜひララボを使って、子どもたちの興味を、将来に役立つ学びに変えてください。

ララボで習い事を探す
この記事を書いた人

ララボ編集部

ララボ編集部では、子どもたちの習い事に関する情報を執筆しています。「子どもたちの将来の選択肢が広がる」ことをミッションに活動しております。

関連記事

  1. 絵画・漫画

    絵を描くだけじゃない?!お絵かき教室に通うメリットと豆知識

    「お絵かき教室」というと、絵が好きな子が通う教室、絵を描いて楽しむ習…

  2. 絵画・漫画

    小学校のお受験に絵画のスキルが必要?絵画教室の気になる費用相場は?

    近年では小学校のお受験にも絵画のスキルが必要ということで、絵画教室に…

  3. 絵画・漫画

    子供の頃に造形教室に通うメリットは?算数嫌いにならなくなるのはなぜ?

    遊びながら創造性・美的センス・デッサン力などを身につけられる「造形教…

  4. 絵画・漫画

    【東京】小学生におすすめのイラスト教室5選|流行の漫画教室も紹介

    「小学生でもイラスト教室に通える?」「おすすめの教室について…

  5. 絵画・漫画

    短期で通ってみない?夏休みの絵画教室がコスパ最高の理由!

    短期でノウハウをゲットできる夏休みの絵画教室の魅力についてご紹介しま…

  6. 絵画・漫画

    キャラクターデザインでプロを目指すなら?必要なスキルや進路を解説

    キャラクターデザインでプロを目指したい人に、必要となるスキルや進路の…

  1. 英語・英会話

    自宅学習でも英語脳は身につく!小学生英語のススメ
  2. プログラミング

    【プログラミング】スクラッチでゲームをつくる簡単な2ステップ
  3. プログラミング

    【厳選】小学生におすすめ!ゼロから始めるプログラミング教材
  4. 書道・習字

    書道教室が子供の教育に良い3つの理由と損しない教室の選び方
  5. 勉強・学習塾

    将来性のある仕事につながる資格と、中高生にこれから求められる仕事のスキルとは?
PAGE TOP